大野智さん(魔王)想像できない自分が楽しみ:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年08月08日

大野智さん(魔王)想像できない自分が楽しみ

大野智さん(魔王)想像できない自分が楽しみ
 天使のような弁護士と冷徹な復讐の鬼。初の連続ドラマで主演するのは、表と裏の顔を持つ複雑な人物だ。それだけに、「今までで一番難しい。一日中、心のどこかにひっかかっている」という。

 弁護士の役作りをするため、裁判を5、6回傍聴した。そこで、期せずして人間の裏表を目の当たりにした。弁護士に質問されて答える被告人を見ていると、「(犯罪は)たまたまなのか」と思わされる。だが、検事の質問で、同じ被告人が言いよどむ。「明らかにウソをついていて、自分がだまされたな、と。人って怖いなと思った」

 一方、本人も普段のほんわかとした雰囲気が、舞台などではキリッと変わるため、二面性があるとよく言われる。普通にやっているだけと強調するが、自分自身どんな人間だと思うか尋ねてみると、「よく分からないですよ、この男は」と笑った。

 台本の中の情景や、コンサートが終わった日の自分などをしばしば想像するという。「今回は、いつもと違って、想像しきれないから楽しみだな」

 文・小林佑基

Q 趣味の釣りにどんなロマンを感じますか?(神奈川県・かりえさん)

A 海の上に自分がいることにわくわくすることです。

Q 最近も釣りに行きましたか?(神奈川県・綾宮さん)

A 数日前に行きました。横浜の方で、朝4時に出港しました。

Q 好きなお酒は?(埼玉県・Akimoさん)

A 基本はビール。焼酎は寝ちゃうし、ワインもぽわーんとなってしまいます。

Q リラックス法は?(埼玉県・♡ARASHi♡さん)

A 釣りもそうですが、今は部屋にひとりでいることですね。成瀬領もひとりだから、ちょうどいいかな。

魔王(TBS系 金曜後10.00)
 弟を殺され、復讐(ふくしゅう)の鬼「魔王」となった弁護士・成瀬領(大野智)は、正義感の強い熱血刑事・芹沢直人(生田斗真)らに対し、人生のすべてをかけた完璧(かんぺき)な計画で復讐を果たしていく。


プロフィール
おおの・さとし
 1980年11月26日生まれ。東京都出身。「」のリーダーとして、ドラマ、バラエティー、舞台、コンサートなどで幅広く活躍。絵やオブジェなどの創作活動でも才能を開花させ、個展を開いたりしている。

(2008年7月25日 読売新聞)


タグ:大野智 魔王
posted by ぴかまま at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ「魔王」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。