猿ロック:ヤングマガジンのマンガ 市原隼人主演でドラマ化:ぴかまま☆つれづれ日記

2009年07月21日

猿ロック:ヤングマガジンのマンガ 市原隼人主演でドラマ化

猿ロック:ヤングマガジンのマンガ 市原隼人主演でドラマ化

テレビドラマ猿ロック」で主演を務めることが決まった市原隼人さん 

週刊ヤングマガジン講談社)で連載中の「猿ロック」(芹沢直樹さん原作)が、俳優の市原隼人さん(22)主演でテレビドラマ化されることが分かった。7月23日スタートで、毎週木曜日午後11時58分に放送される。

 市原さんが演じる主人公は、情と美女にはめっぽう弱いが、どんな鍵でも開ける天才的な能力を持つ鍵屋の「サル」こと猿丸耶太郎。さまざまな事件に巻き込まれながら、人の心の「鍵」も開けていく……というストーリー。

ヒロインのリツコ役は女優の芦名星さん(25)、サルの悪友・山本役は渡部豪太さん(23)、警察官の山田役は高岡蒼甫さん(27)がそれぞれ演じる。

 市原さんは「初めてこんなにセリフが多い台本をもらったので、自分のものにして楽しんでいきたい。パワー全開の作品にしたい」と話している。【河村成浩】

2009年6月3日

市原隼人が大ヒットコミック「猿ロック」ドラマ化で主演!「楽しんでぶっ飛んで演じていきたい!」«前のニュース次のニュース»
2009年6月3日 7時43分

自分のものにして楽しんでいきたい。市原隼人

[シネマトゥデイ映画ニュース] 俳優の市原隼人が、大ヒットコミック「猿ロック」の実写テレビドラマで、主演を務めることがわかった。

 原作は、週刊ヤングマガジンで掲載中の芹沢直樹による「猿ロック」。2004年の連載以来、人気を集め、ついに実写ドラマ化となった。今回市原が演じるのは、浅草の寂れた鍵屋「猿丸ロックサービス」のアイドル好き童貞高校生サルこと、猿丸耶太郎。鍵を開けることに関しては天才的で、そのまっすぐな性格から、閉ざされた人の心まで開けてしまうという人情味あふれるキャラクターだ。

 今回の起用について市原は「今までで初めてこんなにセリフが多い台本をもらったので、自分のものにして楽しんでいきたいと思っています。これから撮影ですが、『あ、今おれこうやって演じていたんだ』ってくらい集中して、その時間を楽しんでぶっ飛んで演じていきたいと思っています!」と力強くコメント。

 第1話と第2話では、耶太郎が幼なじみのリツコに頼まれ、売春あっせんの疑いがあるデートクラブに侵入し、友人エリの恥ずかしい写真とビデオを取り戻すというミッションが描かれていく。峰不二子的存在のリツコを演じるのは、芦名星。そのリツコにあこがれる警察官を高岡蒼甫、アイドルファン仲間であり、耶太郎の相棒となる山本を渡部豪太が演じる。市原は「出演者同士のチームワークもこれからがっちり固めて楽しみながら演じていきたい」と気合十分だ。

 なお本作は、市原主演で映画化される予定。市原が出演していた人気テレビドラマシリーズの劇場版、映画『ROOKIES -卒業-』は公開2日間で興行収入12億円超えの記録を達成したばかり。本シリーズもその流れを受け継ぐことができるか? 市原版「猿ロック」に期待したい。

テレビドラマ「猿ロック」は7月23日より読売テレビ、日本テレビ系にて夜11時58分から放送開始

☆☆☆

脇の甘さで「24時間テレビ」出番なしのウワサも浮上の夏目三久


posted by ぴかまま at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。