水嶋ヒロ&鈴木杏、W主演で最強コメディー :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月06日

水嶋ヒロ&鈴木杏、W主演で最強コメディー

水嶋ヒロ&鈴木杏、W主演で最強コメディー 2008年9月1日(月)5時5分配信 サンケイスポーツ

 慶大卒のイケメン俳優、水嶋ヒロ(24)と実力派女優の鈴木杏(21)がフジテレビ系土曜ドラマ「ROOM OF KING」(10月4日スタート、土曜後11・10)にW主演することが8月31日、分かった。

ルームメートがマンションの所有権をかけて闘う奇想天外なコメディー。今話題の脚本家、大宮エリー氏(32)が脚本と演出を手掛け、旬な2人を“笑いのキング”に仕立て上げる。

 同局のヒットドラマ「花盛りの君たちへ」や「絶対彼氏」で存在感を見せつけ、若い女性を中心に人気急上昇の水嶋ヒロが、土曜ドラマで初主演を射止めた。W主演のお相手は、10代から海外映画に数多く出演してきた、演技力には定評のある鈴木杏。この異色コンビが奇想天外なコメディーに挑戦する。


 物語の舞台は東京・青山の高級マンション。水嶋演じるフリーターと杏扮するOLが、性病科の女医(井川遥)や売れっ子スタイリスト(渡部篤郎)らとルームシェアするハメに。実はこの中で、次々と起こる事件を乗り越え、成功した人だけがマンションの所有権を獲得できるゲームに参加させられていた…。


 この脚本と演出を手掛けるのが大宮エリー氏。

東大卒で電通のCMディレクターから独立し、映画監督や放送作家も務めるマルチ女性脚本家だ。NHKで、謎の覆面レスラーの1分完結ドラマ「エル・ポポラッチがゆく!!」や、会社生活をパロディーにしたバラエティー「サラリーマンNEO」を手掛け、お堅い同局のイメージを覆したことでも知られる。


 「ROOM−」は彼女にとって民放の連ドラ初作品。「笑いながら、登場人物たちの成長を楽しんでもらえる作品にしたい」と気合が入る。この大宮ワールドを体現するには、リアルさの中に笑いを醸し出させる高度な演技力が要求される。


 フジの中島久美子プロデューサーは主演の水嶋について「繊細そうな見た目に反して、骨太で個性的な感性の持ち主」と語り、「普通の青年がどう成長していくか、振り幅のある役どころが楽しみ」と期待を寄せる。一方の杏には「若手女優の中でも群を抜いた演技力で、多くの共感を得ることができると思う」と太鼓判を押す。


 水嶋は「ワクワクしています。土曜ドラマは面白い作品が多い枠なので、違った色の作品にしたい」、杏も「初のコメディーなので、私の新しい一面を見せたい」と張り切っている。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。