堤が主演作「クライマーズ・ハイ」に自信 :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月06日

堤が主演作「クライマーズ・ハイ」に自信

堤が主演作「クライマーズ・ハイ」に自信 2008年7月5日(土)16時53分配信 日刊スポーツ

 映画クライマーズ・ハイ」(原田真人監督)が5日、初日を迎え、東京・丸の内TOEI1で主演の堤真一(43)・strong>堺雅人(34)・尾野真千子(26)らが舞台あいさつを行った。

85年に死者・行方不明者520人の犠牲を出した日航機墜落事故を報道する地方新聞社の物語。

紙面作りの全権デスクを任された悠木役の堤は「原田監督はセリフを間違おうが、段取りが変わろうが、とりあえず最後まで撮り続ける人。相手役を感じながら、間違っても対応しなきゃいけない中で生まれた映像なのでリアルでドキュメンタリーのように仕上がっている」と自信を見せた。

3日に誕生日を迎えた原田監督、7日に迎える堤が号外新聞風のケーキで祝福される場面もあった

★★★

日航機墜落御巣鷹ふもとで試写会
2008年7月3日(木)17時59分配信 共同通信

 1985年の日航ジャンボ機墜落事故を取材した新聞記者たちを描いた映画クライマーズ・ハイ」の試写会が3日、墜落現場「御巣鷹の尾根」のふもと、群馬県上野村立上野中学校で開かれた。

試写会には松元宇隆・上野村村長や原田真人監督、主演の堤真一(43)さんらが参加。試写会に先立ち、映画のイメージソング「蛍星」を歌う元ちとせさんが上野村の慰霊の園に献花した。映画は5日から全国で一般公開。

★★★

堤真一「新聞記者なら徹底的に闘いたい」堤真一、「撮影中がクライマーズ・ハイだった」
堤真一「NHKスタジオパークからこんにちは」に生出演

「篤姫」堺雅人 将軍の暗愚と正気…二面性使い分ける芝居
堺雅人 今や“ドラマ・映画のヒットの陰にこの男あり”と大評判


posted by ぴかまま at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画『クライマーズ・ハイ』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。