常盤貴子 豊川悦司のおかげで成長する:ぴかまま☆つれづれ日記

2009年11月09日

常盤貴子 豊川悦司のおかげで成長する

常盤貴子 豊川悦司のおかげで成長する
2009年11月9日(月)0時29分配信 アメーバニュース

 大河ドラマ天地人』の主演を務める女優・常盤貴子(37)が、7日、『土曜スタジオパーク』(NHK)に出演した。常盤がトーク番組に出るのは、非常に珍しいこと。番組では、彼女の歴史を振り返りつつ、プライベートにも触れていった。

 ドラマ『悪魔のKISS』(フジテレビ系、93年)でブレイクした常盤に、女優としての意識革命をもたらしたのは豊川悦司(47)だった。95年ドラマ『愛していると言ってくれ』で、恋人役として共演した2人だったが、撮影以外での会話はなかったという。

「8話のときに、初めて豊川さんに『台本読んでどう思った?』としゃべりかけられたんです。でも、私は台本を覚えるのみだったので、『どうなんでしょうね』と言葉を濁してしまった。それから、また話しかけられなくなりました。ちゃんと話も考えて演技しなきゃいけないんだと思い、それから変わりましたね」

『天地人』では、ヒロイン・お船の気持ちを理解するために、お船が当時出向いていた場所に、撮影前に自ら足を運び、演技のヒントを得たという常盤。『天地人』が始まる前は、「飽き性だから、同じ役を1年間続けることなんて考えられなかった」らしいが、今では「同じスタッフであと1年やりたい」と語った。

 番組では、このドラマを通して仲良くなった女優・あき竹城からの手紙に涙を流す場面も。1月から始まった『天地人』の最高視聴率は26.0%(10月31日放送分まで)。残りはあと3回だ。

★★★

酒井被告あす判決 依存性どう判断

志田未来、ヤンキー演じたい


posted by ぴかまま at 04:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。