宮崎あおい号泣 最年少22歳が409日間完走…「篤姫」クランクアップ :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月28日

宮崎あおい号泣 最年少22歳が409日間完走…「篤姫」クランクアップ


<宮崎あおい>「本当に幸せでした」 「篤姫」涙のクランクアップ

宮崎あおい号泣 最年少22歳が409日間完走…「篤姫」クランクアップ
共演者と抱き合い、涙を見せた宮崎あおい 

NHK大河ドラマ「篤姫」(日曜・後8時)が27日、東京・渋谷の同局でクランクアップを迎えた。

過去12年の大河ドラマで最高の平均視聴率24・0%(21日現在、関東地区)を記録中の人気作。

409日間にわたる撮影を無事に終え、泣き崩れた主演女優・宮崎あおい(22)は、この撮影に入る直前に結婚した夫の高岡蒼甫(26)と劇中で夫役を演じた堺雅人(34)に感謝の言葉をささげた。

 泣いた。宮崎は両手で顔を覆い、声を殺して泣き続けた。「ボロボロでごめんなさい。私は幸せ者でした。1年2か月、篤姫を生きることが出来て本当に幸せでした」。

演じる天璋院(篤姫)が49年の生涯を閉じるラストシーンを撮り終えると、スタジオの壁に「篤姫」の名シーンの映像が流れ、くす玉が割れた。桃色の紙吹雪が舞い、真っ赤なバラが贈られた。

 共演者たちから感謝の言葉を掛けられると、涙は大粒になった。

北大路欣也、小澤征悦、高橋由美子、そして予定になかった夫・家定役の堺がサプライズ登場すると、ひざから崩れ落ちて泣いた。「(物語では)亡くなっているので、生きていてくれただけで。大好きでした」。死別した夫に最後の告白をした。

 昨年8月15日から409日間。大河史上最年少(22歳1か月)の主役を完走した。薩摩に生まれ、徳川13代将軍・家定に嫁ぎ落飾後は天璋院となった「篤姫」が近年、低調続きだった大河ドラマを変えた。平均視聴率は24・0(21日現在)と最近12年で最高の数字。民放を含めた今年の連ドラでナンバーワンの人気を誇る。宮崎は「(高視聴率は)すごい心強かった。見ていてくれた方も泣いたり笑ったりしてくれたのかな」と視聴者に感謝した。「戦国こそが大河。幕末は視聴率を取れない」というジンクスを覆した。合戦の派手さがない分、ホームドラマの要素を取り入れ、広い層のファンを獲得した。



宮崎あおいを祝福する共演の堺雅人 そして、宮崎はもう1人、感謝したい人を挙げた。「今日で終わることを知っていたので『1年間お疲れ様でした』ってメールをくれました」。昨年6月に結婚。長丁場の撮影を陰でしっかり支えてくれた夫・高岡への感謝の気持ちを短い言葉の中に込めた。

 ◆堺もねぎらい ○…物語中盤で死別した堺は「思いもしなかった夫婦になった。役を離れて、モニターで見てみたら本当にきれいだと思った。ゆっくり休んで下さい」と宮崎をねぎらった。12月14日放送に最終回を迎えるが、11月30日放送の第48回で堺が再登場することがこの日、発表された。29日からは12月9日まで(月〜金曜・後5時)衛星ハイビジョンで再放送が始まる。

(2008年9月28日06時01分 スポーツ報知)

NHK大河ドラマ「篤姫」第39回「薩摩燃ゆ」

NHK「篤姫」最終回前に集中的に再放送


posted by ぴかまま at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『篤姫』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。