テレビドラマ「ゴンゾウ」:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年09月10日

内野聖陽さん(ゴンゾウ〜伝説の刑事) 人の弱い部分に共感

内野聖陽さん(ゴンゾウ〜伝説の刑事)
人の弱い部分に共感


 初めての刑事ドラマで、心底好きになれる役と出会った。「非の打ち所のないスーパーマンでも、一つぐらい弱い部分を持っていてほしい。もろい部分を持っているというのは、すごく共感できる」

 演じる黒木は、完全無欠のヒーローではない。心に負った傷のせいで、一見、ぐうたらのお調子者になってしまう。男っぽさと繊細さとを併せ持つ、演じがいのある役だ。

 見たことのある刑事ドラマといえば、「太陽にほえろ!」ぐらいだという。撮影が始まる前、本物の刑事から徹底的に話を聞き、下調べした。「今は刑事ものをもっとやってみたい」と思うほどだ。

 記者志望だった学生時代、「世界中で起きている人間のドラマを、良いことも悪いことも全部見てみたい」と思った。根っからの「人間好き」なのだろう。

 収録現場でもそうだ。「すてきな役者さんばっかりで、最大の理解者の岸刑事(菅原大吉)には、俳優名を忘れて『岸さぁん』って甘えたくなったり。好きな人がいっぱいできますね」

 ニカッと笑った顔が、黒木と重なって見えた。

 文・堀内佑二

 写真・中村光一

Q 長い休みができたら何をしたいですか?(東京都・きょんさん)

A アスファルトもなく、ビルもなく、電話もないようなところに行きたいですね。太陽と空と水と緑と、そういう中ではしゃぎたいです。

Q 結婚して変わったことはありますか?(滋賀県・カオルンさん)

A 家庭と仕事は別個なので、切り替えなきゃいけないということを学びました。

Q 役者になっていなかったら、どんな職業に就いていましたか?(群馬県・たえこさん)

A もともと記者になりたかったんです。今でも、異文化、異次元の人たちに会って、話を聞いたりしたいという気持ちはありますね。

ゴンゾウ〜伝説の刑事 テレビ朝日系 水曜後9.00 井の頭署の備品係・黒木(内野聖陽)は、かつて捜査1課のエースだったが、過去の事件で心に傷を抱える。捜査現場に復帰した黒木の活躍で、射殺事件は解決したかに見えたが、真犯人の影が……。10日が最終話。

プロフィール
うちのまさあき
 1968年9月16日、神奈川県生まれ。早稲田大在学中に、文学座研究所へ入所。96年のNHK「ふたりっ子」で人気を集める。NHK大河ドラマ「風林火山」など、テレビや舞台で活躍。14日のWOWOW「シリウスの道」でも主演。

(2008年9月5日 読売新聞

内野聖陽、ダメ男に挑戦 大河「風林火山」勘助役から一変!


posted by ぴかまま at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ「ゴンゾウ」

2008年07月01日

内野聖陽、ダメ男に挑戦 大河「風林火山」勘助役から一変! 内野聖陽

内野聖陽、ダメ男に挑戦 大河「風林火山」勘助役から一変!2008年6月3日 紙面から

内野聖陽が演じる井の頭署会計課備品係長。以前は、本庁捜査一課のエースだった…


 俳優の内野聖陽(39)が、7月スタートのテレビ朝日系「ゴンゾウ〜伝説の刑事」(水曜午後9時)で、初の刑事役を演じることが2日、分かった。やる気をなくしたダメ男だが、温かく、実は鋭いという異色の刑事に挑戦する。内野は「“だらしなカッコいい”みたいなところを狙いたい」と意欲満々だ。

 ゴンゾウとは、警察用語で能力・経験があるのに働かない人間のこと。もとは江戸時代の職人ことばから来たという説が有力とされる。

 内野が演じる黒木は、警視庁捜査一課のエリート刑事だったが、ある出来事が原因で重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を引き起こし、今は井の頭署会計課備品係の係長として“ゴンゾウ”に成り下がっている。それが、ある事件を機に、再び捜査の第一線へ駆り出されるハメに…という設定だ。

 同局の人気刑事ドラマ「相棒」を手掛けた松本基弘チーフプロデューサーと脚本・古沢良太のコンビが、「相棒」とはまた異なる新しいタイプの刑事ドラマを目指す。

 かつて黒木の下で鍛えられたが、今はドロップアウトした黒木を軽べつしているエリート刑事を筒井道隆(37)、井の頭署の女性刑事を本仮屋ユイカ(20)、黒木の診療を担当し、よき相談相手となる精神科医を大塚寧々(39)が演じる。

 松本チーフプロデューサーは「人間を描くホンモノかつオトナのドラマで、テレビにお客さんを呼び戻したい」と企画の意図を説明。内野については「シリアスな役が多いが、普段の彼は熱く明るくパワフル。彼なら人間の持つ幅の広さと、底の深さを演じられると判断した」としている。

 内野は警察署の見学のほか、現役刑事、元刑事らからも話を聞き、役作りに取り組んだ。「今まで刑事ドラマというものをあまり見ていない」と笑う内野だが、「かなりだらしな〜い、ダメ〜な男というのが今回の芝居どころ。新しい魅力が出せれば…と思って日夜思案中」と話している。

内野聖陽

7月2日水曜午後9時スタート

テレビ朝日系「ゴンゾウ〜伝説の刑事」(水曜午後9時)

かつて捜査一課のエースとして活躍していた黒木(内野聖陽)は、ある事件をきっかけに心に深い傷を。今では現場を退き、警視庁井の頭署の備品係に…。が、本人は備品係こそ天職と大満足。「できるのに仕事をしない」まさに“ゴンゾウ”だ。

ゴンゾウのスタート日当日の7月2日(水)の朝と昼の番組に内野聖陽さんが生出演
ゴンゾウへの意気込みを含め熱く語る!

●やじうまプラス
放送日:7/2(水)あさ4:25〜8:00
ゲスト:内野聖陽ほか
URL:最後の20分くらいに出演予定です。

●ワイド!スクランブル
放送日:7/2(水)ひる11:25〜13:05
ゲスト:最後の5〜10分くらいに出演予定です。

テレビ朝日ゴンゾウ
posted by ぴかまま at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ「ゴンゾウ」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。