ぴかまま☆つれづれ日記

2009年12月19日

石原さとみ 中年男を熱演

石原さとみ 中年男を熱演

石原さとみが、テレビ朝日系で本日19日放送のドラマ『椿山課長の七日間』に出演。外見は美女だが中身は中年男性という難役に挑戦している。

ドラマは、浅田次郎のベストセラー小説が原作。船越英一郎扮するモテない中年男が、石原が演じる美女に期間限定で生まれ変わるストーリーだ。7日に行われた制作発表会見にセクシーなミニタイト姿で出席し、「男っぽい役はあったが、中身がおじさまなのは初めてで新鮮」と語った。船越とは事前に細かく打ち合わせをし、会話の間をコピーしようとイメージトレーニングを行うなど役作りに集中。ちなみに、生まれ変わるなら一度は男になってみたいのだとか。

来春、NHKで放送予定の古代史ドラマ『大仏開眼』では、阿倍内親王(後の孝謙天皇)役。気が強くあまのじゃくなところもある女性だが、背負っているものが大きいゆえの葛藤も表したいと意気込んでいる。奈良市の平城宮跡で行われた撮影では、色鮮やかな薄手の天平装束を身にまとい、独特の髪型に結い上げた姿を披露。実は、防寒対策でインナーに“ヒートテック”を着込んでいると告白し、共演者らの笑いを誘った。

来年1月スタートの連ドラ『左目探偵EYE』には、単発ドラマから引き続き登場。莫大な借金を抱えるほどの買い物中毒で、怪力の持ち主の保健教師役だ。役柄でも実際の撮影でも、周囲を明るくするムードメーカー的な存在だそう。

(ウィル)



posted by ぴかまま at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年12月15日

能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん(リアル・クローズ)3姉妹 演技ではライバル

能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん(リアル・クローズ)3姉妹 演技ではライバル

 「顔はみんな、ナマケモノ系な気がする」。互いを見比べて香里奈が言うと、姉2人もうなずいた。味わいが違う顔立ちだが、共通する高く通った鼻筋を見ていると、少しわかる。

 長女から三女まで5歳差だが、アン、エレ、カリと対等に呼び合う。しかし、どんなに仲が良くても、恋と演技の話は絶対しない。理由は「気持ち悪いから」。恋は別にしても、演技では末妹が先を歩く立場と微妙に関係するのかもしれない。

 モデルでは、あんなが先輩。妹2人は「笑いたくなくても笑っているはず」(香里奈)と冷ややかだったが、3年後、当時高2のえれな、中3の香里奈も同じ道を志す。

 ドラマは香里奈が最初。「語尾が名古屋弁でなまっていた」(あんな)と妹を心配していた姉たちも後を追い、今作では売り場のライバルとして火花を散らす。

 香里奈は自信、あんなは芯の強さ、えれなは控えめさと、発言が醸し出す個性もバラバラ。だが、今後の目標は、そろって「一歩ずつ成長したい」。鼻筋以外で似た所が、最後の質問でようやく見つかった。
文・辻本芳孝
写真・小浜誓

 Q 名古屋の食べ物で一番好きなのは?(神奈川県 さっちん)

 A 香里奈「みそカツ、みそ煮込みうどん、ひつまぶし、手羽先、ういろう、きしめん、天むす、あんかけスパ……。全部です」

 あんな「なかなか食べられないので、地元にいた頃より愛着がわきます」

 えれな「家でも、みそおでんとか作ります」

 Q 姉妹で住んで楽しいことは?(神奈川県 まりりん)

 A 香里奈「一緒の時は買い物や食事、カラオケなどに行きます」

 あんな「荷物は力持ちの香里奈。私が日曜大工、えれなが家事を担当します」

 Q ケンカすることは?(大阪府 マロン)

 A 香里奈「ありますが、誰かが『もう、いいわ』で終わり。引っ張りません」


リアル・クローズ(フジテレビ系 火曜後10.00)
 婦人服売り場に異動した絹恵(香里奈)がカリスマ部長の美姫(黒木瞳)と出会い、成長する姿を描く。美姫のアシスタントが瑞穂(能世あんな)とアヤ(えれな)。


プロフィール
能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん
 のせ・あんな(長女) 1979年3月9日生まれ。えれな(次女) 82年3月12日生まれ。かりな(三女) 84年2月21日生まれ。2001年、フジテレビ系「カバチタレ!」でドラマデビュー。3人とも名古屋市出身。

(2009年12月7日 読売新聞)

★★★

ポスト竹内結子 瀧本美織
posted by ぴかまま at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

薬師丸ひろ子の「再婚」はどうなっているのか

薬師丸ひろ子の「再婚」はどうなっているのか
2009年12月15日(火)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●「今度は愛妻家」で豊川悦司と共演する

 来年1月16日公開の映画今度は愛妻家」で17年ぶりに主演する薬師丸ひろ子(45)が、今月7日、ダブル主演で夫役の豊川悦司(47)ら共演者とともに完成披露会見に出席した。

 このところの薬師丸といえば、「木更津キャッツアイ」「1リットルの涙」などでのバイプレーヤーとしての活躍が目立っていた。「愛妻家」は実に17年ぶりの主演映画というから驚かされる。

 作品は、結婚10年目の夫婦を描いた大人のラブストーリーで、会見では当然ながら2人の結婚観や恋愛観に話が及んだ。バツイチで再婚の豊川は「結婚とは、記念日とか言葉とかを通じて、恋愛をつくっていく作業」と冗舌に持論を展開して幸せな生活を語った。

 ところが、バツイチで2度目はまだの薬師丸に対して報道陣は歯切れが悪く、突っ込んだ質問をしなかった。微妙な問題があるためだ。

 薬師丸は92年にシンガー・ソングライターの玉置浩二(51)と結婚し、98年に離婚。その後は玉置に問題ありで、玉置と交際していた石原真理子が暴露本を出したり、今冬には玉置が石原との再婚&離婚の紆余(うよ)曲折……。報道陣が薬師丸の結婚観について及び腰になるのも、よくわかるというものだ。

 また、薬師丸には交際相手がいるが、その情報がさっぱり。04年に1歳年上のNHKカメラマンとの同棲が報じられ、「結婚秒読み」とも囁かれていたのだが……。

「いまだに結婚についても破局についても報道がなく、どうなっているのかわからない。“大人”の関係が続いているといえば聞こえはいいのですが……」(芸能関係者)

“今度は愛妻家”とうまくいっていればいいけれど。

日刊ゲンダイ2009年12月12日掲載)

1. 薬師丸ひろ子 - Wikipedia

2. YouTube - 薬師丸ひろ子 探偵物語
3. 薬師丸ひろ子非公式サイト 入口
4. 薬師丸ひろ子主演映画ベストテン
5. 薬師丸ひろ子 ?タレント名鑑? ? スポニチ Sponichi Annex 芸能
posted by ぴかまま at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年12月13日

石田ゆり子 魅惑のスパイ・この人物のオモテとウラ 石田ゆり子(女優)

石田ゆり子 魅惑のスパイ- 2009.12.12 10:00(ココログニュース)

女優の石田ゆり子がNHK土曜ドラマ『外事警察』に出演中。

陰のある“女スパイ”役で、テロリストを誘惑してデータを盗み出す場面も。

ドラマは、警視庁公安部外事4課の捜査班が、国際テロリストを追って息詰まる攻防を繰り広げる犯罪サスペンス。石田の役柄は、交通事故で植物状態になった夫を献身的に介護していたが、捜査協力を求められ事件に巻き込まれていくドラマのキーパーソンだ。外国人バーに潜入しターゲットを誘惑するシーンで、酔った男に押し倒されながらも巧みにデータを入手するスリリングな演技をこなしている。今晩放映の第5話では、ニセの情報をつかまされた彼女の身に危険が迫る展開に。来週19日に最終回を迎える。

穏やかな美しさでCMでも活躍中。タケダ「アリナミンA」CMでは、疲れがとれて元気になる様子をさわやかに表現している。エプロン姿のお母さんに扮しているのはキッコーマン「うちのごはん」CM。普段から料理をするのが好きという石田が、慣れた手つきでおにぎりを握っている。昨年からイメージキャラクターを務める日本郵船の環境CMでは、港にあるバーの女主人役。海の男たちのマドンナとして見せる優しい笑顔に癒される。

来年1月には、イ・ジェハン監督『サヨナライツカ』、山田洋次監督『おとうと』と出演映画の封切りが相次ぐ。末期がんに侵された妻を演じる『死にゆく妻との旅路』の公開も予定され、2010年もその活躍ぶりに注目だ。

(ウィル)

この人物のオモテとウラ 石田ゆり子(女優)
2009年11月30日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●制作統括は妹の夫

 14日にスタートした、NHK土曜ドラマ外事警察」に出演している。

外事警察」は警視庁公安部外事第4課の捜査班が、国際テロリストと激しいバトルを繰り広げるさまを描いた犯罪サスペンス。ジャーナリストで小説家の麻生幾の同名小説を原案に、07年に放送されて話題になったドラマ「ハゲタカ」のスタッフが制作し、注目されている。

 石田は交通事故で植物状態になった夫を、献身的に介護する理容師・下村愛子役。第4課捜査班の協力者になり事件に巻き込まれていく、ドラマのキーパーソンだ。

 石田をテレビで見るのは久しぶり、と感じる向きもあるだろう。石田の活動は映画が中心で、毎年コンスタントに映画に出演している。来年は中山美穂が12年ぶりに主演して話題の「サヨナライツカ」など、3本が公開を控えている。

 しかし、連続ドラマのレギュラー出演は多くない。この春はフジテレビの「魔女裁判」に事件の被告役で出演したものの、昨年はなし。

「『外事警察』の制作がかなり遅れたのです。本当は去年、出演するつもりだったのではないか。ちなみに、『外事警察』の制作統括は、石田の妹・ひかりのご主人の訓覇圭さんです」(芸能ライター)

 石田は妹と仲がいい。99年、一緒に独立し、2人で事務所“風鈴舎”をたちあげ、姉のゆり子が社長に就任。以来、2人ともマイペースで仕事をしている。ただ、ひかりが結婚し2女の母になったのに対し、ゆり子は40歳になったいまも独身。美人で清楚な雰囲気で、モテモテだと思うが……。


●別れる原因はいつも相手の方に…

 石田のラブロマンスは少ない。92年、「さよならをもう一度」(フジ)で共演した俳優・石黒賢と交際していたが、94年に破局。石黒と東ちづるの浮気が原因などといわれた。

 99年、和太鼓集団「鼓童」所属の和太鼓奏者・内藤哲郎と交際を始めたが、内藤がバツイチで、前妻がテレビで“彼は女性にマメ”などと発言したことなどから、02年、破局してしまった。

 その後はコレといったオトコの話題はなく、寂しいかぎり。

 06年、トーク番組「グータンヌーボ」(フジ)に出演した際、「別れる理由はいつも男性が持ち込んでくる」「ずっとひとりでいるのはイヤ」などと語っている。男なんてコリゴリ、と思っているわけではないようだが、どうも縁がないようだ。

「石田はたくさんの犬、猫に囲まれて、億ションでひとり暮らしを満喫している。読書が趣味で一日中でも読みふけっている。外食もせず、ほとんど自炊。奥さんにするにはいいでしょうが、これでは出会いがないし、オトコはどうやって誘ったらいいかわからないですよ」(芸能ライター=前出)

 ヘンなオトコに引っかかる前に、妹にNHKの出世頭でも紹介してもらってはどうか。

日刊ゲンダイ2009年11月27日掲載)

★★★

ふたご座流星群 13、14日見られそう 新月近く好条件

中野アナ、熱愛報道に触れず…フジ「アナ★バン! 大感謝祭」
小池栄子が離婚危機…坂田借金数千万、居酒屋経営に“失パイ”


posted by ぴかまま at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年12月12日

志田未来さん(小公女セイラ)素直さ セイラと同じ

志田未来さん(小公女セイラ)素直さ セイラと同じ

 記者も昔、アニメ「小公女セーラ」で感涙したクチである。だが、今なぜ、小公女なのだろう。「テーマが今の時代にも通用するからでは」。大きな目をキラキラさせながら話す。

 いじめに遭う小学生、子どもを産む決意をした中学生など、厳しい試練を課される役が多い。今回も水をかけられたり、トマトをぶつけられたり――。壮絶な環境にあっても、セイラはくじけない。「女の子は誰でもプリンセス」と言って。現代社会で、これほど気高い人物も珍しい。かえって新鮮というか、今だからこそ、セイラが必要なのかもしれない。

 気になるセリフがあった。病に倒れたいじめっ子が看病するセイラに対し「いい気味だって思ってるんでしょ」。だが、セイラは「一緒にしないで」とほほ笑むのだ。

 プライドの高さの象徴?と尋ねると、「言葉の裏の意味はないと思う。セイラはそう思っただけ。素直すぎて誤解されるんです」とにっこり。ドラマ同様、触れると自らの腹黒さがあらわになり、反省してしまうような人である。

文・小間井藍子

写真・中司雅信

Q セイラを演じて感動したことは?(神奈川県 ナツ)

A 仲間って大事だなということです。一人だとつらい状況でも友達がいれば何とかやっていけると思いました。

Q 芸能活動と勉強を両立させるのは大変ではないですか?(東京都 チア)

A あまり大変だと思ったことは実はないんです。両方楽しめてラッキーだと思っています。

Q ツナが好きと聞きましたが、どれくらい食べますか?(埼玉県 未来ちゃん)

A 1日1回は食べます。体の中にツナの汁が流れているんじゃないかと思う(笑)。私の元気の源です。ツナおにぎりにしたり、スパゲティの具にしたり、色んな食べ方をしますが、そのまんまが一番好きです。

小公女セイラ(TBS系 土曜後7.56)
 バーネットの児童文学をドラマ化。黒田セイラ(志田未来)は裕福な家庭に生まれ、インドで何不自由なく暮らしてきたが、日本の全寮制の女学校に入学した直後に父が急死。生活が一変する。


プロフィールしだ・みらい
 1993年5月10日生まれ。神奈川県出身。日本テレビ系「女王の教室」の児童役で注目され、同「14才の母」で若手演技派としての地位を確立する。ほかにフジテレビ系「わたしたちの教科書」などに出演。

(2009年11月16日 読売新聞)

★★★

恒例、今年の漢字は「新」 清水寺で揮毫

小池栄子が離婚危機…坂田借金数千万、居酒屋経営に“失パイ”
2009年活躍した有名人は「嵐」が独走、2位に「東方神起」
寺島進、18歳年下の一般女性と入籍「ご縁がありまして…」
posted by ぴかまま at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2009年12月09日

ドラマ「深夜食堂」が凄い!

ドラマ「深夜食堂」が凄い!- 2009.12.03 11:00 ココログニュース:@nifty

10月からTBS系列で放送されている深夜ドラマ『深夜食堂』をご存じだろうか。深夜枠で30分のドラマにもかかわらず、豪華キャスト・スタッフがそろうこのドラマが今、じわじわと人気を集めているのだ。

原作は小学館の『ビッグコミックオリジナル』にて連載中で、「マンガ大賞2009」「このマンガがすごい!2009」に選ばれるなど人気を博している安倍夜郎のコミック。ストーリーの舞台は繁華街の片隅にある小さな食堂。深夜0時に開店し、メニューは豚汁定食だけという、一風かわったお店には、ヤクザ者、売れない役者、雀荘帰りのサラリーマン、OL3人組、ストリッパー、新聞配達青年、わけありアイドルなど、さまざまな人が集まる。客の楽しみは、他愛のない会話と、「注文してくれりゃ、あるもんなら何でも作るよ」というマスターの料理。赤いウインナー、甘い玉子焼き、猫まんま…リクエストされるのは、特別なことは何もないのに、何だか無性に食べたくなるものばかり。そんな料理を通して、ユーモラスで時にビターな人間模様を描く。

主演は渋い演技に定評がある小林薫。須藤理沙、田端智子、田中圭、風間トオル、オダギリジョーら、深夜帯とは思えないほど豪華な俳優陣が脇を固める。監督は、映画「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の松岡錠司、映画『天然コケッコー』の山下敦弘、ドラマ『ザ・クイズショウ』の及川拓郎ら。料理は、映画『かもめ食堂』『南極料理人』などを手がけてきたフードスタイリストの飯島奈美が担当する。

同番組はドラマ化を記念してファミリーマートからコラボ商品が発売され、グルメサイト「ぐるなび」ともコラボを展開。放送批評懇談会から毎月優秀番組な番組に送られる「月間ギャラクシー賞(10月度)」も受賞した。さらにネット上でも「たまたま観たらハマってしまった」「深夜帯にしては珍しく、暴力やエロの描写が少ない良質なドラマ」「小林薫の渋い一言に、男ながら惚れてしまった」「心が温まってからゆっくり就寝できるドラマ」と軒並み好評だ。

深夜だからこそ、のんびりとほっこりと、そしてジーンと楽しめる、そんなドラマ。まだ観たことがない方は一度観てみては?

(あゆみっくす)

麻耶ショック…視聴率低迷TBS報道番組打ち切り
(12/07)上川隆也が元舞台女優と結婚 「互いを認め合い励まし合い」交際4年
タグ:深夜食堂
posted by ぴかまま at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。