中島丈博脚本で 昼帯「非婚同盟」:ぴかまま☆つれづれ日記

2009年01月30日

中島丈博脚本で 昼帯「非婚同盟」

中島丈博脚本で 昼帯「非婚同盟」

東海テレビの昼の帯ドラマ「非婚同盟」が今週始まった。「真珠夫人」「牡丹と薔薇」を手がけた中島丈博の脚本で、揺れ動く時代を駆け抜けた女性たちの人生を描く。全13週。

 1974年、東京。12歳の由起子の家に突然、父(風間トオル)の愛人(三原じゅん子)と連れ子の姉弟がやって来た。母(いとうまい子)と愛人が繰り広げるバトルへの嫌悪感から、由起子と姉娘の間に友情が芽生え、同級生の和子も含めた3人の間に奇妙な連帯感が生まれる。そして大人になった3人(佐藤仁美秋山エリサ李千鶴)は“非婚同盟”を結ぶが……。

 ヒロイン由起子役の佐藤は名古屋出身。「中島作品は視聴者として楽しんで見ていたので、運命的なものを感じています」。また、秋山は「とても挑戦的な作品。3人は三者三様の非婚観、価値観を持っていると思うので、見ている方にもその部分を感じ、恋愛や結婚について考えてもらえたら」と話していた。

(2009年1月8日 読売新聞)


posted by ぴかまま at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。