TOKIO 椎名林檎とコラボでドラマ曲 :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月12日

TOKIO 椎名林檎とコラボでドラマ曲

TOKIO 椎名林檎とコラボでドラマ曲 2008年7月10日(木)23時39分配信 スポニチ

 TOKIOが9月発売の新曲で、歌手の椎名林檎(29)とコラボレーションする。

曲名は「雨傘」。

林檎が作詞、作曲、林檎のバンド「東京事変」が編曲。TOKIOサイドが楽曲提供を依頼して実現。

松岡昌宏(31)が主演する日本テレビの連続ドラマ「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜後9・00)の主題歌になる。

 過剰な妹思いの兄・ケンジの目線で歌われるメッセージソング。

松岡は「椎名さんとのコラボで新たなTOKIOのジャンルが生まれた気がします」とコメント。林檎は「(依頼を聞いて)うれしかったです。非常に愉快なお仕事でした。またこんな機会をいただけたら」としている。

 TOKIOは、中島みゆき(56)から「宙船(そらふね)」「本日、未熟者」、甲斐よしひろ(55)から「ひかりのまち/ラン・フリー」、長渕剛(51)から「青春(SEISYuN)」と、大物ミュージシャンからの楽曲提供が続いている。


広末メンチ切ったら「アイーン」になった 2008年7月2日(水)9時37分配信 日刊スポーツ

ヤスコとケンジ」の制作発表会見に出席した広末涼子は笑顔を見せる

 TOKIO松岡昌宏(31)が1日、主演する日本テレビ系ドラマ「「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜午後9時)の制作発表に出席した。

両親を亡くした元暴走族総長で人気漫画家の兄(松岡)と妹の家族愛に、元レディース総長(広末涼子)との恋を織り交ぜて描く。

松岡は妹役の多部未華子(19)の純真さにぞっこんで「今、命をかけて守りたいと思うのは多部ちゃんです」。実際に多部のような妹や娘がいたら「変な男につかまらないように門限5時です」。

広末と互いにメンチをきるシーンもあるが、松岡は「顔が凝ります」。広末も「自分でも見たことない変な顔。あーんと怖い顔でメンチをきったらアイーンになりました」などと明かした。


松岡昌宏“暴走”広末涼子をマジで心配 2008年7月1日(火)23時54分配信 スポニチ

ヤスコとケンジ」制作発表でフォトセッションに納まる多部未華子広末涼子

 日本テレビのドラマ「「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜後9・00)で主演する松岡昌宏(31)は、打倒五輪の意気込みを聞かれると「五輪は4年に1度のお祭り。自分自身も見てしまうな〜」と苦笑い。「意識しないようにします。当たり障りのない答えですいません」と頭を下げた後「答えにくい質問はやめてください」と笑いを誘った。

 元暴走族総長で現漫画家のケンジを中心に、妹への行き過ぎた愛情や、元レディース総長との恋などを描く物語。松岡は、元レディース総長役の広末涼子(27)がタンカを切るシーンに「こんな顔していいのかと思う。僕が広末さんの事務所の社長ならNG出します」。広末も「会社からは“そこまでしなくていい”と言われました」と明かしていた

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見
松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」
広末がエリカ様役で女優業再開

多部未華子さん(鹿男あをによし)将来の夢 まだ模索中
鹿男あをによし

ヤスコとケンジ
http://www.ntv.co.jp/yasuken/

<ヤスコとケンジ:「ごくせん」の次は「ヤスケン」 松岡昌宏が2年半ぶり連ドラ主演


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。