能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん(リアル・クローズ)3姉妹 演技ではライバル:ぴかまま☆つれづれ日記

2009年12月15日

能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん(リアル・クローズ)3姉妹 演技ではライバル

能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん(リアル・クローズ)3姉妹 演技ではライバル

 「顔はみんな、ナマケモノ系な気がする」。互いを見比べて香里奈が言うと、姉2人もうなずいた。味わいが違う顔立ちだが、共通する高く通った鼻筋を見ていると、少しわかる。

 長女から三女まで5歳差だが、アン、エレ、カリと対等に呼び合う。しかし、どんなに仲が良くても、恋と演技の話は絶対しない。理由は「気持ち悪いから」。恋は別にしても、演技では末妹が先を歩く立場と微妙に関係するのかもしれない。

 モデルでは、あんなが先輩。妹2人は「笑いたくなくても笑っているはず」(香里奈)と冷ややかだったが、3年後、当時高2のえれな、中3の香里奈も同じ道を志す。

 ドラマは香里奈が最初。「語尾が名古屋弁でなまっていた」(あんな)と妹を心配していた姉たちも後を追い、今作では売り場のライバルとして火花を散らす。

 香里奈は自信、あんなは芯の強さ、えれなは控えめさと、発言が醸し出す個性もバラバラ。だが、今後の目標は、そろって「一歩ずつ成長したい」。鼻筋以外で似た所が、最後の質問でようやく見つかった。
文・辻本芳孝
写真・小浜誓

 Q 名古屋の食べ物で一番好きなのは?(神奈川県 さっちん)

 A 香里奈「みそカツ、みそ煮込みうどん、ひつまぶし、手羽先、ういろう、きしめん、天むす、あんかけスパ……。全部です」

 あんな「なかなか食べられないので、地元にいた頃より愛着がわきます」

 えれな「家でも、みそおでんとか作ります」

 Q 姉妹で住んで楽しいことは?(神奈川県 まりりん)

 A 香里奈「一緒の時は買い物や食事、カラオケなどに行きます」

 あんな「荷物は力持ちの香里奈。私が日曜大工、えれなが家事を担当します」

 Q ケンカすることは?(大阪府 マロン)

 A 香里奈「ありますが、誰かが『もう、いいわ』で終わり。引っ張りません」


リアル・クローズ(フジテレビ系 火曜後10.00)
 婦人服売り場に異動した絹恵(香里奈)がカリスマ部長の美姫(黒木瞳)と出会い、成長する姿を描く。美姫のアシスタントが瑞穂(能世あんな)とアヤ(えれな)。


プロフィール
能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん
 のせ・あんな(長女) 1979年3月9日生まれ。えれな(次女) 82年3月12日生まれ。かりな(三女) 84年2月21日生まれ。2001年、フジテレビ系「カバチタレ!」でドラマデビュー。3人とも名古屋市出身。

(2009年12月7日 読売新聞)

★★★

ポスト竹内結子 瀧本美織


posted by ぴかまま at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。