山口智子、14年ぶり声優!…:ぴかまま☆つれづれ日記

2007年11月11日

山口智子、14年ぶり声優!…

山口智子、14年ぶり声優!…
映画ライラの冒険」で悪役演じる 女優の山口智子(43)が、映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(08年3月1日公開)の日本語吹き替え版で声優を務めることが8日、発表された。山口の声優は14年ぶりとなり、ニコール・キッドマン(40)演じるコールター夫人を担当する。

 「ライラ―」は全世界で約1400万部を売り上げているシリーズ3部作の冒険ファンタジーが原作。93年公開の「Coo 遠い海から来たクー」以来の声優となる。山口は自身のイメージとは異なる悪役を演じることになったが「真実を指し示す真理計、幸せな未来へと導いてくれる羅針盤があったなら。世界が私たちに降り注いでくれる真実へのキーワードを、私もしっかりと受け止め進んでゆきたい」と作品にひかれ、引き受けた。27日にはロンドンで行われるワールド・プレミアにも出席。キッドマンと初対面を果たす。

 同作では緒形拳(70)が吹き替えに初挑戦することも決定。本編ではオスカー俳優イアン・マッケラン(68)が担当するシロクマの声を担当する。

 これまで声優の仕事を受けることがなかったものの、以前、仕事で訪れたカナダで野生のシロクマに遭遇した経験から「大きく勇ましい、その姿。しかし、まなざしは穏やかで、優しかった。彼らのまなざしが忘れられない」とオファーを快諾。「吹き替えは初めてで自信がない。でも大好きなシロクマの役だから。シロクマ君、どうぞよろしく」と、心底楽しみにしている。

(2007年11月9日06時01分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071109-OHT1T00062.htm

山口智子、自作ブランド「山笑う」披露


posted by ぴかまま at 04:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。