菅野美穂さん(曲げられない女)私は「信念持たない」人:ぴかまま☆つれづれ日記

2010年01月20日

菅野美穂さん(曲げられない女)私は「信念持たない」人

菅野美穂さん(曲げられない女)私は「信念持たない」人

 信念を曲げない主人公・荻原早紀について、自分とは違うキャラクターだと言い切る。「私は、信念は持たない方がいいと思って生きてきた。自分が固いと、相手がぶつかってきた時にけがをするから」

 一方で、「自分を貫くことは責任を負うこと。自分の人生を選んで積み重ねている充実感が、早紀にはあるのでは」とも話す。台本を読めば「独身で働いていても結婚して子供がいても、大変さは一緒かなと思った」。そんな頭の柔らかさがあるから、同年代の女性たちの様々な生き方を違和感なく演じられるのだろう。

 30歳を過ぎ、スケジュールをきつく感じることもあるが、経験を積ませてもらった連続ドラマは“自分のベース”。「みっちりやると力強く、元気になれる気がする。今回も、演じているうちに新しい価値観が芽生えるのでは」

 今回の作品では、脚本の遊川和彦の要求水準が高いのだそう。「今までとは違う表現方法が求められている」。淡々とした無表情の中に、情熱や抑圧された部分をいかに入れるか。1クール(3か月間)の真剣勝負が始まった。
文・小林佑基
写真・佐々木紀明

Q 旅の思い出の場所は?(神奈川県、こまちさくら)

A 衝撃だったのはインドですね。でもどこに行っても好きになるし、また来たいと思います。

Q 生まれ変わるなら男と女どっちがいい?(神奈川県、ヒロータ教授)

A 最近本を読んで、男の人に生まれたかったと思いました。バックパッカーもできるし。

Q ヨガを続けて精神的に変わった点は?(群馬県、石田靖子)

A 焦っている自分を確認して、リラックスできるようになりました。

Q 最近うれしかったことは?(千葉県、福寿草)

A スペシャルドラマで共演した津川雅彦さんが食事会を開いてくださったことです。単発ドラマだと食事をする機会がなかなかないので、すごくうれしかったです。

曲げられない女(日本テレビ系 13日から水曜後10・00)

 弁護士事務所の助手・荻原早紀(菅野美穂)は、有能だが司法試験に落ち続け、便利な事務員扱いの独身女性。仕事や彼との結婚に折り合いをつけろ、と言われても生き方は曲げられないのだった

★★★

井上陽水の長女・依布サラサが「踊る!さんま御殿!!」でシングルマザーを告白
山本耕史の新ターゲットは水川あさみ!?

一躍注目浴びるTOSHIの妻とは
TOSHI「破産」夫人とは10年前破綻

冬ドラマ“真っ正直対決”は佐藤隆太の完敗
【ドラマの見どころ!】 『コード・ブルー』『特上カバチ!!』『ヤマトナデシコ七変化』『左目探偵EYE』続々とスタートしたジャニーズ・ドラマ!
夏川りみが第1子を妊娠、現在は自宅療養
夫のため?一肌脱ぐ中山美穂

★★★

及川奈央「龍馬伝」に抜擢されて“添い寝シーン”演じる
山下智久主演・新月9『コード・ブルー』続編、初回視聴率18.8%



posted by ぴかまま at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。