NHK「上海タイフーン」で話題のピーター・ホー、「W主演」騒動でムッツリ―台北市 :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月20日

NHK「上海タイフーン」で話題のピーター・ホー、「W主演」騒動でムッツリ―台北市

NHK「上海タイフーン」で話題のピーター・ホー、「W主演」騒動でムッツリ―台北市 2008年9月17日(水)18時7分配信 Record China

2008年9月15日、オムニバス映画「愛到底」の制作発表記者会見が行われ、人気ネット小説家の九把刀、ピーター・ホー、ヴァン・ファンらが出席した。

2008年9月15日、オムニバス映画「愛到底」の制作発表記者会見が台北市で行われ、人気ネット小説家の九把刀、ピーター・ホー(何潤東)、ヴァン・ファン(范逸臣)らが出席した。NOWnews網が伝えた。

「愛到底」は、香港の大手映画制作会社・星皓電影公司(filmko)による、台湾映画活性化プロジェクトの記念すべき第1作。九把刀をはじめ、人気作詞家のヴィンセント・ファン(方文山)ら異色の4人がメガホンを執ることで話題になっている。

この日の会場には、九把刀が監督の担当パートの主演俳優として、ピーターとヴァンが同時に登場。このW主演話にはちょっとしたいきさつがある。監督の九把刀は、大ヒット映画「海角七号」の主演をはったヴァンにぞっこんで、自ら出演交渉を持ちかけた。その一方、制作会社側では別途ピーターに出演を依頼。両者の主演話が同時進行していたことによるトラブルだった。

思いがけず顔を合わせたピーターとヴァンは、非常に気まずい雰囲気。不機嫌な面持ちのピーターは、単独インタビューも拒否して会場を後にしている。マネージャーによるとピーターはこの日、あくまで制作会社に祝賀を表すために出席したもので、「もともと映画とは一切関係がない」と話していた。(翻訳・編集/Mathilda)

NHK主演ドラマが放映間近のピーター・ホー、まもなく「スタパ」にも登場!―台湾

ピーター・ホーがチャリティー参加、憧れは「北斗の拳」正義のヒーロー―中国

ビビアンとピーター・ホーに白羽の矢!2010年「上海万博」主題歌の歌い手に―中国

ピーター・ホーが愛のキューピット役を放棄!?お嫁さんは「中国人希望」―上海市




posted by ぴかまま at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピーター・ホー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。