引っ込み思案の渡部篤郎が表舞台に登場した理由:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年10月11日

引っ込み思案の渡部篤郎が表舞台に登場した理由

引っ込み思案の渡部篤郎が表舞台に登場した理由 2008年9月25日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 渡部篤郎(40)が急に精力的に動き回っている。

 先週、「東京国際映画祭」のラインアップ発表会見に出席し、自身の監督デビュー作「コトバのない冬」をPRした。人前に出たがらない渡部が大きなイベントの“顔”として登場したのにはビックリだ。

 05年に村上里佳子と離婚して以来、渡部はフランスで演劇に出演した以外はハデな舞台から遠ざかっていた。しかし、ここにきて、夏ドラマ「ROOKIES」(TBS)にゲスト出演し、7月末には朝の情報番組「はなまるマーケット」(同)に登場して子供とのエピソードまで公開した。

 10月からはドラマ「ROOM OF KING」(フジテレビ)へのレギュラー出演が決まっていて、来年は映画が2本公開される。

「そろそろ、必死にやらないとヤバイと考えているんですよ。今回の初監督作品は05年の公開を目指していたのですが、一時は頓挫しそうになった。それだけに、思い入れも強く、何としてでも成功させたいのでしょう。これまでのように引っ込んでばかりでは映画のPRもままならないし、ドラマからも声がかからなくなってしまいますからね」(芸能関係者)

 渡部はかつてドラマで共演した中谷美紀との“復縁”もウワサされている。物入りもあるのだろう。

(日刊ゲンダイ2008年9月22日掲載)

中谷美紀&渡部篤郎が3年ぶり復縁

渡部篤郎(わたべ あつろう、1968年5月5日 - )は、日本の俳優。本名、渡部 篤(わたべ あつし)。東京都新宿区出身。オフィスまとば→レティシア所属(2005年3月から)。血液型はA型、身長は180cm。元妻はタレントの村上里佳子。2005年12月に離婚。

容姿や容貌は実年齢より老けて見られることが多いので、実際の年齢が分かりづらい。デビュー前は高校を中退し、母親のバーを手伝ったり肉体労働のアルバイトをして過ごし、アルバイト先の関係からエキストラ出演したのがきっかけで演技の世界にはいる。
丹波哲郎の学校に所属し、日活ロマンポルノにも出演。メジャーデビュー後、週刊誌で当時の作品が掲載されるが、「修行と駆け出しで何でもやった。」と述べた。
1991年、五木寛之原作ドラマ『青春の門』(テレビ東京)を渡部篤郎の名で主演(主人公・伊吹信介 役)。
1995年、大江健三郎原作、伊丹十三監督の映画『静かな生活』で、障害者の息子役を演じる。この作品で日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブル受賞。
1997年、ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』で、高岡早紀につきまとうストーカー役を熱演。
同年、小田和正監督作品『緑の街』出演。
TBSの金曜ドラマ『ケイゾク』シリーズの真山徹役で、トラウマをもった神経質な刑事を演じた。
小田和正の運転で後部座席に乗った渡部が、「ねぇ。また(映画)やろうよー」と小田に語りかける車のCMが話題を呼んだ。
元体操のお兄さんとして有名な佐藤弘道とは小学校・中学校の同級生である。

渡部篤郎 - Wikipedia

. ATSURO WATABE http://www.atsuro.jp/
. ATSURO WATABE http://www.atsuro.jp/index2.html
. 渡部篤郎 (俳優)のプロフィール - Yahoo!
. WATABE STALKERS http://www.biwa.ne.jp/~er0219/watabe.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。