女優・中島美嘉 6年ぶり連ドラ…TBS系「流星の絆」 :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月24日

女優・中島美嘉 6年ぶり連ドラ…TBS系「流星の絆」

女優・中島美嘉 6年ぶり連ドラ…TBS系「流星の絆」
 歌手の中島美嘉(25)が6年ぶりに連続ドラマに出演することが22日、分かった。

嵐の二宮和也(25)が主演するTBS系「流星の絆」(10月17日スタート、金曜・後10時)で、役名も明かされない謎の女を演じる。新曲「ORION」(11月12日発売)が同作の挿入歌にも決まった。

 女優・中島美嘉が久々に連ドラに戻ってくる。

 「流星の絆」は東野圭吾氏の人気ミステリー小説が原作。

小学生の時に両親を何者かに殺された3人の兄妹の絆(きずな)を、犯人と思われる男への復讐(ふくしゅう)なども交えながら描く。

人気の宮藤官九郎が脚本を担当し、青春ドラマの要素を加えたことも話題を呼んでいる。

 中島が演じるのは、原作にはないオリジナルキャラクター。主演で3兄妹の長男役の二宮和也が働くカレー店の常連客。まだ役名は明かされておらず、ミステリアスな謎の女という設定だ。第2話から登場するが、回を追うごとに重要度を増していくという。

 中島の連ドラ出演は、02年の日テレ系「私立探偵 濱マイク」以来6年ぶり2度目。映画「NANA」などで演技力には定評があり、那須田淳プロデューサーが挿入歌と同時に出演をオファーした。

 那須田氏は「3人の兄妹の生きてきた悲しみ、切なさを温かく救ってくれる曲を中島さんにお願いしたかった。女優さんとしても、ミステリアスな雰囲気がありながら温かさがある演技が前から好きだったので出演をお願いした」と話している。

 今年7月に森三中と結成したバンド「MICA 3 CHU」で激しいロックチューンを歌った中島だが、挿入歌の「ORION」は冬のオリオン座を題材にした壮大なバラードだ。中島といえば、03年のシングル「雪の華」もヒットしている。

 中島は「久しぶりのドラマ出演ということで、緊張していますが、今から楽しみ。挿入歌は、ドラマの内容にも合っているので、ドラマとともに楽しんでもらえたら」と話している。

★★★

二宮和也&錦戸亮“流石の絆”…ドラマ「流星の絆」ヒット祈願 

」の二宮和也(25)が21日、東京・永田町の日枝神社で、主演するTBS系ドラマ「流星の絆」(10月17日スタート、金曜・後10時)のヒット祈願を行った。

 原作は東野圭吾氏の同名小説で、両親を殺された3兄妹の絆(きずな)を描く。

ドラマ初共演で弟役のNEWS・錦戸亮(23)と酒席で親交を深めたという二宮は「自分と対極な(嵐の)松本君と、2人と仲良くできる人はなかなかいない。大人だなと思います」。

先輩に感心された錦戸は「台本に『セックス』とか『コンドーム』と載っているのを初めて見ました」と脚本・宮藤官九郎氏の世界観に刺激を受けていた。主題歌は嵐の「Beautiful days」(11月5日発売)。(2008年9月22日06時01分 スポーツ報知)




posted by ぴかまま at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | TBS系ドラマ『流星の絆』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。