この人物のオモテとウラ 田中美奈子(女優):ぴかまま☆つれづれ日記

2010年01月19日

この人物のオモテとウラ 田中美奈子(女優)

この人物のオモテとウラ 田中美奈子(女優)
2010年1月16日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●第2子出産で、アラフォーに元気を

 女優の田中美奈子(42)が昨年12月に第2子を出産していた。一昨年に引き続きの出産で、婚活に励むアラフォー世代に元気を与えている。

 田中といえば89年に野性的な瞳に1億円の保険を掛けたことで話題となった。かつては超ミニスカートの美脚で90年代に“学園祭の女王”と呼ばれた彼女だが、現在どんな活動をしているのだろう。

 田中は八千代松陰高等学校在学中の84年に「第3回ミスマガジン」準グランプリを受賞。87年ドラマ「生徒諸君!」で女優デビュー、91年「もう誰も愛さない」でブレークした。また89年「涙の太陽」で歌手デビューも遂げたが、歌唱力よりも超ミニスカートから露出した美脚に注目が集まった。トレンディードラマから大河ドラマまで、80〜90年代のドラマに数多く出演。同時に、複数の男性と浮名を流し、恋多き女という印象が強かった。

 03年1月にTBS昼ドラ「ワンハート〜この空の下で〜」で、5人の“母親役”をこなした田中とは、天と地の差。母親よりもまだまだ“恋女”田中をアピールしたかに見えた。

 ところが07年、7歳年下の俳優・岡田太郎とあっさり結婚。何と2人は15年前から家族ぐるみのつきあいをしていたのだ。しかも同じ町内に住んでいたというから、“手近なところで選んだ”印象。だがお互いの家を行き来しているうちに、岡田の誠実な性格に次第にひかれたのだという。野球歴12年、サーフィン歴10年というスポーツマンの岡田と、スポーツ大好きな田中との意気投合もごく自然なこと。長い時間をかけて愛をはぐくみ、人生のパートナーを選んだ田中。結婚には慎重だったといえる。

 翌年には、40歳で長女を出産。その後は芸能活動より、もっぱら動物愛護団体NPO法人「Ever Lasting Friends」の代表として活躍している。


●タカビー印象とは正反対の素顔

 田中は根っからの動物好きで、子供の頃から捨てられた犬や猫を見ると放っておけなかった。同NPOの前身として、99年動物愛護団体「elf」を設立した。

 きっかけはテレビ番組で訪れた英国でのトリマー(動物の理容師)修業。動物虐待に対する法整備や、ケアの充実に感激。帰国後、すぐに専門家を訪ね、ボランティア事情を調べ、他団体を見学した。また愛玩動物飼養管理士の資格を取得するなど本気を見せた。賛同者3人で始めた「elf」は、たちまち会員数200人を超え、捨て犬、捨て猫の保護、里親探し、全国各地のイベントでの啓蒙(けいもう)活動も盛んになった。里親が見つかるまで、実家で「一時預かり」もいとわず、飼っていた猫9匹に加え、保護している犬猫が10匹という時期も。

 ドラマ「ワンハート」で共演した竜小太郎も、日刊ゲンダイ本紙のインタビューで「気さくでちゃめっ気がある人。ペットの飼育やマナーにとても詳しい」と褒めている。田中は外見の印象とは全く異なり、優しさも兼ね備えているのだ。

「これからアラフォーの体にむち打って子育て頑張りま〜す!」とブログで育児への意気込みも表明した田中。動物を愛するように、子供に対する母性も光り輝いている。

日刊ゲンダイ2010年1月13日掲載)

. 田中美奈子 - Wikipedia

2. 田中美奈子
3. 田中美奈子オフィシャルブログ「mama's blog」Powered ...
4. 田中美奈子:タレントデータベース
5. 田中美奈子 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

★★★

TOSHI「破産」夫人とは10年前破綻
松浦亜弥に対し「すっぴんあやや可愛い」の声殺到
後藤理沙 結婚・離婚・美容整形告白の反響に仰天
椎名桔平と山本未來に待望の第1子


posted by ぴかまま at 03:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。