<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月02日

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見7月1日15時25分配信 毎日新聞

テレビドラマヤスコとケンジ」の会見に登場した広末涼子さん

 人気少女マンガが原作のテレビドラマ>「ヤスコとケンジ」(日本テレビ)系の制作発表会見が1日あり、主演のTOKIOの松岡昌宏さん、広末涼子さんら出演者が登場した。


主人公・沖ケンジが元暴走族の総長ということで白の特攻服に身を包んだ松岡さんは「いつもどなっているか、にらんでいる演技なのですごく疲れます」と撮影の苦労話をこぼした。

デザイナーの岡沢高宏さんとの離婚後初の連続ドラマ出演となる広末さんは「たんかやメンチを切ったり、般若(はんにゃ)みたいな顔になったりして、事務所からそこまでやらなくてもいいと言われたぐらい、これまでにない演技をしています」と心機一転をアピールしていた。

 「ヤスコとケンジ」は、アルコさんが05年4月〜06年11月に「別冊マーガレット」(集英社)で連載したラブコメディーが原作。

両親を亡くした暴走族の元総長、沖ケンジ(松岡さん)は、妹ヤスコ(多部未華子)との生活のため、血のにじむ努力で売れっ子少女マンガ家になる。

その後、高校生になったヤスコは、過干渉気味のケンジに嫌気がさし、内心では兄を信頼しながらも兄妹げんかを繰り返す毎日を送っていた。

ある日ヤスコは、転校生の椿純(大倉忠義さん)に一目ぼれ。結婚までヤスコの純潔を守ろうとするケンジとヤスコの兄妹げんかに、ケンジに思いを寄せながら素直になれない純の姉エリカ(広末さん)も加わってドタバタ劇が繰り広げられる。

 イケメン転校生を演じる関ジャニ∞(エイト)の大倉さんが「イケメンというハードルが上がった状態だったので、役作りのために5キロダイエットしました。ジャニーズ事務所の名に恥じないように頑張ります」と意気込みを語ると、松岡さんが「会社はいいだろ」と笑いながら後輩をたしなめる一幕も。

松岡さんが「撮影では多部ちゃんの魅力にみんなメロメロ。多部ちゃんのためなら何でもできます」とラブコールを送ったが、当の多部さんは「私だったらこんなお兄ちゃんはいやですね」とあっさりふられて会場を笑いに包んでいた。

7月12日から毎週土曜日午後9時に放送される。【立山夏行】

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」

広末がエリカ様役で女優業再開

多部未華子さん(鹿男あをによし)将来の夢 まだ模索中

鹿男あをによし

ヤスコとケンジ
http://www.ntv.co.jp/yasuken/

ヤスコとケンジ:「ごくせん」の次は「ヤスケン」 松岡昌宏が2年半ぶり連ドラ主演

松岡昌宏さん主演でドラマ化される「ヤスコとケンジ」(C)アルコ/集英社マーガレットコミックス

 過剰なまでに妹思いの暴走族の元総長の兄と、反発する妹の兄妹愛をコミカルに描き、「ヤスケン」の愛称で親しまれている少女マンガ「ヤスコとケンジ」(集英社)が、人気グループTOKIOの松岡昌宏さん主演でドラマ化されることが30日、分かった。

松岡さんが連続ドラマの主演を務めるのは「夜王」(TBS系)以来2年半ぶり。高視聴率を記録している放送中の「ごくせん」の後番組として、日本テレビ系で7月から毎週土曜日に放送される。

 「ヤスコとケンジ」は、アルコさんが05年4月〜06年11月に「別冊マーガレット」(集英社)で連載したラブコメディーが原作。両親を突然亡くした暴走族の元総長、沖ケンジ(松岡さん)は、妹ヤスコとの生活のため、血のにじむ努力で少女マンガ家の道を選ぶ。それから10年後、高校生になったヤスコは、過干渉気味のケンジに嫌気がさし、内心では兄を信頼しながらも兄妹げんかを繰り広げる毎日を送っていた。ところがヤスコは、転校生の椿純に一目ぼれしてしまう。結婚までヤスコの純潔を守ろうとするケンジとヤスコの兄妹げんかに、ケンジに思いを寄せながら素直になれない純の姉エリカも加わってドタバタ劇が繰り広げられる。松岡さん以外のキャストは今後発表するという。【立山夏行】

2008年5月30日



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。