自ら受賞発表 余貴美子2年連続最優秀助演女優賞…日本アカデミー賞授賞式:ぴかまま☆つれづれ日記

2010年03月10日

自ら受賞発表 余貴美子2年連続最優秀助演女優賞…日本アカデミー賞授賞式

自ら受賞発表 余貴美子2年連続最優秀助演女優賞…日本アカデミー賞授賞式

プレゼンター自ら、受賞者となった余貴美子 

第33回日本アカデミー賞の授賞式が5日、都内で行われた。

 助演女優賞は「ディア・ドクター」の余貴美子(53)が2年連続で受賞。

前年度の受賞者がプレゼンターを務めるため「最優秀助演女優賞は、余貴美子です」と自分で自分をアナウンス。「あり得ないことと思っていたので、全く何も考えてこなかった」と目を白黒させた。

 小劇団「自由劇場」からスタートした34年の女優人生を振り返り「遠い存在の賞だったので現実となって胸が痛いくらいうれしい。またこの場に立てるようお芝居を粗末にすることなく頑張りたい」と決意を新たにしていた

★★★

渡辺謙、涙の戴冠「一番ほしかった


posted by ぴかまま at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。