羞恥心解散でおバカブームも終了か:ぴかまま☆つれづれ日記

2009年02月19日

羞恥心解散でおバカブームも終了か

羞恥心解散でおバカブームも終了か
2009年1月16日(金)15時0分配信 内外タイムス

羞恥心解散で おバカブームも終了か

 フジテレビの正月特番で、最後のライブを行い解散した人気ユニット「羞恥心」。

解散とともに、羞恥心がけん引してきた“おバカブーム”も終えんを迎えそうだ。

 「羞恥心のプロデューサーの島田紳助は“おバカブーム”が下火になりそうなことを見据えて解散を決めた。紳助は新たに、お笑いタレントのオーディションをして、『新羞恥心』を結成しようとしているようだが、どこまで本気かは分からない」(お笑い番組関係者)

 大みそかのNHK紅白歌合戦では歌手別視聴率トップの47.8%を獲得した羞恥心。ブレークした番組の正月特番、「クイズ!ヘキサゴンII 超クイズパレード! 新春3時間スペシャル」(フジテレビ、1月2日放送)で解散ライブを行ったが、こちらは数字はイマイチだった。
 「視聴率は12.1%にとどまった。この数字は、普段のレギュラー放送よりも下。紅白を最後に『羞恥心』は過去のものなったような気がします」(同)
 羞恥心はこれで解散したが、ともに紅白に出場した「Pabo」はまだ解散していない。しかし今後はかなり厳しいとみられる。

 「Paboの中で、スザンヌはバラエティーなどにも出演しているので、生き残れる。しかし、木下優樹菜は売りのヤンキーキャラが飽きられ、あまりアドリブが利かない。里田まいは他の2人に比べるとトークもキャラも数段落ちるので、本人もそのことについてかなり悩んでいた」(芸能プロダクション関係者)

 解散した羞恥心の3人にしても、今年はくっきりと明暗が分かれそうだという。

 「つるの剛士は親しみ安いキャラでソロでもやっていけるでしょう。

上地雄輔は、羞恥心がブレークしたため、ドラマやバラエティーに引っ張りダコ。しかし、売れすぎたために、他のプロダクションなどから反感を買っています。

野久保直樹は里田同様、他の2人に引け目を感じ、ブログではストレスで口内炎ができたことを告白。羞恥心時代は上地に遠慮し封印していた“野球キャラ”を解禁しましたが、ピンでは厳しい」(同)
 となると、やはり“おバカブーム”もそろそろ終えんか。
 「確かに羞恥心の突き抜けたバカっぷりは視聴者に支持された。しかし、ほかのタレントが同じことをしても、食傷気味で受けないでしょう」(同)
 “おバカ”に変わる芸能界のトレンドが必要となりそうだ。

おバカキャラはもう返上!“モテ男キャラ”上地雄輔


posted by ぴかまま at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。