視聴率がヒトケタ目前まで急落して織田裕二は崖っぷち :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年08月18日

視聴率がヒトケタ目前まで急落して織田裕二は崖っぷち

視聴率がヒトケタ目前まで急落して織田裕二は崖っぷち 2008年8月17日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 まさに崖(がけ)っぷちまで追い詰められた――。織田裕二(40)主演の“月9ドラマ”「太陽と海の教室」(フジテレビ)の視聴率がつるべ落としのように急降下している。

 初回こそ、大台の20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したものの、2回目は14.4%までダウンし、その後も下げ止まらず、3回目12.7%、今週の4回目10.7%でヒトケタ台が目前まで迫る、危機的状況になっている。

 少なくとも2000年以降で月9ドラマの視聴率がヒトケタになったことはない。

ちなみに、10%台は2回あり、最低は04年7月期「東京湾景」の10.2%。織田はこのまま“転落”への道を突き進むのか。

「織田が生徒のややこしい問題に割って入るという作りは『金八先生』的です。でも、『金八』は生徒が中学生だから成功したわけで、高校生では無理がある。それと『踊る大捜査線』の織田に共感している視聴者には内容が物足りなくて、裏切られた気がしているのではないか。視聴率の回復は難しいかな」(放送評論家の松尾羊一氏)

 真っ黒に日焼けした織田が暑苦しいというブーイングも相変わらず。

 織田としてはなんとしてもヒトケタに突入という屈辱的な事態だけは回避したいところだが。

(日刊ゲンダイ2008年8月14日掲載)

織田裕二の気合が空回りして周囲が困惑する「月9」

★★★


「Lead」10月にやるぞ!台湾公演2008年8月17日(日)22時54分配信 スポニチ

 人気4人組ユニット「Lead」が全国ツアーの最終公演を17日夜、東京・中野サンプラザで行った。

フジテレビ月9ドラマ太陽と海の教室」で人気急上昇中の鍵本輝(19)は「ぶっ倒れるぐらいテンションを上げていくので、みんなついてきて」とあいさつ。

最新曲「Sunnyday」など21曲を披露。10月18、19日に台湾公演を行うことも発表した。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。