サエコ、ダル心配で新幹線飛び乗る! :ぴかまま☆つれづれ日記

2007年11月02日

サエコ、ダル心配で新幹線飛び乗る!

サエコ、ダル心配で新幹線飛び乗る!11月2日15時2分配信 産経新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000923-san-ent

球場で応援するサエコ。10月27日、日本シリーズ第1戦、札幌ドーム

 「いてもたってもいられなくなって、新幹線に飛び乗ってしまいました…」−。
 タレントのサエコ(20)は2日、自身の公式ブログで日本シリーズを東京の自宅で観戦中、ダルビッシュ有(21)が中村紀洋(34)の痛烈な打球を身体に受けた場面を見て、思わず新幹線で名古屋に向かっていたことを明かした。
 ブログによると、第一子を懐妊中のサエコは、試合も後半に入った六回、ダルビッシュが第1試合に続いてピッチャー返しの打球を受けた場面を振り返り「日本シリーズ2回目のピッチャー返しに当たった彼をみた瞬間、いてもたってもいられなくなって、新幹線に飛び乗ってしまいました」と告白。
 しかし、「私の心配は的外れ。グローブでよけたみたいですね。笑」と無事を喜び、「だめですねぇ。この先走り性格。笑」と軽く自分ツッコミ。ダルビッシュは北海道へ向かい、サエコは再び新幹線で東京にトンボ帰りしたというが、「時間はちょこっとだったけど、彼に直接お疲れ様が言えてよかったです」と振り返った。
 この日午後に更新されたブログは「全ての球団の選手のみなさん、関係者のみなさん、ファンのみなさん、お疲れ様でした。そして、落合監督、ドラゴンズの選手のみなさん、ファンのみなさん、優勝おめでとうございます」「歴史に残る素晴らしい試合を観ることができて、一野球ファンとして嬉しかったです」と優勝した中日ファンを気遣った書き出し。
 そして、好投しながら敗れたダルビッシュには「彼は今年、本当に頑張ってくれました。私が今こうやって元気でいられるのも、彼の支えのおかげです。ありがとう」と感謝のメッセージを送った。最後は「来年、元気な赤ちゃんを産んで、またみなさんと球場で会えるのを楽しみにしています。今年、私に新たな楽しみをくれた、野球に携わる全ての人に…ありがとう」と野球ファンへの感謝の言葉で締めくくった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000923-san-ent


posted by ぴかまま at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。