モックン&広末グランプリ!!…北米最大級モントリオール映画祭:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月03日

モックン&広末グランプリ!!…北米最大級モントリオール映画祭

モックン&広末グランプリ!!…北米最大級モントリオール映画祭
 俳優の本木雅弘(42)と女優の広末涼子(28)が主演する映画おくりびと」(13日公開、滝田洋二郎監督)が、カナダで開かれていた第32回モントリオール世界映画祭で最高賞のグランプリを獲得した。日本作品の最高賞は、06年の奥田瑛二(58)監督作「長い散歩」に続く快挙となる。

 モントリオール映画祭は世界12大映画祭の一つ。コンペティション部門を持つ映画祭としては北米最大級の規模と権威を誇る。今回、コンペ部門は各国の32作品によって争われていた。

 授賞式は現地時間1日に行われたが、キャスト、スタッフは誰も出席しておらず、関係者にとっても驚きの受賞。NHKスペシャル大河ドラマ「坂の上の雲」の撮影中にグランプリ受賞の一報を受けた本木は「改めて“人の生死、そして命をつなぐこと”は、文化を超えて、世界に通ずるテーマなんだと実感した」。広末も「すべてが美しい作品だと、賞をいただいて改めて感じ入っている」とコメントを寄せた。

 「おくりびと」は、葬儀の際に遺体をひつぎに納める納棺師としての道を歩み始めるリストラされたチェロ奏者(本木)を主人公に、人間の尊厳や家族のきずなを描く。

 3日には、本木が都内で受賞の報告会見を行う。勲章を手に一気に今秋の注目作として名乗りを上げ、年末からスタートする国内の映画賞戦線にも大きく影響を及ぼしそうだ。

 ◆佐藤浩市 父子制覇 ○…佐藤浩市(47)が主演する「誰も守ってくれない」(09年1月24日公開、君塚良一監督)が最優秀脚本賞を受賞。佐藤の父・三國連太郎(85)も83年に「未完の対局」でグランプリ、88年にも「利休」で最優秀芸術貢献賞を受賞しており、“父子2代制覇”。共同脚本も手掛け、現地を訪れていた君塚監督は「もともと脚本家でもあるので、このような賞をいただけたことがとてもうれしい」と口にした。

(2008年9月3日06時00分 スポーツ報知)


posted by ぴかまま at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。