マナカナから多部未華子に“朝の顔”バトンタッチ:ぴかまま☆つれづれ日記

2009年03月28日

マナカナから多部未華子に“朝の顔”バトンタッチ

マナカナから多部未華子に“朝の顔”バトンタッチ3月18日12時41分配信 オリコン

NHK連続テレビ小説ヒロインバトンタッチセレモニーに登場した新ドラマ『つばさ』ヒロインの多部未華子と『だんだん』ヒロインの三倉茉奈、三倉佳奈


 NHK朝の連続テレビ小説だんだん』のヒロインを務めた女優の三倉茉奈、三倉佳奈と次期ドラマ『つばさ』のヒロインの多部未華子が18日(水)、東京・渋谷の同局でバトンタッチセレモニーを行った。

史上初の2度目の朝ドラヒロインを務めてきたマナカナは「私たちは一度も風邪をひいたり、倒れたりしなかったので、多部さんもしっかり食べてしっかり寝て頑張ってほしい」とエール。多部は「スタッフさんに『今まで見た女優さんで一番食べる』と言われてるので大丈夫かな」と茶目っ気たっぷりに意気込みを語った。

キュートな笑顔の『つばさ』ヒロイン・多部未華子

 多部はドラマの舞台となる川越まつり用の名入り提灯などを贈呈。マナカナはドラマにちなみ島根・宍道湖の名物品「ヤマトシジミ」や飾り扇、飾りうちわなどをプレゼントし“バトン”を受け渡した。初対面のマナカナに激励された多部は2人を見比べ「似てるな〜」としみじみと語り、会場に集まった報道陣を和ませた。

 茉奈は約1年間の撮影を振り返り「幸せと達成感に満ち溢れています」。佳奈も「一年以上『だんだん』浸けの毎日だったけど、早かったなと。充実した毎日でした」と満面の笑みをみせた。

 現在放送中の『だんだん』は3月28日(土)まで、『つばさ』は30日(月)よりスタート。

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

和菓子屋『甘玉堂』のつばさは短大を卒業したら祖母の跡を継いでおかみになりたいと考えるしっかり者。10年前に母・加乃子が家出をし、以来主婦役を引き受けてきたつばさにとって、一番大切なのは“家族と店”だった。ところが、突然“不肖の母”が借金とともに舞い戻り、それが元で一家は江戸時代から続く老舗を手放すことに……。奔放な母と働き者の娘は、「娘が母」で「母が娘」のあべこべ。そんな母娘が巻き起こす、笑いと涙の物語。

出演: 多部未華子高畑淳子、中村梅雀、金田明夫、佐戸井けん太、小柳友、冨浦智嗣、西城秀樹、吉行和子ほか

ハチャメチャ&ぶっ飛び!? 多部未華子のアレ開花

多部未華子「ビックリ…」誕生日ケーキに号泣

★★★

NHK朝の連続テレビ小説つばさ

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』(多部未華子)2009年4月〜

★★★

娘役の多部を溺愛?母・高畑淳子もうっとり
2009年3月21日(土)8時0分配信 サンケイスポーツ

 30日スタートのNHK連続テレビ小説「つばさ」(前8・15)にちなみ、東京・西武新宿線西武新宿駅で20日、ヒロインの女優、多部未華子(20)ら出演者のステッカーがはられた「ラッピング列車」の出発式が行われた。

 ドラマの舞台、川越に向かう特急小江戸号の側面は、106枚のステッカーで飾られた。式に登場したヒロインの母を演じる女優、高畑淳子(54)は、車両側面でほほえむ多部に「かわいいねぇ」とうっとり。

 ただ、ステッカーの大半が多部であることに気付くと「自分のところに矢印をつけて、目立たせようかしら」。最後は多部に対抗心メラメラ? だった。

大河ドラマ篤姫で家定の母・本寿院を熱演中・高畑淳子さん「スタジオパークからこんにちは」に登場


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。