衝撃作『蛇にピアス』が完成!19歳の吉高由里子に小栗、唐沢、藤原竜也も出演する豪華さ:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年07月28日

衝撃作『蛇にピアス』が完成!19歳の吉高由里子に小栗、唐沢、藤原竜也も出演する豪華さ

主演オーディション合格後の悲劇起こる 2008年7月16日(水)0時26分配信 スポニチ

映画蛇にピアス」の完成報告会見に出席したARATA高良健吾吉高由里子、蜷川幸雄監督、金原ひとみ氏

 作家金原ひとみさん(24)の芥川賞受賞作を映画化した「蛇にピアス」(監督蜷川幸雄、9月公開)の完成報告会見が15日、都内で行われた。

主演の吉高由里子(19)は主役オーディション後の昨年9月、都内で交通事故に遭い、あごの骨を折るなどして集中治療室(ICU)に数日間いたことを明かした。

「それまで生きているのが当たり前と思っていたけど、独りでベッドから起き上がれなくて、痛くてもがいていた時に“蛇にピアス”を思い出して、やらなきゃと思いました」と語った。劇中ではオールヌードを披露している。



衝撃作『蛇にピアス』が完成!19歳の吉高由里子に小栗、唐沢、藤原竜也も出演する豪華さ
2008年7月16日(水)0時23分配信 シネマトゥデイ

19歳の吉高由里子はルイを体当たりで演じた

 自らの舌にピアスを開け、背中に入れ墨を彫り肉体改造におぼれていくヒロインの愛と絶望の日々描く衝撃作、映画蛇にピアス』が映画化され、監督の蜷川幸雄をはじめ、主演の吉高由里子高良健吾ARATA、そして本作で芥川賞を受賞したときは弱冠二十歳だった原作者の金原ひとみが登壇した。

 蜷川監督は72歳、そして原作者の金原は24歳という、通常であればジェネレーションギャップが生じて話が先に進みそうにもないが、蜷川監督は「72歳のジジイと若い作家のコラボです(笑)。でも、おれは自分のこと若いと思ってるので、何の違和感もありませんでした」と自分と24歳の原作者の感性に差がなかったことを明かした。一方の金原も「映画化されるなら蜷川監督に撮っていただきたいと思っていました。映画化という経験は初めてで、自分の頭の中で描いていたことが映画になって、いろいろな人に届いていくということに感動しました。原作に忠実でありながら、新たに蜷川監督の鋭い視点が加わっていましたし、それは自分でも気付かなかった登場人物の一面であったりして、驚きましたね」と手放しで大絶賛していた。

 また、オーディションでヒロイン、ルイの役をつかみとった吉高は、「蜷川監督に興味があって、オーディションに行きました」とやはり世界的な舞台演出家でもある蜷川監督が作る映画の魅力に引き寄せられたことを語り、「蜷川監督の瞳はキラキラしていて、吸い込まれそうで、見透かされそうで怖いです。でも、優しい方です」と蜷川監督自身の魅力についても語った。

 本作にはこのほかあびる優やソニン、そして特別出演として市川亀治郎、井手らっきょそして、小栗旬、唐沢寿明 藤原竜也ら大スターも名を連ねている。

映画蛇にピアス』は9月、渋谷シネマGAGA! ほかにて全国公開

映画蛇にピアス』オフィシャルサイト http://hebi.gyao.jp/




フジテレビ太陽と海の教室

湘南を舞台に、有名新学校に赴任した風変わりな教師と次第に感化されていく生徒らを描く。

フジテレビ太陽と海の教室

第2話「VS恋を金で売る生徒好きなら胸をはって馬鹿になれ」


石橋杏奈と吉高由里子にバースデーケーキ 2008年7月26日(土)13時24分配信 日刊スポーツ

 映画きみの友だち」(広木隆一監督)の初日舞台あいさつが26日、東京・新宿の武蔵野館で行われた。

主演石橋杏奈は12日に16歳に、吉高由里子、は22日に20歳になったばかりで、バースデーケーキが登場した。

石橋は「高校生になったので、もっとたくさん友達をつくりたい」、吉高は「23歳までに結婚したい。早くおかあさんになりたいんです」。ほかに北浦愛らが出席。


--------------------------------------------------------------------------------


posted by ぴかまま at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。