『おくりびと』がアカデミー賞のノミネート候補に!圧倒的支持で決定!:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月12日

『おくりびと』がアカデミー賞のノミネート候補に!圧倒的支持で決定!

“納棺師”どんな仕事で誰がやってるのか?

★★★

『おくりびと』がアカデミー賞のノミネート候補に!圧倒的支持で決定!
2008年9月12日(金)12時58分配信 シネマトゥデイ

日本が誇る名作です。

 12日、第81回アカデミー賞外国語映画賞部門に、映画おくりびと』が日本代表として出品されることを社団法人日本映画製作者連盟が発表した。

滝田洋二郎監督、本木雅弘主演の本作は、先日第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞したばかりだ。

 選考委員長の品田雄吉は、選考理由について「滝田監督の演出が良かった。本木さんと山崎努さんの演技も非常に素晴らしく、『おくりびと』を推す声が圧倒的だった」と29作品あった候補の中で、委員の誰もが認める結果だったと明かした。さらに「納棺の儀式は日本固有の文化を描いており、国内外に伝えるべき作品である」と世界最大規模の映画祭に、日本代表として送り出すにふさわしい作品だと絶賛した。

 過去の出品作としては、第79回に出品した映画『フラガール』、第80回に出品した映画『それでもボクはやってない』など毎年出品してはいるがノミネートはされていない。

もしもノミネートされれば、第76回の映画『たそがれ清兵衛』以来の快挙となる。

ノミネート作品は2009年1月22日(現地時間)に発表され、授賞式は2月22日(現地時間)に開催される。

映画おくりびと』は9月13日より丸の内プラゼールほかにて全国公開

映画おくりびと』オフィシャルサイト http://www.okuribito.jp/

★★★

モックン&広末グランプリ!!…北米最大級モントリオール映画祭

モックン感激「だれも出席していないのに賞」/モックン引退宣言!?連日受賞会見にお疲れ



posted by ぴかまま at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画『おくりびと』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。