夏の連ドラ、『コード・ブルー』『Tomorrow』など医療系社会派ドラマが人気:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月08日

夏の連ドラ、『コード・ブルー』『Tomorrow』など医療系社会派ドラマが人気

夏の連ドラ、『コード・ブルー』『Tomorrow』など医療系社会派ドラマが人気
7月7日11時8分配信 オリコン


 先週より各局の夏期・連続ドラマがスタート。

3日(木)に始まったフジテレビ系『コード・ブルー』(木曜22時)がビデオリサーチの調べ(関東地区・世帯平均)で21.2%と20%を越えるスタートを切り話題を呼んでいる中、週末にはTBS系『魔王』、テレビ朝日系『ロト6で3億2千万当てた男』などが放送。

日曜日に放送されたTBS系『Tomorrow』は、16.8%を獲得し、現在のところ『コード・ブルー』に続いて2番目の視聴率を獲得した形となった。ともに医療関係のシリアスな社会派ドラマだ。

 7月も2週目に入り、夏期連続ドラマの放送スタートが相次いでいる。テレビ朝日系『ロト6で3億2千万円当てた男』は、お笑いタレントの出川哲朗が久しぶりに連続ドラマに出演することでも話題になり、視聴率は12.4%。主演の反町隆史とどれだけ演技のからみがあるのかが注目されていた。

また、同じくTBSの『Tomorrow』は、年金未払いや、後期高齢者医療制度などの問題を抱えるなか、医療現場が抱える苦悩をテーマに、竹野内豊を主演にヒューマンタッチで描く社会派ドラマ。

コード・ブルー』同様、シビアな演技が見どころの医療関連ドラマで16.8%の視聴率を記録した。ヒロインの看護師は菅野美穂、ベテラン看護師長は、連ドラ初出演となるエド・はるみが演じる。

 なお、TBS系『魔王』は14.0%、嵐のリーダーの大野智生田斗真がダブル主演を務めるもので、昨年韓国で放送され“魔王族”と呼ばれる熱烈ファンを生み社会現象を巻き起こすほどの人気を呼んだドラマの日本版リメイク。今後、日本でも“魔王族”が生まれるかどうかが注目される

★★★

<ドラマ視聴率>「ごくせん」最終回は23.6% 有終の美飾る

「CHANGE」15分拡大放送で視聴率20%を回復したが…

<ドラマ視聴率>「ラスト・フレンズ」総集編は17.4% フジ社長は「視聴者から支持得られた」と総括
特別編『もうひとつのラスト・フレンズ』視聴率17.4%


posted by ぴかまま at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。