最低平均視聴率なのにDVDが大売れ!「ちりとてちん」貫地谷しほりがメッセージ!:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年06月27日

最低平均視聴率なのにDVDが大売れ!「ちりとてちん」貫地谷しほりがメッセージ!

最低平均視聴率なのにDVDが大売れ!「ちりとてちん」貫地谷しほりがメッセージ! 2008年6月26日(木)19時4分配信 シネマトゥデイ

貫地谷しほり

 関東地区で過去最低の平均視聴率だったNHK連続テレビ小説ちりとてちん」の「ちりとてちん」DVD-BOX2「割れ鍋にドジ蓋」が25日に発売されたのだが、4日に発売された「ちりとてちん」DVD-BOX1「苦あれば落語あり」が約1万7千セットの販売を記録していたことがわかった。

 これは連続テレビ小説77作のうちDVD化された13作中、約9千セット出荷した2位の「おしん 完全版 少女編」を上回る数字だ。

この驚異的な売り上げには物語の舞台である関西が関係しているようだ。
関東では伸び悩んだ視聴率であったが、関西地区では20.1%の高視聴率を記録。
2004年に関西地区で20%を超えた連続テレビ小説「わかば」以来の快挙とのことだ。
放送終了後にその面白さが口コミで評判となり、特別番組などが放送されるなど話題沸騰中だ。

 DVDオフィシャルサイトでは「ちりとてちん」DVD-BOX発売を記念して、主役の貫地谷しほりをはじめ、キャストたちによる動画コメントを配信中。

貫地谷は「共演者と本当の家族のような関係になった」と撮影の思い出を語っている。

また共演者で落語家の桂吉弥は「このドラマは実際の落語の世界も垣間見れるし、初回から見そびれた視聴者の方にぜひ観てほしい」とテレビ放送を見逃したファンたちにメッセージを送った。

 落語をテーマにした作品だけあって、「ちりとてちん」効果によって落語に足を運ぶ若い人も増えたのだという。そんなファンたちの熱意が届いたのか、7月にはスピンオフドラマの放送が決定。この放送の前に、まずは発売されるDVD-BOX第2弾を観て予習をしておきたい。

テレビドラマちりとてちん」DVD‐BOX1 「苦あれば落語あり」はNHKエンタープライズから発売中(税込み:15,960円)
テレビドラマちりとてちん」DVD‐BOX2 「割れ鍋にドジ蓋」はNHKエンタープライズから発売中(税込み:15,960円)
テレビドラマちりとてちん」DVD‐BOX3 「落語の魂 百まで」はNHKエンタープライズから7月25日から発売(税込み:19,950円)

「ちりとてちん」DVDオフィシャルサイト http://www.vap.co.jp/chiritote/


posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。