綾瀬はるかさん(ホタルノヒカリ2)芝居 考えすぎて緊張:ぴかまま☆つれづれ日記

2010年07月05日

綾瀬はるかさん(ホタルノヒカリ2)芝居 考えすぎて緊張

綾瀬はるかさん(ホタルノヒカリ2)芝居 考えすぎて緊張

 写真撮影のさなかも、おどけた顔をしてはクスクス笑う。ふわっとした独特の空気感を漂わせるが、演技では徹底的に役に入り込み、厳しい表情を見せる時も多い。

 3年ぶりに演じる雨宮蛍は一見キャリアウーマンだが、家ではジャージー姿で干物をつまみに缶ビールという、飾りっ気なしの「干物女」。イメージを覆すキャラクターが妙に自然だったが……。

 「全部演技ですよ(笑)。家で好きな格好で好きなものに囲まれてだらっとするのは共感できます。缶ビールを開けるのもいいなって思う」

 コメディー系の連続ドラマに初めて挑んだのが前作。「バカな所もあるけど、悩みながら頑張っている蛍がすごく好き」と、愛着を抱く。

 故郷を離れて9年。女優として一歩一歩着実に力をつけてきた。「10代の頃は大変なだけで何も考えなかったけど、芝居はこうという決まりがないから、今は、考え過ぎて緊張しちゃうことがあります」

 デビュー前に芸能界入りに反対した母親も、「最近は『面白かったよ』って応援してくれています」。蛍同様、飾り気のない心の持ち主である。

 (文・井上晋治 写真・永尾泰史)

Q 最近、感動したことは何ですか?

A ドラマの主題歌を歌う音楽グループ・いきものがかりのライブを聴きに行って、結成後の苦労した頃のことを書いた曲などに感動しました。

Q 休日はどのように過ごしますか?

A 多忙な中の1日だけの休みなら、洗濯してごろごろしたり、ぼーっとしたり。何もしたくない。2連休なら、1日は家賃を支払ったり美容院に行ったり、生活するのにやらなきゃいけないことをやります。

Q 理想の恋愛は?

A 私がパーってしゃべるのを、「ふんふん」とか「あはは」って聞いてくれる男性がいいな。ドラマの高野部長はそんな感じ。話を聞いてくれるだけでストレス解消になります。



ホタルノヒカリ2(日本テレビ系 7月7日から水曜後10・00)

 外ではキャリアウーマン、家ではだらしない“干物女”こと雨宮蛍(綾瀬はるか)の恋物語の続編。海外赴任から帰国した蛍は恋人となった上司の高野(藤木直人)と再会するが、相変わらずの干物ぶりにあきれられる。

プロフィールあやせ・はるか
 1985年3月24日、広島県出身。2000年にホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞受賞。TBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN〜仁〜」や、主演映画「ICHI」「おっぱいバレー」など出演作多数。

(2010年6月28日 読売新聞)

綾瀬はるか、藤木直人ら「ホタルノヒカリ2」の出演者は干物女&干物男だらけ!?


posted by ぴかまま at 05:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。