ぴかまま☆つれづれ日記

2009年08月13日

市原隼人さん(猿ロック)もっともっと表現したい

酒井容疑者、吸引法は「夫から教わった」

市原隼人さん(猿ロック)もっともっと表現したい

 この日、実に19社目の取材。だが疲れを見せず、跳んだり跳ねたりして写真撮影に応じる。疲れないのだろうか。「全然。もっともっと表現したい」

 実際、跳びはねるような歩き方やテンションの高さは、主人公の鍵屋・通称サルが乗り移っているかのよう。ほかの仕事に影響が出そうな銀髪に染めることを自ら提案したのも、作品に対する思いの強さからだろう。「髪も言葉も音も、周りのものはすべて芝居のアイテムに見える」

 撮影現場は、照明、音声、監督らの「ビジョンのスクランブル交差点」で、「風が流れている」と表現する。「その中でどう動くか、集中して頭を回転させている時間がすごく楽しい。中毒になりそうなぐらい」。瞳を輝かせた。

 物理的な“鍵”と同時に、“心の鍵”を開けるのも作品のテーマ。自らも、周りがすべて敵に見え、何のために生きるのか不安になって焦る時期もあった。そんな時に心を開かせてくれたのは、やはり、芝居。演技の楽しさを再確認できたのが大きかったという。「演技は自分の居場所。役者を一生続ける」

文・小林佑基

写真・金沢修

Q 休みがあったら何がしたい?(京都府・力也)

A 寝ます。

Q 学生時代のあだ名は

A はやととか、いっちなどです。

Q 今の仕事をしていなかったら、何をしていましたか

A 音楽でももの作りでも美容師でも。表現者です。

Q 好きな女性のタイプは

A ないです。好きになった人が好きです。場面場面の風を感じられる人がいいです。

Q これまでに鍵をなくした経験は

A しょっちゅうです。

Q ストレス解消法はありますか

A 芝居です。

猿ロック日本テレビ系 木曜後11.58)

 鍵を開けることにかけては天才的な下町の鍵屋、サルこと猿丸耶太郎(市原隼人)は、女性と人情にはからきし弱い。そんなサルが、幼なじみのリツコ(芦名星)らと、様々な事件を解決していく。

プロフィール いちはら・はやと
 1987年2月6日、神奈川県出身。映画「リリイ・シュシュのすべて」で主演デビューし、ドラマ「ウォーターボーイズ2」など、数々の作品で主演。ドラマ「ROOKIES」でも話題を呼んだ。

(2009年8月10日 読売新聞)

『救命病棟24時』初回視聴率は20.3% 今期連ドラ初の“20%超え”果たす
人気子役・加藤清史郎、兼続の長男・竹松役で『天地人』再出演
<リアル・クローズ>連続ドラマ化決定 百貨店で働く女性描く人気マンガ


posted by ぴかまま at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

滝沢秀明さん(オルトロスの犬)悪役 気持ちイイですよ

酒井容疑者、吸引法は「夫から教わった」

滝沢秀明さん(オルトロスの犬)悪役 気持ちイイですよ

 カメラマンの細かい要望に応じようと、懸命にポーズを探る。そんなまじめな美青年が、初めて悪役に挑んだ。

 「最初はいろいろ考えたけれど、セリフもさらっと自然に言うようにしています。普段言えないセリフがあったり、相手がどんな大御所でも対等に口をきけたり、やっている分には気持ちイイですよ」と、いたずらっぽく笑う。

 複数の脚本家がアイデアを出し合うため、台本は1話ずつ渡される。演じる竜崎の役柄には未知の部分も多い。非情な性格とは裏腹に、触れるだけで相手の傷や病気を治す“神の手”を持つという複雑な設定だ。

 「『あんたは俺に何をしてくれる?』というセリフをはき、利用されるのを嫌う。寂しく孤独で愛情に飢えた男。ただ、金も権力も求めない彼の目的は僕もまだわからない」

 連続ドラマは、2005年のNHK大河「義経」以来。

 「大河のおかげで、おじいちゃん、おばあちゃんのファンが増えたのがうれしい」

 貴公子からダークなヒーローまで、演技の幅は着実に広がっている。

文・井上晋治

写真・中司雅信

Q やってみたい演技は?(神奈川県、KAZUO)

A いろいろな役をやりたい。悪役は、本当にやってみたかった役なんです。

Q 朝型? 夜型?

A 基本的に夜が強い方です。次の日が休みなら、朝まで起きていることもありますよ。逆に朝早い仕事はしんどいです。

Q 夏休みの思い出は

A 小学生のころ、毎日のように近所のプールに泳ぎに行きました。泳いだ後、屋台でご飯を食べたりして楽しかった。最近は海もプールも行ってないので、行きたいです。

Q これからの目標は

A 今はとにかく迷路のような今回のドラマを楽しむことです。アクションぽい映像作品も作ってみたい。

オルトロスの犬TBS系 金曜後10.00)

 傷病を治す特殊能力を持つ服役囚・竜崎(滝沢秀明)は、人命を奪う“悪魔の手”を持つ碧井(あおい)(錦戸亮)を利用して脱獄。製薬会社の御曹司を通じ、政財界に近づく。一方、碧井は竜崎の過去を探る。

プロフィール たきざわ・ひであき

 1982年3月29日、東京都出身。2002年に結成した今井翼とのユニット「タッキー&翼」やソロでの歌手活動のほか、NHK大河「義経」など多くのドラマに主演。06年からは舞台「滝沢演舞城」の座長も務める。

(2009年8月3日 読売新聞)

『救命病棟24時』初回視聴率は20.3% 今期連ドラ初の“20%超え”果たす
人気子役・加藤清史郎、兼続の長男・竹松役で『天地人』再出演
<リアル・クローズ>連続ドラマ化決定 百貨店で働く女性描く人気マンガ
posted by ぴかまま at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

福田沙紀さん(メイド刑事)極端な変身が楽しい

酒井容疑者、吸引法は「夫から教わった」

福田沙紀さん(メイド刑事)極端な変身が楽しい

 ふだんは京都府警本部長宅で働くメイドだが、事件が起これば「悪の汚れをお掃除する」刑事(デカ)となり、悪者と戦う。今回の役柄は、暴走族の総長だった過去もあり、白エプロンのメイド服から特攻服姿になったり、潜入捜査時は舞妓(まいこ)見習や女剣士となったり。

 「場面ごとに極端に変わるのを楽しんでいます」

 3月に高校を卒業したばかり。表情にはあどけなさも残る。総長を演じるシーンでは、元暴走族の女性がエキストラの中にいて、「本物を前に緊張したけど、とりあえず大声で叫んだ」。本番では、度胸満点の演技を見せる。

 小学2年からダンスや歌のレッスンを始めた。「けがをしないよう運動部には入らなかった」。女優にかけるおもいは半端ではない。

 今年に入って、ドラマの主演や映画出演が続いている。

 「いまは主演の立場で、スタッフや共演者の動きを意識的に見て、いろんなことを吸収しています。将来的には、主役の脇をしっかり固める、ぶれない俳優になりたい」

 実力派をめざす真剣なまなざし。決意がみなぎっていた。

文・笹島拓哉

写真・金沢修

Q 今ほしいものは

A 時間です。朝早くから夜遅くまでスケジュールがぎっしり詰まっているのに、集中しているからか一日がすごく短く感じます。

Q 休みの過ごし方は

A いまは全然休みがないのですが、あれば、自宅のベッドでゆっくり寝たい。買い物にも行きたいです。

Q はまっている食べ物があれば

A ずっと、牛タンです。味、歯ごたえが好きで、いつでも食べたいです。

Q 将来の夢は

A 女優としてだけでなく、人間としても、皆さんから愛される人になりたいです。女性としては、結婚や出産をしても仕事は続けていきたいです。

メイド刑事テレビ朝日系 金曜後11.15 一部地域は曜日・時間を変更)

 若槻葵(福田沙紀)は、京都府警本部長の海堂俊昭(原田龍二)に仕えるメイド。事件が起こると、海堂の命を受け、警察が踏み込めない屋敷に潜入。悪事を暴いていく。

プロフィール ふくださき

 1990年9月19日、熊本県出身。2004年、全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞。08年に映画「櫻の園」で主演。テレビはNHK「ゴーストフレンズ」、フジ「拝啓、父上様」「ライフ」などに出演。

(2009年7月27日 読売新聞)

『救命病棟24時』初回視聴率は20.3% 今期連ドラ初の“20%超え”果たす
人気子役・加藤清史郎、兼続の長男・竹松役で『天地人』再出演
posted by ぴかまま at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。