瑛太さん(素直になれなくて)役柄を突き詰めたい:ぴかまま☆つれづれ日記

2010年05月11日

瑛太さん(素直になれなくて)役柄を突き詰めたい

瑛太さん(素直になれなくて)役柄を突き詰めたい

 演じるナカジは、戦場カメラマンを目指している青年だ。仕事でも恋愛でも、葛藤はつきない。

 そんな役柄への思い入れは深い。「物語が進んでいっても、カメラに対しての愛情は失わないでいてほしい。僕も、演じる上で、もっと写真集を見たりしてカメラの知識を蓄えたい」。ナカジの印象を聞くと、静かに、ゆっくりと、こんな答えが返ってきた。

 登場人物はみな、もがきながら必死に生きているが、本人も同様だ。それぞれの作品で目指す演技に、なかなか到達できない。自分の作品を客観的に見られないのも、自らの存在に対して突き詰め方が足りないからだと感じる。「自分が演じている姿を、僕はまだ理解できていない」

 それでも、演じていて楽しい瞬間は多い。「(上野樹里が演じる)ハルの笑顔が僕を笑顔に持っていくのだと感じた瞬間とか」。本作では、女性に思いを届ける難しさを伝えたいと意気込む。特に、何気ない動きで示す2人の距離感など、セリフ以外の部分で。

 器用なタイプには見えないが中身は熱い。ナカジもきっと、そんな人物になるはずだ。

 (文・小林佑基 写真・三輪洋子)

Q リラックス方法は?

A 1人になって目をつむることです。

Q セリフの覚え方はありますか?

A とにかく気合ですね。

Q 休日の過ごし方は?

A 何かしらで体を動かしていますね。

Q 上野樹里さんとの共演が多いですが?

A 今回は、(彼女が)先生の芝居をしている時が楽しみなので、早く見たいです。(自分の撮影が)オフの時にしか見られないので。

Q 役者になっていなかったら何をしていましたか?

A 俳優です(笑)。

Q 今後やってみたい役はありますか?

A うーん……。次に(話が)来たものを(笑)。

素直になれなくて(フジテレビ系 木曜後10・00)

 駆け出しカメラマンのナカジ(瑛太)は、ツイッターを通じて高校講師・ハル(上野樹里)やドクター(ジェジュン)らと知り合う。彼らが本当の仲間になっていくまでを、北川悦吏子の脚本でみずみずしく描く青春群像劇。

プロフィール えいた

 1982年12月13日、東京都生まれ。ドラマ「ラスト・フレンズ」(フジ系)「ヴォイス」(同)など多作品に出演、映画「ディア・ドクター」「ガマの油」では第52回ブルーリボン賞を受賞するなど、演技に定評がある。

(2010年4月19日 読売新聞)

やっぱり連ドラの出来不出来は脚本家で決まる


★★★

綾瀬はるかがジャージー風ウエディングドレス…日テレ系「ホタルノヒカリ2」
<月の恋人>初回視聴率22.4% 最高24.5% 春スタートドラマ最高 キムタク主演の月9
玉置浩二のちょっといい話
【視聴率リテラシー】無意味な!? 視聴率ランキング
サッカー通”キムタク、カズ落選「ビックリ」
“中継の華”消える…W杯に女子アナ派遣せず
辻希美、エビちゃん夫妻へ夫婦円満の秘訣伝授 「思いやりが大切」
ドラマが珍しくヒットしても素直に喜べない上戸彩


posted by ぴかまま at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。