「ヤバイよ、ヤバイよ」あの出川が反町隆史をイジメ! :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月11日

「ヤバイよ、ヤバイよ」あの出川が反町隆史をイジメ!

「ヤバイよ、ヤバイよ」あの出川が反町隆史をイジメ! 2008年7月4日(金)17時13分配信 夕刊フジ

ドラマで立場逆転!? 4日スタートのテレビ朝日系ドラマ『ロト6で3億2千万円当てた男』(金曜午後9時)で、俳優、反町隆史(34)が冴えないサラリーマンの主人公を演じ、よりによって、お笑いタレント、出川哲朗(44)にネチネチといじめられることに。

 反町演じる中堅広告代理店社員・立花はタイトル通りの幸運をつかむが、上司・中根(出川)は自分より年下という設定。この中根に立花はいつもバカにされ、残業を押しつけられるなど、さんざんな目に遭うというから痛快だ。


 出川といえば、女性誌「an・an」の読者アンケート「嫌いな男ランキング」で2001年から5年連続で1位に君臨。“殿堂入り”し、アンケート対象外となった不名誉な実績を持つ。


 イケメンの反町を見下す役に「ヤバイよ、ヤバイよ」と思ったかどうかは不明だが、出川は制作発表で調子に乗りまくり。


 反町に対し「リハーサルですぐに笑う。カチンコが鳴ったら勝負だから!」とダメだし。さらに、「反町さんも譲らないところがあるから、現場では何度も衝突してますね。でも、お互い刺激しあって成長したい」と言いたい放題で、これには反町も苦笑するしかなかった。


 あまり知られていないが、出川には舞台俳優としての“実績”がある。20代のころにウッチャンナンチャンらと劇団「SHA・LA・LA」を組んでいた。現在、お笑いでブレーク中の芸人、エド・はるみ(年齢非公表)も、舞台女優出身で、その当時からの付き合い。「出川君」と呼ばれる仲だ。


 そのエドは、偶然にも反町と同じ事務所の竹野内豊(37)主演のTBS系ドラマ「Tomorrow」(6日スタート、日曜午後9時)で、ベテラン看護師長役として連ドラデビュー。出川ともども、役者としての下地を生かして本領を発揮できるか。

夏の連ドラ、『コード・ブルー』『Tomorrow』など医療系社会派ドラマが人気

★★★

宝くじ当選者の実話を基にした『ロト6で3億2千万円当てた男テレビ朝日・7月4日(金)スタート。毎週金曜日、夜9時

ロト6で3億2千万円当てた男第2話7/11「セレブ女と1ホステスの罠」

★★★

“俳優”出川哲朗が反町にダメ出し!?「カチンコが鳴ったら勝負だから!」
背水の陣!!ロト6ドラマで巻き返しを図る反町隆史
反町隆史がロト6で3億2000万円!?・反町ロト6当てるバツイチリーマン役



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。