宮川大輔がバチスタで“脱眼鏡”宣言 :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月29日

宮川大輔がバチスタで“脱眼鏡”宣言

宮川大輔がバチスタで“脱眼鏡”宣言 2008年9月14日(日)7時14分配信 サンケイスポーツ

 お笑いタレントの宮川大輔(35)が10月14日スタートのフジテレビ系ドラマ「チーム・バチスタの栄光」(火曜後10・0、初回のみ10・10)にレギュラー出演することが13日、分かった。

 同作では初の医師役に挑戦し、トレードマークの眼鏡を外すという。映画「隠し砦の三悪人」に出演した際にも眼鏡を外しているが、現代劇でも“脱眼鏡”宣言。「はじめは違和感があると思いますが、外してみたかったので、いい機会だと思います」と話した。


 天才外科医・桐生(伊原剛志)率いる、心臓病手術の成功率100%を誇る“チーム・バチスタ”で術中死が連続発生。2人の男(伊藤淳史仲村トオル)の医療過誤か殺人かの謎に迫る。

宮川は鋭い攻撃性をもつ病理医・鳴海涼役で謎めいた人物。

宮川大輔、収録中に祝福され大感激 2008年9月15日(月)4時53分配信 サンケイスポーツ

 16日に36歳になるお笑いタレントの宮川大輔が14日、初の医師役で出演する10月14日スタートのフジテレビ系ドラマ「チーム・バチスタの栄光」(火曜後10・0)の収録中、主演の伊藤淳史らから祝福された。スタッフに「川口浩 探検シリーズ」のDVDをプレゼントされ大感激。「チーム・バチスタに入れて光栄です。頑張ります」とあいさつした。

伊藤淳史芸歴21年で初の連続ドラマ主演


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。