<永作博美>人の不幸が快感? 主演舞台で自意識過剰なイタイ女性を熱演:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年10月21日

<永作博美>人の不幸が快感? 主演舞台で自意識過剰なイタイ女性を熱演

<永作博美>人の不幸が快感? 主演舞台で自意識過剰なイタイ女性を熱演
10月21日11時54分配信 毎日新聞

主演舞台の公開けいこを行った永作博美さん

 女優の永作博美さん(38)主演の舞台「幸せ最高ありがとうマジで!」(本谷有希子作・演出)の公開けいこが20日、東京・渋谷のパルコ劇場で行われた。自分のアドリブだけで人が不幸になっていく様子に快感を感じる主人公を熱演した永作さんは、公開を前に「ここまでぶっ飛んでいるとは。とにかく全心身を使ってやります」とコメントを寄せた。


 作・演出の本谷さんは、00年に「劇団、本谷有希子」を旗揚げし、07年に公開され永作さんも出演した映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の原作者でもある。今回、永作さんは「腑抜けども〜」で見せた純真な役とは逆の、自意識が強く「誰かと同じ」が嫌いな役柄を熱演している。

 物語は、街の新聞販売所に突然現れた「愛人」と名乗る明里(永作さん)が引き起こす復讐と愛憎が入り混じるブラックコメディだ。共演は、梶原善さん(42)、近藤公園さん(30)ら。

 本谷さんは「業はないんだけど、欲深すぎると人から言われるこの感じ。そんな演劇を渋谷のど真ん中でやらかしてやるんだ!」と言い、「キュートでエキセントリックな永作さんをお楽しみに」とコメントしている。

 21日〜11月9日まで、パルコ劇場、11月19日に倉敷市芸文館、11月21、22日には大阪のシアター・ドラマシティにて公演。【小林円】

「18年目の初主演を笑うな」永作博美、再評価のワケ

永作博美さん(四つの嘘)★「40代」すごく楽しみ


タグ:永作博美
posted by ぴかまま at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。