1年9カ月ぶり“本職”…山本モナ、復帰の舞台ウラ:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月10日

1年9カ月ぶり“本職”…山本モナ、復帰の舞台ウラ

「リベンジ」山本モナ復帰 肩の力抜いてキャスター稼業
2008年7月7日(月)20時16分配信 J-CASTニュース


フリーアナウンサー山本モナさんが2008年7月6日、1年9か月ぶりにキャスターに復帰した。不倫騒動でTBS系「筑紫哲也 NEWS23」を5日間で降板しただけに、新番組のキャッチフレーズも「私は、私に、リベンジするの」。もっとも本人は「キャスターにこだわりは、実はそんなに無い」と自然体で取り組むようだ。

「『リベンジ』はやめてください、って言ったんです」
モナさんがキャスターに復帰したのはフジテレビ系ニュース新番組「サキヨミ」。朝日放送(ABC)の元アナウンサーで、様々なニュース番組や情報番組を担当し、05年にフリーに。06年9月、「筑紫哲也 NEWS23」のキャスターに抜擢され、フリー後最大のチャンスを得たものの、わずか5日間の番組出演で降板することになった。民主党の細野豪志議員との不倫を報じられたのが原因とされている。

新番組「サキヨミ」のCMやポスターは、ボクサー姿のモナさんがモデル。そこに書かれたキャッチフレーズが、

「私は、私に、リベンジするの」
08年7月4日、フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」に「サキヨミ」のプロモーションで出演したモナさんに司会者が「リベンジ」について質問すると、モナさんは、

「『リベンジ』はやめてください、って言ったんですけど、うちのプロデューサーがダメと。これがいいと言って…」
と恥ずかしそうに話していた。そして、

「キャスターにこだわりは、実はそんなに無い、というか、あまり本人的にはこれでキャスターに(カムバックする)という気はあまりしていない。いい意味では楽な気持ち」
などと語っていた。バラエティー番組での人気を確立したからこそ言える言葉なのだろう。

「彼女はチャーミングだからこれから人気は上がる」
そんな思いの中で新番組はスタート。冒頭でモナさんは、

「どんな番組になるか、正直、我々にもわからないんですけど、とにかく気合いを入れてがんばっていこうと思いますんで」
と挨拶。番組ではモナさん自身が北海道に出向き「洞爺湖サミット」前の街の様子をレポートした様子が放送され、スタジオでは視聴者の意識調査を元にコメンテーターのウエンツ瑛士さんなどとのやりとりが行われた。

放送評論家の志賀信夫さんはJ-CASTニュースに対し、

「今回の裏番組には強力なものが多かったため、もし『サキヨミ』の視聴率が低い結果なら気の毒としか言いようがない。彼女自身はチャーミングで魅力的であり、若い人の人気も高い。これからもっと番組の人気が上がっていくのではないかと思っている」
と話している。


モナ「リベンジはやめてと言ったのに」 2008年7月4日(金)8時7分配信 日刊スポーツ

 タレント山本モナ(32)が4日朝、フジテレビの「めざましテレビ」に生出演。

同テレビで6日夜10時スタートの情報番組「サキヨミ」のPRをした。モナはこの番組でキャスターを務める。

 番組の宣伝ポスターには、モナの写真とともに「私は、私にリベンジするの」のキャッチコピーが。

「リベンジはやめてくださいって言ったんですが」とモナは苦笑い。2006年秋、TBS系情報番組「筑紫哲也NEWS23」のキャスターに抜てきされたが、写真誌に不倫情報をキャッチされ降板。そんないきさつもあってのコピーだと思われるが、どんな「リベンジ」を果たすか注目だ。


カズとウワサになっている山本モナの過激なポスター 2008年6月28日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

「私は、私に、リベンジするの。」

 7月からスタートする情報番組「サキヨミ」(フジテレビ)でキャスターに復帰する山本モナ(32)。
同番組の番宣ポスターで、顔や体にアザをつくりながらファイティングポーズをとる勇ましい姿を披露している。

冒頭のキャッチコピーは、2年前に民主党議員との“路上キス写真”が発覚してキャスターを降板した過去を意識したものだろう。

だが、モナは元サッカー日本代表の三浦知良との親密交際を報じられたばかり。2人は会員制クラブで顔を近づけて談笑したり、三浦の出場試合を観戦に訪れたモナの姿も目撃されている。

モナの所属事務所は「恋愛関係ではない」と断言しているが、フジでは「リベンジどころか、カズかよ」なんて声もあがっている。

【2008年6月25日掲載】




1年9カ月ぶり“本職”…山本モナ、復帰の舞台ウラ 2008年6月10日(火)17時18分配信 夕刊フジ

伊藤利尋アナウンサーと山本モナ

 最近はバラエティータレントとしても弾けている山本モナ(32)が、7月6日スタートのフジテレビ系情報ニュース番組「サキヨミ」(日曜午後10時)のメーンキャスターに抜擢された。

 タッグを組む伊藤利尋アナウンサー(35)と9日、都内のスタジオで会見し、キャスター復帰に笑顔を見せた。


 「反省? ああいうことは2度としないと思います」と不倫路上キスを振り返ったモナ。


 民主党の細野豪志衆院議員(36)との不倫騒動で、TBS「NEWS23」を降板して以来、1年9カ月ぶりに“本職”へ返り咲くことになった。


 モナは「皆さんがおっしゃるほど『復帰』という気持ちはなくて、気負いもありません」と自然体を強調。笑顔で「この10年、感じてきたことをそのままやるしかありません」と語り、自信をうかがわせた。左手薬指の指輪には「お守りです」とかわした。


 また、東京・秋葉原の無差別殺人事件に触れ、「事件についていろいろな見方があるということを提示していきたい」「現場にはどんどん出たい」と、早くもキャスター魂を燃やしていた。


 安藤優子(49)、滝川クリステル(30)両キャスターが司会する「新報道プレミアA」の後番組として期待を背負う。

次回も元カレと行きタイ!山本モナ、体を張ってタイ国際航空PR


posted by ぴかまま at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山本モナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。