<NHK朝ドラ>多部未華子さんヒロイン「つばさ」に:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月24日

<NHK朝ドラ>多部未華子さんヒロイン「つばさ」に

<NHK朝ドラ>多部未華子さんヒロイン「つばさ」に7月24日15時57分配信 毎日新聞

多部未華子さん

 NHKは24日、来春から始まる朝の連続テレビ小説つばさ」のヒロインが女優の多部未華子さん(19)に決まったと発表した。

埼玉県川越市を舞台に、老舗の和菓子屋の跡継ぎを夢見る女性の話で、脚本はドラマ「ロッカーのハナコさん」などを手がけた戸田山雅司さんのオリジナル。同シリーズ80作目で、埼玉県が舞台になるのは初めて。これで全都道府県が舞台になったという。

 多部さんは日本テレビ系のドラマ「ヤスコとケンジ」や映画「西遊記」に出演。

2年前の「純情きらり」で主役だった宮崎あおいさんと同じ事務所に所属している。「ヒロインをやると聞いたばかりで、正直実感がない。ただただ驚いています。長い撮影になると思いますが、いろんな思いを届けていきたいと考えています」と緊張した様子で抱負を語った。

NHK朝ドラ80作目で初の埼玉舞台

来春の朝ドラは「つばさ」

多部未華子さん(鹿男あをによし)将来の夢 まだ模索中
鹿男あをによし(多部未華子)
こわい童謡〜表の章」でホラー初挑戦 多部未華子さん
  たべ・みかこ 89年1月25日生まれ。東京都出身。中学2年で女優デビューし、映画「HINOKIO」(05年)、「夜のピクニック」(06年)で主演。05年度の「日本映画批評大賞新人賞」と「ブルーリボン賞新人賞」を受賞。「こわい童謡〜裏の章」は28日公開
もっと見たい方は↑写真↑をクリック!
独特の存在感で多くの新人賞を受賞している女優の多部未華子さん(18)。7日公開の映画「こわい童謡〜表の章」では奇妙な幻聴に悩まされている正木彩音役でホラー映画に初挑戦しています。映画の魅力や現役女子大生でもあるプライベートなどを聞きました。この連載は毎日新聞東京夕刊でも掲載します。【乗峯滋人】

  ――彩音が合唱部に入って童謡を練習するうち、部内で失そう者や自殺者が続出します。脚本を読んだ感想は?

童謡をモチーフにした作品はすごく珍しいと思いましたし、読んでいて怖かったです。

 ――完成した作品は怖かった?

 ほとんどのシーンに出演していることもあって、仕組みやトリックを撮影現場で見ていたので、怖いと感じずに見られました。

 ――安めぐみさん主演の謎解き版の「裏」はいかがでした?

 「裏」は全く知らなかったので「ここで来るか」とか新鮮でした。撮影も全く別でしたから?

 ――ロケは実際の校舎?

 そうです。埼玉の廃校なんです。

 ――怖くなかった?

 そうでもないです。ただ、トイレに行ったり一人で行動するのは怖かったです。

 ――彩音は謎が多い子ですね。

 普通の子なんだけど、不気味さを出したかったので、何を考えているのが分からないような雰囲気を出しました?

 ――驚く演技に苦労したとか。

 最初に監督とお話したときに「実際に驚いたら叫ばないよね」ということになって、劇中でも1回しか叫ばないんです。だから、驚き方の表情が一緒にならないようにするのが大変でした?

 ――みどころは

 叫ばないホラーです。表と裏、それぞれ違うホラーで違う驚きがあると思います。

 ――どうして女優に?

 小学5年のときにミュージカルの「アニー」を見て、やりたくなったんです。ずっとオーディションを受けていたんですが、そのうちスカウトされるようになって、中2で事務所に入りました。

 ――なぜアニーに?

 アニー役ってだいたい5、6年生なんです。同じ年ぐらいの人がたくさんのお客さんの前で歌ったり、踊ったりしているのに感動して。アニーに出られなかったのが一番の心残りです。

 ――映画やドラマには興味なかった?

 見るもので出るものだとは思ってなかったんです。

 ――デビューは?

 中2でBSのドラマに出演したのが初めてのお芝居です。訳が分からないまま始まり、終わった感じでした。

 ――女優の仕事の楽しさは?

 いろんな人に出会えるし、いろんな話を聞けるし、いろんな場所に行っていろんなものを見られるのが楽しいですね。

 ――演技へのこだわりは。

 自然でいることです。それがいいのかどうか分からないです。

 ――自分の活躍をどう自覚されてます?

 全く実感がないです。ポスターやCMを見ても、人ごとの気がするし、仕事の現場にいても「なんで自分がここにいるんだろう」と思う瞬間が多々あります。

 ――目標は?

 うーん、今のままがいいです。現状で。

 ――女優一筋で!とか思わない?

 きっとそういう気持ちにはならないと思います。

 ――今、一番楽しいことは

 学校生活はそこそこ楽しんでます。サークルにも入っていて、普通に女子大生って感じですね。

★会って、ひとこと★

 ミステリアスなまなざしが印象的だったので、独特の雰囲気をお持ちかと思っていたら、いい意味で「普通の18歳」でした。自分と周囲とのバランスの取り方がうまいのでしょう。カメラマンが見とれた全身のバランスの良さに注目です。

 2007年7月6日



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。