ぴかまま☆つれづれ日記

2008年11月23日

注目番組の視聴率(大河ドラマ「篤姫」・「風のガーデン」

堀北真希 気にしているアゴのラインをバッチリ披露の評判
「独眼竜」渡辺謙の娘・杏、政宗の妻役で大河デビュー

注目番組の視聴率 2008年11月21日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ
-
●テレビ中継も伸び悩んだ浅田真央

《12.6%》

 週末のスポーツの話題といえば、浅田真央が今季、初参戦した「フィギュアスケート・グランプリシリーズ 世界一決定戦2008第4戦フランス大会」。放送したのはテレビ朝日。

 15日のショートプログラムは失敗続きで、結果は2位。視聴率は15.5%だった。

 続く16日はフリーの演技で、逆転Vという期待もあったが、またしても不調で、2位でフィニッシュした。これで視聴率まで伸び悩んでしまい、12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と期待を裏切ってしまった。

 裏では大河ドラマ「篤姫」が放送され、こちらは24.3%。30%をうかがうほどの勢いはないものの、視聴者がややかぶっていて、真央が食われたということか。

●“御大”倉本聰は面目躍如

《13.5%》

 脚本家の倉本聰がスタート前に痛烈なテレビ批判をして、注目を集めた連続ドラマ「風のガーデン」(フジテレビ)

 すでに6回が終了。初回が20.1%と今クールで2番目の高視聴率を叩き出し、その後、ダウンして6回目は13.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だが、平均16%をキープ。内容的にもしみじみとした中にウイットを利かせた会話が出色で、“御大”の面目躍如だろう。

 ドラマは12月中旬まで続き、これからが佳境となる。すい臓がんの中井貴一と10月に亡くなった父親役の緒形拳の父子の恩讐、それと中井と2人の子供の関係など、今後の展開が気になる。

 倉本が「連ドラはこれが最後」と言い切ったこのドラマは15%クリアが目標だろう。今のところ大丈夫そうだ。

(日刊ゲンダイ2008年11月18日掲載)

<テレビ視聴率>日本シリーズ最終戦は28.2% 「篤姫」に雪辱

小塚がSPで2位発進/フィギュア、女王、浅田真央はSP2位

★★★

NHK大河ドラマ篤姫第47回「大奥の使者」

NHK大河ドラマ「篤姫」話題



posted by ぴかまま at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ視聴率

宮崎あおい「篤姫のように生きたい」

堀北真希 気にしているアゴのラインをバッチリ披露の評判
「独眼竜」渡辺謙の娘・杏、政宗の妻役で大河デビュー

11/17、NHKトップランナーに宮崎あおいさんが出演

宮崎あおい「篤姫のように生きたい」

女優・宮崎あおい(22)が20日、東京・渋谷のNHKホールで行われた主演ドラマ「篤姫」のファンミーティングに松坂慶子(56)と出席した。

 空前の人気によって大河史上初めて開催された視聴者の集い。3000人に迎えられた宮崎は「篤姫のことを思い出すと泣いちゃいます。一生失いたくない感動です。彼女のように、覚悟を持って強く生きていきたい」と作品への愛情を語った。先輩女優について「マシュマロみたいな方。現場が柔らかくなる」と口にすると、松坂は「(弾力を失い)豆腐だと思っております」と照れていた。
(2008年11月21日06時00分 スポーツ報知)


NHK大河ドラマ篤姫第47回「大奥の使者」

NHK大河ドラマ「篤姫」話題

posted by ぴかまま at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『篤姫』

安直すぎる!沢村一樹の「紅白応援隊」選出

安直すぎる!沢村一樹の「紅白応援隊」選出
2008年11月10日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●視聴者への浸透度はイマイチ

 いくらなんでも安易すぎるんじゃないか。

 沢村一樹(41)が今年の「NHK紅白歌合戦」の応援隊に選ばれた。

 沢村はNHKのバラエティー「サラリーマンNEO」で、名物キャラの“セクスィー部長”こと色香恋次郎を演じて人気を博している。ギャル世代をターゲットにしたNHKの情報番組「東京カワイイ★TV」にも、オジサン代表として出演中。こうした“貢献度”がNHKに好印象を与えたようで、沢村も「僕というよりは色香恋次郎さんが選ばれたみたい」と語った。

 沢村はNHK以外でも幅広く活躍している。2時間ドラマ「浅見光彦シリーズ」の主役を務め、現在はドラマ「SCANDAL」(TBS)に出演している。ここ数年はイケメン俳優なのに下ネタ全開の“エロ男爵”というキャラもウケていて、モテ男であることは疑う余地がない。

 だが、紅白の売り物のひとつとしては物足りない。たしかに沢村の知名度はアップしているが、紅白のメーン視聴者層であるお年寄りや子供たちには、まだまだ浸透していない。

 また、沢村とともに応援隊に抜擢された関根麻里は、去年の紅白でも父の関根勤と一緒に隊長を務めているからインパクトは小さいし、沢村では一体感ゼロ。去年の親子共演の方がむしろ分かりやすかった。

 それに、紅白ではエロトーク全開というわけにもいかないし、沢村もやりづらいのではないか。

 沢村の応援で視聴率アップを期待するのはちょっと無理?

(日刊ゲンダイ2008年11月7日掲載)

紅白歌合戦★中居&仲間が紅白司会
posted by ぴかまま at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。