注目番組の視聴率:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月21日

注目番組の視聴率

注目番組の視聴率 2008年9月19日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ


●夏ドラマの勝者は「コード・ブルー」か

≪19.5%≫

 夏ドラマがもう少しで終了する。トップ争いは「太陽と海の教室」と「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」で、どちらもフジテレビだ。

 先週までの段階で1位は「コード・ブルー」で最終回は19.5%ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録し、平均では16%近くまで上昇した。

すでに新春スペシャルも決定して大成功だった。医療ものに山下智久新垣結衣戸田恵梨香比嘉愛未といった若手を起用し、脇を柳葉敏郎児玉清といったベテランで固め、最後はうまくまとめた。

 織田裕二主演の「太陽――」は先週段階で平均14%台後半。15日と22日の最終回でどこまで追い上げることができるか。織田はあれこれ書きたてられたが、合格点の15%以上でフィニッシュしたいところだろう。


●総裁選報道は異常な不人気

≪5.7%≫


 自民党総裁選のニュースはなんとも不人気。このことが明確に分かったのは、5人の候補者が生出演した10日の夜のニュースだった。

 5人の候補者が出演した「報道ステーション」は15%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を超えてもいいのに13.2%と低調。「NEWS23」は5.7%しか稼げなかった。各候補が何を訴えたいのかさっぱり伝わらないし、すでに疲れていたのか眠そうな候補もいた。あまりに盛り上がらないので、テレビは汚染米のニュースがメーンになった。

 そもそもひとつの政党の総裁選びをテレビが喜々として取り上げるのは異常だ。自民党をキチッと批判しないなら、単なる宣伝だし、公共の電波をタダで提供するのもどうかしている。TVマンは反省すべし。

(日刊ゲンダイ2008年9月16日掲載)

「コード・ブルー」、新春SP決定
注目番組の視聴率 2008年9月12日
<ドラマ視聴率>織田裕二、貫禄の20%越え 3年ぶり「月9」に関心高く

注目番組の視聴率


posted by ぴかまま at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。