織田裕二の気合が空回りして周囲が困惑する「月9」:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年08月10日

織田裕二の気合が空回りして周囲が困惑する「月9」

織田裕二の気合が空回りして周囲が困惑する「月9」 2008年8月4日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

視聴率はダウン

 フジテレビの“月9”ドラマ「太陽と海の教室」に主演している織田裕二(40)の“空回り”を心配する声が出ている。

 同ドラマは湘南の有名私立高校を舞台に、高校教師と大学受験を控える生徒が繰り広げる青春ドラマ。織田は新任の教師役を演じている。

 その織田がこれまで以上に熱くなっていると評判だ。

「今回のドラマにかける織田の意気込みはハンパじゃありません。収録現場には一番に駆けつけ、撮影本番前のスタッフとの話し合いには必ず参加。しかも、他の共演者のセリフまですべて頭の中に入れてきて、ディテールまで細かくチェックしているから、関係者は緊張のしっぱなし。撮影終了が3時間押しが当たり前だそうですよ」(マスコミ関係者)

 現場に一番乗りした織田は、共演者やスタッフのために掃除やお茶の準備も始めるとか。スタッフはますます落ち着かない。

 もっとも、視聴率はダウンしている。7月21日の初回は20.5%を記録したが、2回目は6ポイント以上減の14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。織田の“気合”と数字が反比例してしまっている。

「視聴率が伸びないことで、さらに織田さんがカッカしている。そんな彼の“気合”の矛先が向けられたのが女教師役の北川景子。織田さんは『もっと芝居の勉強をしないと』と、北川の演技に対して不満を漏らしているそうです。織田は映画『踊る大捜査線』の撮影中、柳葉敏郎の演技に口出しして一触即発の事態になったことがあるけど、織田と北川も衝突しないかとスタッフは気をもんでいます」(関係者)

 織田には「俺はこんなに頑張っているのに」という思いがあるのだろう。でも、周囲は織田の熱気にあてられ、夏バテ気味のようだ。

【2008年8月1日掲載】

フジテレビの“月9”ドラマ「太陽と海の教室

現在16歳のシンデレラ、黒瀬真奈美の美声が『ハムナプトラ』のイメージソングに抜擢!

衝撃作『蛇にピアス』が完成!19歳の吉高由里子に小栗、唐沢、藤原竜也も出演する豪華さ

<ドラマ視聴率>織田裕二、貫禄の20%越え 3年ぶり「月9」に関心高く

織田裕二ドラマ試写「緊張感ある楽しさ」

あの男の「キター!」に…織田裕二「僕は笑えない」

★★★



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。