ぴかまま☆つれづれ日記

2009年07月22日

多部未華子 清原を手当て

多部未華子 清原を手当て
2009年7月21日(火)10時0分配信 ココログニュース

今年、20歳になった多部未華子がアルコールCMに登場。サッポロビール「ドラフトワン」新CMで、元プロ野球選手・清原和博と共演している。

オンエア中の「美女と猫」篇は、猫に引っ掻かれた清原を縁側で手当するストーリー。難しい顔で座る清原に「手を出さなかったんだね」とやさしく語りかけている。CM発表会には清楚な白いワンピース姿で登場し、清原の印象を「心も体も大きい方」とコメントした。同CMの別バージョン「どん底」篇に出演しているオードリーの2人を交え、全員で「トゥース」のポーズを決める場面も。

現在、NHK朝ドラ『つばさ』で家族思いの明るいヒロインを好演中だ。17日放送分の撮影では、氾濫した川でおぼれるシーンを口じゅう泥水だらけにしながら体当たりで挑戦。「つらいロケと思ったが、終わってみれば楽しかった」と笑顔を見せた。今月初めには、彼女が“2番目に好きなお笑い芸人”という麒麟・川島と『つばさ』で共演。以前から好きな芸人1位はチュートリアル徳井と公言していた多部は、川島の演技を褒めつつ“川島さんは2番”ときっぱり伝え、ブレない態度を示したとか。

来年2月は、野田秀樹の作品『農業少女』で初舞台を踏む。素直で飾らない雰囲気の彼女が、女優を“化けさせる”ことで定評のある野田によってどう変わるか楽しみだ。

(えす)

多部未華子が野田秀樹作品で初舞台


タグ:多部未華子
posted by ぴかまま at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

吉瀬美智子(女優)

吉瀬美智子(女優)
2009年6月30日(火)10時0分配信 日刊ゲンダイ

“遅咲き美人女優”として、ドラマ、映画、CM、雑誌に引っ張りダコの吉瀬美智子(34)がますます注目を浴びている。

 昨年7月、吉瀬は建築デザイン会社を経営する社長との4年に及ぶ親密交際を報じられた。近所では夫婦と思われているほどの仲とか。だが、本人と所属事務所は肯定も否定もしないままの状態が続いているため、周囲はますます関心を示している。

 そんな吉瀬が23日にCMキャラクターを務める清涼飲料水「ダノンボディイズム カルシウムワークス」の新CM発表会に登場。仕事は女優業がほとんどで、報道陣の前に姿を見せることが少ないこともあり、真相を確かめようと多数の報道陣が集まった。

 しかし、囲み会見はなし。発表会終了後に報道陣から「彼氏との交際は順調ですか?」と聞かれると、吉瀬は笑顔を浮かべて立ち去っていった。またしても、曖昧なまま……。

 報道陣は「交際を認めてもまったく問題ないのに……」と不完全燃焼だったが、申し訳なさそうにペコペコと頭を下げながら退出する吉瀬の姿には、「彼女はこの手の会見に出てくる機会が少ないし、慣れていないからどう対応していいか分からないのかも」と同情する声も上がっていた。

 普段から天然の“ミステリアス”ぶりを発揮している吉瀬。これでさらにイメージアップか。

日刊ゲンダイ2009年6月27日掲載)

posted by ぴかまま at 04:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年07月21日

猿ロック:ヤングマガジンのマンガ 市原隼人主演でドラマ化

猿ロック:ヤングマガジンのマンガ 市原隼人主演でドラマ化

テレビドラマ猿ロック」で主演を務めることが決まった市原隼人さん 

週刊ヤングマガジン講談社)で連載中の「猿ロック」(芹沢直樹さん原作)が、俳優の市原隼人さん(22)主演でテレビドラマ化されることが分かった。7月23日スタートで、毎週木曜日午後11時58分に放送される。

 市原さんが演じる主人公は、情と美女にはめっぽう弱いが、どんな鍵でも開ける天才的な能力を持つ鍵屋の「サル」こと猿丸耶太郎。さまざまな事件に巻き込まれながら、人の心の「鍵」も開けていく……というストーリー。

ヒロインのリツコ役は女優の芦名星さん(25)、サルの悪友・山本役は渡部豪太さん(23)、警察官の山田役は高岡蒼甫さん(27)がそれぞれ演じる。

 市原さんは「初めてこんなにセリフが多い台本をもらったので、自分のものにして楽しんでいきたい。パワー全開の作品にしたい」と話している。【河村成浩】

2009年6月3日

市原隼人が大ヒットコミック「猿ロック」ドラマ化で主演!「楽しんでぶっ飛んで演じていきたい!」«前のニュース次のニュース»
2009年6月3日 7時43分

自分のものにして楽しんでいきたい。市原隼人

[シネマトゥデイ映画ニュース] 俳優の市原隼人が、大ヒットコミック「猿ロック」の実写テレビドラマで、主演を務めることがわかった。

 原作は、週刊ヤングマガジンで掲載中の芹沢直樹による「猿ロック」。2004年の連載以来、人気を集め、ついに実写ドラマ化となった。今回市原が演じるのは、浅草の寂れた鍵屋「猿丸ロックサービス」のアイドル好き童貞高校生サルこと、猿丸耶太郎。鍵を開けることに関しては天才的で、そのまっすぐな性格から、閉ざされた人の心まで開けてしまうという人情味あふれるキャラクターだ。

 今回の起用について市原は「今までで初めてこんなにセリフが多い台本をもらったので、自分のものにして楽しんでいきたいと思っています。これから撮影ですが、『あ、今おれこうやって演じていたんだ』ってくらい集中して、その時間を楽しんでぶっ飛んで演じていきたいと思っています!」と力強くコメント。

 第1話と第2話では、耶太郎が幼なじみのリツコに頼まれ、売春あっせんの疑いがあるデートクラブに侵入し、友人エリの恥ずかしい写真とビデオを取り戻すというミッションが描かれていく。峰不二子的存在のリツコを演じるのは、芦名星。そのリツコにあこがれる警察官を高岡蒼甫、アイドルファン仲間であり、耶太郎の相棒となる山本を渡部豪太が演じる。市原は「出演者同士のチームワークもこれからがっちり固めて楽しみながら演じていきたい」と気合十分だ。

 なお本作は、市原主演で映画化される予定。市原が出演していた人気テレビドラマシリーズの劇場版、映画『ROOKIES -卒業-』は公開2日間で興行収入12億円超えの記録を達成したばかり。本シリーズもその流れを受け継ぐことができるか? 市原版「猿ロック」に期待したい。

テレビドラマ「猿ロック」は7月23日より読売テレビ、日本テレビ系にて夜11時58分から放送開始

☆☆☆

脇の甘さで「24時間テレビ」出番なしのウワサも浮上の夏目三久
posted by ぴかまま at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2009年07月20日

NHK大河『龍馬伝』で佐藤健が殺し屋・岡田以蔵役

NHK大河『龍馬伝』で佐藤健が殺し屋・岡田以蔵役
2009年7月15日(水)22時6分配信 アメーバニュース

 2010年のNHK大河ドラマ坂本龍馬の生涯を描く『龍馬伝』(主演・福山雅治)だが、俳優・佐藤健(20)が殺し屋・岡田以蔵の役を演じることを自身のブログで報告した。

 岡田以蔵とは土佐藩出身の郷士で、「人斬り以蔵」の異名をとって幕末の世を震え上がらせた人物。越後の志士・本間精一郎暗殺等の重大事件にかかわったとされている。司馬遼太郎の短編小説『人斬り以蔵』が有名だ。同作では、毒を盛っても死なない怪人物として描かれている。

 そんな岡田の役を演じることについて、佐藤は「とてもやりがいのある役をいただいたと思っています。そして同時に大きな試練だとも思っています」と期待と不安の入り混じった感想を述べた。

 また、同日、福山演じる龍馬の妻役の「お龍」は女優の真木よう子(26)が演じることも発表された。

☆☆☆

大河「龍馬伝」“モテ男”福山にヒロイン4人
産休明け真木よう子が大河で龍馬の妻

広末涼子 大河ドラマで“福山龍馬”の初恋相手

☆☆☆

脇の甘さで「24時間テレビ」出番なしのウワサも浮上の夏目三久
日食の島・トカラ “自粛破り”の上陸者続出、捜索騒ぎも
posted by ぴかまま at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年07月19日

“ドラマのTBS”復活を予感させる作品と評判&佐藤浩市 ドラマ好調!

“ドラマのTBS”復活を予感させる作品と評判
2009年7月11日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 TBSにとっては久々のヒットと言っていいのではないか。5日にスタートした夏ドラマ「官僚たちの夏」が“ドラマのTBS”らしい作品として評判である。

 このドラマは城山三郎原作で、96年にNHKでドラマ化されて話題になった注目作。高度成長期の通産省を舞台に“ミスター通産省”といわれた実在した人物をモデルに政策、人事を巡る闘いを描いた作品だ。

 主演は佐藤浩市。共演は堺雅人高橋克実佐野史郎といった中堅どころの人気者や個性派、通産省初の女性キャリア役の吹石一恵ら。初回は佐藤がゼロから自動車産業を興そうとして葛藤(かっとう)する姿や、官房秘書課長に昇進して人事の難しさに直面する姿を駆け足で描いた。

「佐藤をはじめとする役者の演技がよかったし、戦後の日本のベースができた時代を一面的ながらも描けていたと思う。TBSがやっと大人が楽しめるドラマを作ってくれたことは評価したい。若者に媚(こ)びるドラマはもうやめた方がいい。TBSのスタートはここからです」(東京工科大メディア学部の碓井広義教授)

 願わくば、今後はキレイ事ではない官僚たちの出世欲、足の引っ張り合いをもっと生々しく描いてもらいたいが。ちなみに視聴率は14.5%で合格点。次回は都議選の開票速報があるからダウンの可能性もあるが、気にせず頑張ってほしい。

(日刊ゲンダイ2009年7月8日掲載)

佐藤浩市 ドラマ好調!
2009年7月12日(日)10時0分配信 ココログニュース

TBS系の社会派ドラマ『官僚たちの夏』が、初回視聴率14.5パーセントと好調なスタートを切った。昭和30年代の旧通産省を舞台に、日本の産業発展に全力を尽くした男たちを描いた作品だ。

原作は城山三郎の小説。“ミスター通産省”と呼ばれた官僚・風越信吾を中心に、官僚同士の対立や政治家との攻防などを毎回1話完結で描く。風越を演じる佐藤浩市は制作発表会見で、「昨今にない力強いドラマを作っていると現場で実感する」とコメントし、気合十分。どのシーンでも演じていると熱くなってくるそうだ。共演は北大路欣也、堺雅人、高橋克典ら実力派が顔をそろえる。地方ロケやセットなどで、昭和の街並みを忠実に再現しているのも見どころ。

ドラマ、映画と多数の作品に出演する佐藤、CMでも存在感が光る。キリンCMでは、「淡麗群 どっちも本格」篇で豪快な飲みっぷりを見せ、「さぁ始めよう」篇ではサーフボードを手に嬉々としてパドリングの練習に励む表情がほほえましい。JRAのCLUB KEIBAシリーズ最新CM「佐藤語る」篇には、だぼっとしたラフな服装で登場。「負けキャラは卒業です」と競馬への決意を語り、ひょうひょうとした味を出している。

9月公開の映画『カムイ外伝』では、妖気を漂わせた藩主・水谷軍兵衛を演じる。ポスターで見せる眼光鋭い表情には、権力者の尊大さがにじむ。主演の松山ケンイチと、どのような絡みになるのか気になるところだ。

(ウィル)

posted by ぴかまま at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2009年07月18日

長瀬智也さん(華麗なるスパイ)しがらみ 好きじゃない

長瀬智也さん(華麗なるスパイ)しがらみ 好きじゃない

 約2年ぶりのドラマ出演作はスパイもので、かつコメディーでもあるという見慣れないジャンル。「見えないことがたくさんあるけど、それが重なって、いい化学反応を起こしてくれたら」と話す。

 演技に悩んでいるのかと思いきや、役作りはあまりしないという。ひらめきや思いつき、あくまでも感覚的なものを大事にしたいと強調する。「カメラの前で感じたことをやったら、おのずと新しいものが生まれていると思う」

 昨年11月に30歳になったが、心境の変化は特になかった。「しがらみみたいなものが好きじゃないから、あまり何も考えずにいけたらいい」。その純粋な気持ちは、仕事に対しても同じだ。「自分に正直に、いいものはいい、嫌なものは嫌と言っていきたい。ドラマはこういうものという思いは持ちたくない」

 毎回、この作品が最後かもしれないと思いながら演じているという。将来の目標も特に設けない。白いTシャツとジーンズが最高に似合っていた理由は、その容姿だけでなく、気負わない真っすぐさや純粋さにもある気がした。

 文・小林佑基

 写真・中司雅信

Q オフで行きたい場所はどこですか?(茨城県、みみ)

A その時に行きたいと思った場所です。今は(ドラマを収録している)スタジオが実家に近いので、実家に帰りたい(笑)。

Q 今一番したいことは?(神奈川県、さちこたん)

A 故障したバイクを直したい。後はパーツを買ったりとか。

Q 健康管理で気にかけていることは?(神奈川県、美香)

A うーん、寝ることですかね。

Q 小学校の時に好きだった科目は?(神奈川県、KAZUO)

A 図工です。

華麗なるスパイ(18日から日本テレビ系土曜後9.00)
 服役中の詐欺師、鎧井京介(長瀬智也)は政府のスパイになることを条件に自由の身となる。テロを阻止したりして感謝されるうちに、人間らしさをだんだんと取り戻していく。

(2009年7月13日 読売新聞)

長瀬智也&相武紗季 ゴールイン間近!?
長瀬智也&相武紗季、やっぱり真剣交際! 堂々深夜デート

長瀬、あゆとの破局に「スッキリしました」

長瀬智也(ながせ・ともや) 本名同じ。昭和53年11月7日、横浜市生まれ。ジャニーズ事務所に入り、平成3年に少年隊のミュージカル・PLAYZONE「SHOCK」に出演。6年にロックバンド、TOKIOのボーカルとして本格デビューを果たす。同年、紅白歌合戦に初出場。俳優としても、フジ系「白線流し」、TBS系「池袋ウエストゲートパーク」、映画「ソウル」「真夜中の弥次さん喜多さん」などで主演。
ながせ・ともや
 1978年11月7日生まれ。神奈川県出身。アイドルグループ、TOKIOの一員として活躍するほか、映画「ソウル」やドラマ「タイガー&ドラゴン」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」などで主演した。

長瀬智也 - Wikipedia

★★★

留学中のエリカ様“日食観測”で一時帰国
女優復帰の松嶋菜々子 現場での評判上々
posted by ぴかまま at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年07月01日

瀬戸朝香さん(となりの芝生)長いセリフ 慣れました

瀬戸朝香さん(となりの芝生)長いセリフ 慣れました

 核家族化が進む1970年代後半、同居を始めた嫁・姑の確執を描き、話題を呼んだ橋田寿賀子脚本の“辛口ホームドラマ”が33年ぶりによみがえる。当時、山本陽子が演じた嫁の知子役に挑む。

 「オリジナルの台本の準備稿をすべて読んだけど、状況が今に通じてすごく面白かった。テンポも良く、サクサク読めました」

 とはいえ、長尺のセリフで有名な橋田脚本は初体験。故に撮影初日の3週間ほど前から台本と格闘した。「ダンナのセリフが『……』ばかりで、結局全部私のセリフだったり……。最初はびっくりしたけど、だんだん脳が慣れました」と笑う。

 姑の志乃役は、橋田ドラマの常連・泉ピン子。「志乃は言い方が直接的なだけで中身は正論。ピン子さんは、役では『怖っ』て表情でドキッとするけど、普段は大変な気遣いの人です」

 役柄と同年代の32歳。「知子はやりくり上手。泣き言は言うけど、決して逃げない強い女性」ときっぱり。

 まっすぐに相手を見つめる瞳に、闘う“決意”を感じた。

 文・井上晋治

 写真・佐々木紀明

Q 得意な料理は

A 実家で卵を絡めて鉄板で作るスパゲティナポリタンなど、お袋の味です。

Q ドライブの思い出は

A 湘南や千葉の木更津とか、夕焼けが奇麗な海沿いの場所が好き。目的を決めず、ふらっと行くタイプですね。

Q 洋服のプロデュースをしているとか

A 昔からファッションが好きで、2年前に親友と会社を作りました。季節のテーマを決めたり、アイデアを出したりしています。

Q 長期休暇があれば何をしたいですか

A 21歳ころに仕事で行った米西海岸のラグナビーチでゆっくり過ごしたい。その時に見た夕焼けが今も忘れられない。

となりの芝生(7月1日からTBS系水曜後9.00)

 1976年にNHKで放送された橋田寿賀子脚本のドラマの初リメーク。主婦の高平知子(瀬戸)は、夫と念願の一戸建てに住むが、突然やって来た姑・志乃(泉ピン子)の“いびり”に苦悩する。

プロフィール
せとあさか
 1976年12月12日、愛知県生まれ。1992年デビュー。NHK大河「利家とまつ」や「花の誇り」、フジテレビ「離婚弁護士2」「大奥第一章」などのドラマのほか、映画やCMで活躍。

(2009年6月29日 読売新聞)

瀬戸朝香が「美脚大賞」でミニ姿披露
井ノ原、2人揃って婚姻届 ステージ上から「今日、入籍しました」
井ノ原快彦と瀬戸朝香が結婚

瀬戸朝香 オフィシャルブログ Powered by Ameba

2. 瀬戸朝香 - Wikipedia
3. 瀬戸朝香:タレントデータベース
4. collection-瀬戸朝香
5. 瀬戸朝香

★★★

玉木宏、初の悪役で“爽やか好青年”のイメージを粉砕!
新イケメンライダーはジャニーズ系美男子でW主演!
玉木宏 吉高由里子との“真剣愛”認めた!
映画「MW−ムウ−」のPRに、「NON STYLE」が一役

イケメン料理人直伝!ウマさ倍増の“弁当術”とは?
いまどきの新入社員は「デート」より「残業」 不況が影響?
爆安すぎてチト心配…290円ラーメンが成立するワケ(R25編集部)


posted by ぴかまま at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。