勘三郎、カゴの中からレッドカーペット:ぴかまま☆つれづれ日記

2007年11月01日

勘三郎、カゴの中からレッドカーペット

勘三郎、カゴの中からレッドカーペット

46年ぶりの主演映画の完成披露試写会に出席した中村勘三郎小泉今日子柄本明]

 歌舞伎俳優・中村勘三郎(52)の46年ぶりの主演映画やじきた道中 てれすこ」(平山秀幸監督、10日公開)の完成披露試写会が31日、東京・恵比寿ガーデンホールで行われた。

 江戸時代を舞台にしたご存じ、弥次さん喜多さんコンビの珍道中。映画にちなみ、出演者はカゴに乗って登場。勘三郎はカゴの中からタキシードで現れ、レッドカーペットを歩いた。

 8年前に平山監督と勘三郎、柄本明(58)が下北沢の飲み屋での雑談から始まり映画化へこぎつけた。勘三郎は「『真夜中の弥次さん喜多さん―』に邪魔されて…」と二男の中村七之助(24)主演映画を引き合いに出し爆笑を誘った。小泉今日子(41)は全身黒のドレスでエレガントに登場。「映画を見て『日本はすごくキレイな国なんだな』と思えた」と話した。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071101-OHT1T00070.htm

(2007年11月1日06時03分 スポーツ報知)
posted by ぴかまま at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。