塚本高史さん(6時間後に君は死ぬ)★ずっと楽しきゃいい:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年11月24日

塚本高史さん(6時間後に君は死ぬ)★ずっと楽しきゃいい

塚本高史さん(6時間後に君は死ぬ)★ずっと楽しきゃいい

 優等生的に、自分を飾るつもりはないらしい。

 普通、役者は放送前の出演作にはプラスなことしか言わないもの。「あったかい人間模様を見てほしいと思って演じた」という今作について、「できあがりが暗いサスペンスだったら少し残念」と、遠慮がない。

 デビュー当時を語っても、「最初の4、5年は何が面白いんだろうと思っていましたね」。中学生の時にオーディションで芸能界入りした。だが、ドラマに役を得ても自分の場面しか台本を読まず、放送で物語を知るという具合だった。

 一転したのは2000年。映画「バトル・ロワイアル」で、故・深作欣二監督の作品作りに触れた。「こんなオレでも認めてもらえるような場所があるなら」。初めて真剣に演技と向き合った。やがていくつかのヒット作を経て「大勢が一つの作品に注ぐ気持ちのでっかさ」を感じるようになる。

 現場に遊びに行く、が今の身上。「つまらなくなればやめる。今が楽しきゃいい、と言うと怒る人がいるけれど、全然悪いことだと思わない。楽しいのがずっと続けばいいわけだから」。結ぶ言葉も刺激的だった。

 文・清岡央

 写真・多田貫司

Q ドラマ以外に出てみたいテレビ番組は。

A 今はないですね。バラエティーがもっとはやっていたころ、役者とか女優さんが一つのコーナーだけ出たりして、いいなと思っていましたが、出演のきっかけがありませんでした。

Q 休日の楽しみは。

A 家でぼけっとすること。昼間から酒飲んで、こんな幸せないって気持ちになります。オヤジですよ、もう。

Q カラオケは行きますか。歌う曲は。

A 行きます。よく歌うのは森山直太朗。「さくら」とか。

Q 今夢中なことは。

A ちょっと前は、オンラインゲーム。本当に引きこもりなくらいやっていましたけれど、今はもっぱらポータブルゲームです。

6時間後に君は死ぬ(WOWOW28日後10.00)
 美緒(真木よう子)は街で突然、未来が見えると言う圭史(塚本)から「6時間後に死ぬ」と告げられる。知人が殺された後、ストーカーに悩んでいた彼女は、半信半疑ながら彼と行動を共にする。

プロフィール
つかもとたかし
 1982年10月27日、東京都生まれ。映画「バトル・ロワイアル」やTBS系ドラマ「木更津キャッツアイ」で注目を集め、映画やテレビドラマで活躍。最近ではNHKのドラマ「監査法人」で主演した。

(2008年9月12日 読売新聞)

1児のパパ”塚本高史はイメチェンしたら!?
この人物のオモテとウラ 塚本高史(俳優)


タグ:塚本高史
posted by ぴかまま at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。