彼女がキレイな理由:松下奈緒 「ゲゲゲの女房」主演 フィルムカメラで風景を撮影:ぴかまま☆つれづれ日記

2010年05月01日

彼女がキレイな理由:松下奈緒 「ゲゲゲの女房」主演 フィルムカメラで風景を撮影

彼女がキレイな理由:松下奈緒 「ゲゲゲの女房」主演 フィルムカメラで風景を撮影

フィルムカメラを持ち歩き風景などを撮影しているという松下奈緒さん 

放送中のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロインを演じている松下奈緒さん。

マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者、水木しげるさんの妻・武良布枝(むら・ぬのえ)さんの自伝「ゲゲゲの女房」を原案にしたドラマで、松下さんは武良さんをモデルにした主人公・布美枝を演じている。ヒロインに選ばれたときは「うれしさと不安が入り交じった複雑な心境だった」という松下さん。「ゲゲゲの女房」は朝の連続テレビ小説として48年ぶりに放送時間を変更し、午前8時開始となった。その初代ヒロインになったことについても「重い」と感じたという。そんな松下さんのこだわりはカメラ。父から譲り受けたフィルムカメラで、旅行に行く際には心に残った風景を撮影するという。また、毎朝飲む野菜ジュースは業務用のジューサーを使って作る本格派。松下さんにさまざまな“こだわり”について聞いた。(細田尚子/毎日新聞デジタル)

 松下さんは、映画デビュー作「アジアンタムブルー」(06年)で新進カメラマンを演じることになり、自宅でカメラを探していたところ、父が10代のころに愛用していたというフィルムカメラ「オリンパスOM2」を手渡されたという。「最初は役作りのために持ち歩いているだけだったんですけど、だんだんと撮るのが面白くなって、それ以来、使ってますね。30年くらい前のカメラで、使いやすいとはいわれているタイプなんですけど、自分で露出とか、いろいろと触りながら撮っています」と、海外旅行に行く際などに持っていって風景などを撮影している。「フィルムなので発色がきれいで、あとわざとモノクロフィルムで撮ったり。現像してみたら意外と面白いところが光っていたり、デジタルカメラとはまた違った味がある」とフィルムカメラの特性を楽しみ、「今後は動物とか、むずかしいと思いますけど人を撮ってみたい」と目を輝かせる。

 松下さんは、ドラマや映画で活躍する女優である一方、音大でピアノを学んだピアニストで歌手デビューもしている音楽家の面も持つ。多忙な中で健康には人一倍気を遣い、毎朝飲む手作りの野菜ジュースにもこだわりがある。「毎回絶対に入れるのはリンゴとオレンジとニンジン。あとは、たまにジャガイモやセロリも入れたり。野菜ジュースを作るためにわざわざ業務用のジューサーを買いました(笑い)。口が大きいのでリンゴが丸ごと入れられたり、小ぶりなキャベツぐらい入りそう。音が少しうるさいんですけど、ミキサーにかけるのが快感なんです。分量が分かってきたので、おいしくできるし、繊維も取れるし、野菜ジュースを飲むのは毎朝欠かせないですね」という。

 食べる方は「基本的には何でも食べます。焼き肉の食べ方にはけっこううるさいかも。順序をふんで焼いていかないと納得しないタイプなので、(自分の流儀で)他人の分まで焼いちゃって、人のお皿にポンポン乗せていくんです。(乗せられた相手からは)『自分のペースがあるので、やめてよ』ってよく言われるんですけど(笑い)」と焼き肉や鍋料理では“奉行”役をすすんでつとめる。

 また、健康維持のために睡眠はきちんと取るようにしている。「睡眠は体の健康にも精神的な健康にも一番効くと思う。だいたい日付が変わる前には寝るようにしています」という。「8時間以上眠りたいんですけど、この仕事を始めてからはそうもいってられないので、寝る前に体を動かしたり、長風呂に入って体を疲れさせてから、寝るときは集中して寝るようにしています」と快眠法を披露した。

 次回は、昭和30〜40年代の東京都調布市を舞台にした「ゲゲゲの女房」の撮影エピソードや松下さんの仕事に対する姿勢などを聞いた。

 <プロフィル>

 1985年2月8日、兵庫県出身。3歳のころからクラシックピアノを習う。04年に東京音大音楽学部音楽学科ピアノ専攻に入学。同年、ドラマ「仔犬のワルツ」(日本テレビ系)で女優デビューを果たす。05年、ドラマ「恋におちたら〜僕の成功の秘密」(フジテレビ系)でヒロインを務め、注目を集める。07年、ドラマ「Good Job〜グッジョブ」(NHK)で主演。08年にはスペシャルドラマ「課長島耕作」「課長島耕作2〜香港の誘惑」(日本テレビ系)で大町久美子役を演じる。映画は06年の「アジアンタムブルー」で主演デビューした後、07年の「未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン」「XX(エクスクロス) 魔境伝説」、08年「チェスト!」「砂時計」と立て続けに主演映画が公開された。ピアニストとしては、07年4月に東京芸術劇場で開かれたコンサートで日本フィルハーモニー交響楽団(渡邊一正指揮)とモーツァルトのピアノ協奏曲第20番で共演。同年7月、劇場版アニメ「ピアノの森」の主題歌「Moonshine〜月あかり〜」で歌手デビューも果たす。08年3月に大学を卒業。同年12月、「第50回日本レコード大賞」(TBS系)で司会を務める。3月から放送中のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」にヒロイン・布美枝役で出演。

「朝からステーキOK!」次の朝ドラ女優、松下奈緒は肉食系
「ゲゲゲの女房」ヒロイン・松下奈緒が奏でる家族愛…インタビュー
<松下奈緒>人生初の白むく姿を披露 出会って5日後に結婚式 「ゲゲゲの女房」

NHK赤っ恥!あれだけ宣伝したのに「ゲゲゲの女房」最低視聴率

★★★

ついに“口止め”された沢尻の夫


posted by ぴかまま at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。