財界や金融界を鋭く描く意欲作「監査法人」:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月04日

財界や金融界を鋭く描く意欲作「監査法人」


NHK土曜ドラマ土曜21時30分『監査法人

★★★

財界や金融界を鋭く描く意欲作「監査法人」 2008年6月22日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 面白い! と評判になっているドラマがある。今月14日からスタートしたNHKの「監査法人」だ。

 同ドラマは、企業が作成した財務書類の真偽を監査し、決算書を承認するかどうかを判断する公認会計士グループを取り上げている。不況に苦しむ企業を救うために多少の粉飾を見逃すか、一切の不正を認めずに企業を切り捨てるか……。公認会計士が抱える理想と現実の葛藤を通し、財界や金融界の裏側を描いている。

 大手監査法人に勤務する主人公の若手会計士を塚本高史松下奈緒が演じ、橋爪功豊原功補光石研といった芸達者な役者たちが脇を固める。

 第1話はタレコミ電話を受けた主人公が虚偽の報告をしている建設会社を調査。会社側の必死の抵抗にあいながらも決算書を承認せず、その裏では不良企業を倒産させようとしている銀行の思惑が見え隠れ……という内容だった。

「NHKならではのドラマですね。民放では企業の裏側や経済の実態を暴くような内容はスポンサーの関係があるからやりづらい。『ハゲタカ』もそうでしたが、この手の経済モノはNHKの独壇場です。監査報告書を巡る企業の実態だけでなく、銀行や役所の思惑も描かれていて、見どころが非常に多い。大きな転換期を迎えている日本経済の現状も理解できる」(放送評論家・松尾羊一氏)

 今週は大手食品メーカーの“裏帳簿”を巡る物語だ。

【2008年6月19日掲載

ハゲタカ超えるか?NHK「監査法人」見ごたえは…

塚本高史初パパ…NHK連ドラで初主演


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。