“おバカ”上地雄輔の連ドラ出演は失敗か :ぴかまま☆つれづれ日記

2008年10月28日

“おバカ”上地雄輔の連ドラ出演は失敗か

“おバカ”上地雄輔の連ドラ出演は失敗か 2008年10月27日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 秋ドラマで目立っているタレントのひとりは“おバカ”でブレークした上地雄輔(29)。

上戸彩と共演の「セレブと貧乏太郎」(フジテレビ)とHey!Say!JUMPの4人と共演の「スクラップ・ティーチャー」(日本テレビ)に主役級で掛け持ち出演している。

セレブ」は男手ひとつで3人の子供を育てる貧乏男、「スクラップ」ではダメ教師の役だ。

視聴率は「セレブ」が平均で16%超、「スクラップ」は12%超だが、役者としての上地の評価はどうなのか。放送評論家の松尾羊一氏がこう言う。

「人気が出て、来た仕事に飛びついちゃったという印象だね。役柄や立ち位置がはっきりしないまま出ているから、見ている方に伝わらない。『セレブ』では惨めなだけの男なのか、上流社会の欺瞞(ぎまん)が許せず報復する男なのか、『スクラップ』では軽蔑されるろくでもない先生なのか、だらしない教師なのかわからない。こんなことでは役者として中途半端に終わると思う」

 張り切っている点は評価できるが、空回りしている。

(日刊ゲンダイ2008年10月24日掲載)

上地雄輔 サプライズ発表って「紅白」出演の事?

<ドラマ視聴率>「流星の絆」、初回は21.2% 「スキャンダル」も好スタート
上戸&上地の“格差カップル”コメディー、視聴率17.6%と好スタート

上地雄輔 「若干ショック」な事実発覚
2008年10月26日(日)8時2分配信 J-CASTニュース

日本テレビ系ドラマ「スクラップ・ティーチャー」に出演している上地雄輔は、共演する六角精児と父親の共通点を紹介している。2008年10月25日のブログから。

六角はドラマで、上地が教師を務める中学校の教頭役を演じている。「丸顔なのに六角」「どっかの胃薬の名前みたいな響き『ろっかくさん』」と、おちょくる上地。ところが六角は芸名で、本名は山地克明だとわかる。

「今日初めて聞いて、違いすぎて笑いました。
ちなみにうちのオヤジは上地克明です。
若干ショックです」
六角曰く、26年前に思いつきでつけた芸名で、後戻りできなくなった。上地は、「じゃーもしやり直せるとしたら芸名何にします?」と聞くと、六角は「みどりがめ和夫」と答えた。

「優しくて
楽しくて
名俳優で
素敵な
みどりがめ‥いや六角さんを
みんなもいっぱい応援してください!
本当に良い人だよ」
今度、飲み放題800円の居酒屋に、連れていってもらう約束をしたそうだ。


posted by ぴかまま at 05:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。