テレビドラマ「ヤスコとケンジ」:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年08月23日

広末涼子 ヤンキー役の演技にキレがない理由

広末涼子 ヤンキー役の演技にキレがない理由

 現在、放映中の連続ドラマ「ヤスコとケンジ」(日本テレビ)に出演中の広末涼子(27)。

ヤンキー役の演技に冴えがないといわれている。生活疲れで激ヤセしているのも、その一因とか。

 「元暴走族の総長、『TOKIO』の松岡昌宏を主軸に、溺愛する妹の女子高生との絆と、元レディーズ総長、広末との恋が描かれているんですが、いまひとつ数字が上がりませんね」(芸能リポーター)
 大した理由もなく不良連中に拉致された妹が危機に直面すると、どこからともなく、バイクの音とともに特攻服の松岡が登場し、無事に妹を救出。
 「その直後に、サラシを巻いて特攻服で決めた広末も駆けつけるのですが、どんなにスゴんで見ても全然、ヤンキーに見えないんです。広末は、なんとかヤンキー特有の“迫力”を出せないものか、いろいろと工夫しているのですが、すべて空回りしています。顔の肉を落としてシャープに見せようと思っても“生活やつれ”にしか見えないのが悲しいですね」(芸能ライター)
 今年3月、常に離婚のウワサが絶えなかったデザイナーの岡沢高宏氏との4年3カ月に及ぶ結婚生活にピリオドを打った広末。
 「現在は、都内のマンションで4歳になる息子とふたり暮らし。仕事が忙しい時は、妹や叔母が育児を手伝っているし、母親も郷里の高知からよく上京しているようです。また、時間があれば、広末がマイカーで息子を託児所に連れて行っています」(同)
 結婚前の一時期、広末には奇行が目立ち、“プッツン女優”と呼ばれたこともあった。岡沢氏と“できちゃった婚”してからは、精神的にも落ち着いたと誰もが思っていた。
 「しかし、岡沢氏の仕事がうまくいかず、ずっと気苦労が絶えなかったんです。そのせいなのか、3月に岡沢氏の親しい友人が巻き込まれる事件があった時には情緒不安定になって、子育てに悩んでいたこともあったようです」(前出・芸能リポーター)
 その気苦労が、現在の体型に現れているとの声も多いのだ。
 「女性は、子供をひとり産んだあとが一番妖艶なはずなのに、広末は、お尻の肉も削げ落ちて色っぽさがない。かなり体重が落ちてしまったようです。もっとも、子供を産んでもスリムな体型を維持していると、むしろ憧れる人もいるようなので、なんとも言えないところですが…」(前出・芸能ライター)
 今週発売の週刊文春に掲載された対談では、カントやライプニッツなどの哲学書を愛読していると明かしている。いずれにせよヤンキー役をやるには品が良すぎるということか。



2008年08月09日

広末涼子、ふるさと高知市に寄付の申し出

広末涼子、ふるさと高知市に寄付の申し出8月9日8時1分配信 サンケイスポーツ

 女優、広末涼子)(28)が8日、出身地の高知市に、ふるさと納税制度に基づく寄付の申し出を行ったと同市が発表した。金額は「本人の意向」として明らかにしていない。市側が家族を通じて打診し、広末が「中心市街地の活性化や、よさこい祭りの振興に役立ててほしい」と応じたという。

松岡昌宏さん(ヤスコとケンジ)★「世の中、リズム」

強面で少女マンガ家の兄が、高校生の妹を溺愛!!

松岡昌宏主演・日本テレビ系ドラマ「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜午後9時)

 「ヤスコとケンジ」は、アルコさんが05年4月〜06年11月に「別冊マーガレット」(集英社)で連載したラブコメディーが原作。

妹思いの元暴走族の総長で、今は漫画家という兄(ケンジ=松岡昌宏)を中心に、妹(ヤスコ=多部未華子)への愛情や元レディース総長の女性(エリカ=広末涼子)との恋などを描く。


ヤスコとケンジ第5話「椿君に恋敵!!沖さんは僕が守る」
★★★

ヤスコとケンジ:「ごくせん」の次は「ヤスケン」 松岡昌宏が2年半ぶり連ドラ主演

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」

★★★

女優・広末涼子に“新恋人”の存在が!!

広末がエリカ様役で女優業再開

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見

★★★

多部未華子さん、来春のNHK朝ドラ「つばさ」のヒロインに決定
来年度・連続テレビ小説のヒロインに多部未華子 記念すべき80作目で“二十歳のおかん”に

多部未華子さん(鹿男あをによし)将来の夢 まだ模索中

鹿男あをによし

TOKIO 椎名林檎とコラボでドラマ曲
広末メンチ切ったら「アイーン」になった
松岡昌宏“暴走”広末涼子をマジで心配


タグ:広末涼子

2008年07月26日

女優・広末涼子に“新恋人”の存在が!!

女優・広末涼子に“新恋人”の存在が!!日刊サイゾー

モデルでファションデザイナーの岡沢高宏と離婚した広末に新恋人が発覚しそうだ。大手芸能プロ幹部が明かす。

「広末の意中の若手俳優とは、永井大だという話ですよ。二人は、都内でお忍びで密会していると聞いていますよ」

 広末と永井とは、昨年ドラマ『ロング・ウェディングロード!』で共演を果している。


「ドラマは、バツイチで長距離トラックの運転手をする広末と、永井演じる医者とが運命的な出会いをする物語でした。番組収録中から、二人は息が合ったようで、その後親しい間柄になったようです」(ドラマ関係者)

 今年に入り離婚後、広末は永井との関係を深めていったようだ。

「当時はまだ永井にも別の彼女がいたと言います。しかし、広末と親しくなるにつれ、永井も彼女と別れ、広末と付き合うことを決意したと言います」(芸能関係者)

 今では、広末はかなり永井に好意を抱いているようで、「永井が大阪で仕事をする時など、彼を追い掛けて広末も永井の出張先まで顔を出すそうですよ」(前同)

 気になるのが今後の二人の関係だが──。

「永井は、かなりのモテ男ですからね。広末の他にも、複数の女性タレントなどからアプローチを受けていると言われていますね。あとは、広末が永井の心をどこまでつなぎ止めておけるかですよ」(芸能プロ関係者)

 早くも広末は、新たな恋を見つけたようだ。

日本テレビ「ヤスコとケンジ」(

2008年07月12日

TOKIO 椎名林檎とコラボでドラマ曲

TOKIO 椎名林檎とコラボでドラマ曲 2008年7月10日(木)23時39分配信 スポニチ

 TOKIOが9月発売の新曲で、歌手の椎名林檎(29)とコラボレーションする。

曲名は「雨傘」。

林檎が作詞、作曲、林檎のバンド「東京事変」が編曲。TOKIOサイドが楽曲提供を依頼して実現。

松岡昌宏(31)が主演する日本テレビの連続ドラマ「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜後9・00)の主題歌になる。

 過剰な妹思いの兄・ケンジの目線で歌われるメッセージソング。

松岡は「椎名さんとのコラボで新たなTOKIOのジャンルが生まれた気がします」とコメント。林檎は「(依頼を聞いて)うれしかったです。非常に愉快なお仕事でした。またこんな機会をいただけたら」としている。

 TOKIOは、中島みゆき(56)から「宙船(そらふね)」「本日、未熟者」、甲斐よしひろ(55)から「ひかりのまち/ラン・フリー」、長渕剛(51)から「青春(SEISYuN)」と、大物ミュージシャンからの楽曲提供が続いている。


広末メンチ切ったら「アイーン」になった 2008年7月2日(水)9時37分配信 日刊スポーツ

ヤスコとケンジ」の制作発表会見に出席した広末涼子は笑顔を見せる

 TOKIO松岡昌宏(31)が1日、主演する日本テレビ系ドラマ「「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜午後9時)の制作発表に出席した。

両親を亡くした元暴走族総長で人気漫画家の兄(松岡)と妹の家族愛に、元レディース総長(広末涼子)との恋を織り交ぜて描く。

松岡は妹役の多部未華子(19)の純真さにぞっこんで「今、命をかけて守りたいと思うのは多部ちゃんです」。実際に多部のような妹や娘がいたら「変な男につかまらないように門限5時です」。

広末と互いにメンチをきるシーンもあるが、松岡は「顔が凝ります」。広末も「自分でも見たことない変な顔。あーんと怖い顔でメンチをきったらアイーンになりました」などと明かした。


松岡昌宏“暴走”広末涼子をマジで心配 2008年7月1日(火)23時54分配信 スポニチ

ヤスコとケンジ」制作発表でフォトセッションに納まる多部未華子広末涼子

 日本テレビのドラマ「「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜後9・00)で主演する松岡昌宏(31)は、打倒五輪の意気込みを聞かれると「五輪は4年に1度のお祭り。自分自身も見てしまうな〜」と苦笑い。「意識しないようにします。当たり障りのない答えですいません」と頭を下げた後「答えにくい質問はやめてください」と笑いを誘った。

 元暴走族総長で現漫画家のケンジを中心に、妹への行き過ぎた愛情や、元レディース総長との恋などを描く物語。松岡は、元レディース総長役の広末涼子(27)がタンカを切るシーンに「こんな顔していいのかと思う。僕が広末さんの事務所の社長ならNG出します」。広末も「会社からは“そこまでしなくていい”と言われました」と明かしていた

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見
松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」
広末がエリカ様役で女優業再開

多部未華子さん(鹿男あをによし)将来の夢 まだ模索中
鹿男あをによし

ヤスコとケンジ
http://www.ntv.co.jp/yasuken/

<ヤスコとケンジ:「ごくせん」の次は「ヤスケン」 松岡昌宏が2年半ぶり連ドラ主演

2008年07月02日

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見7月1日15時25分配信 毎日新聞

テレビドラマヤスコとケンジ」の会見に登場した広末涼子さん

 人気少女マンガが原作のテレビドラマ>「ヤスコとケンジ」(日本テレビ)系の制作発表会見が1日あり、主演のTOKIOの松岡昌宏さん、広末涼子さんら出演者が登場した。


主人公・沖ケンジが元暴走族の総長ということで白の特攻服に身を包んだ松岡さんは「いつもどなっているか、にらんでいる演技なのですごく疲れます」と撮影の苦労話をこぼした。

デザイナーの岡沢高宏さんとの離婚後初の連続ドラマ出演となる広末さんは「たんかやメンチを切ったり、般若(はんにゃ)みたいな顔になったりして、事務所からそこまでやらなくてもいいと言われたぐらい、これまでにない演技をしています」と心機一転をアピールしていた。

 「ヤスコとケンジ」は、アルコさんが05年4月〜06年11月に「別冊マーガレット」(集英社)で連載したラブコメディーが原作。

両親を亡くした暴走族の元総長、沖ケンジ(松岡さん)は、妹ヤスコ(多部未華子)との生活のため、血のにじむ努力で売れっ子少女マンガ家になる。

その後、高校生になったヤスコは、過干渉気味のケンジに嫌気がさし、内心では兄を信頼しながらも兄妹げんかを繰り返す毎日を送っていた。

ある日ヤスコは、転校生の椿純(大倉忠義さん)に一目ぼれ。結婚までヤスコの純潔を守ろうとするケンジとヤスコの兄妹げんかに、ケンジに思いを寄せながら素直になれない純の姉エリカ(広末さん)も加わってドタバタ劇が繰り広げられる。

 イケメン転校生を演じる関ジャニ∞(エイト)の大倉さんが「イケメンというハードルが上がった状態だったので、役作りのために5キロダイエットしました。ジャニーズ事務所の名に恥じないように頑張ります」と意気込みを語ると、松岡さんが「会社はいいだろ」と笑いながら後輩をたしなめる一幕も。

松岡さんが「撮影では多部ちゃんの魅力にみんなメロメロ。多部ちゃんのためなら何でもできます」とラブコールを送ったが、当の多部さんは「私だったらこんなお兄ちゃんはいやですね」とあっさりふられて会場を笑いに包んでいた。

7月12日から毎週土曜日午後9時に放送される。【立山夏行】

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」

広末がエリカ様役で女優業再開

多部未華子さん(鹿男あをによし)将来の夢 まだ模索中

鹿男あをによし

ヤスコとケンジ
http://www.ntv.co.jp/yasuken/

ヤスコとケンジ:「ごくせん」の次は「ヤスケン」 松岡昌宏が2年半ぶり連ドラ主演

松岡昌宏さん主演でドラマ化される「ヤスコとケンジ」(C)アルコ/集英社マーガレットコミックス

 過剰なまでに妹思いの暴走族の元総長の兄と、反発する妹の兄妹愛をコミカルに描き、「ヤスケン」の愛称で親しまれている少女マンガ「ヤスコとケンジ」(集英社)が、人気グループTOKIOの松岡昌宏さん主演でドラマ化されることが30日、分かった。

松岡さんが連続ドラマの主演を務めるのは「夜王」(TBS系)以来2年半ぶり。高視聴率を記録している放送中の「ごくせん」の後番組として、日本テレビ系で7月から毎週土曜日に放送される。

 「ヤスコとケンジ」は、アルコさんが05年4月〜06年11月に「別冊マーガレット」(集英社)で連載したラブコメディーが原作。両親を突然亡くした暴走族の元総長、沖ケンジ(松岡さん)は、妹ヤスコとの生活のため、血のにじむ努力で少女マンガ家の道を選ぶ。それから10年後、高校生になったヤスコは、過干渉気味のケンジに嫌気がさし、内心では兄を信頼しながらも兄妹げんかを繰り広げる毎日を送っていた。ところがヤスコは、転校生の椿純に一目ぼれしてしまう。結婚までヤスコの純潔を守ろうとするケンジとヤスコの兄妹げんかに、ケンジに思いを寄せながら素直になれない純の姉エリカも加わってドタバタ劇が繰り広げられる。松岡さん以外のキャストは今後発表するという。【立山夏行】

2008年5月30日

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」
2008年7月1日(火)15時18分配信 日刊スポーツ

 松岡昌宏(31)が1日、都内で、主演する日本テレビ系ドラマ「ヤスコとケンジ」(12日スタート、土曜午後9時)の制作発表に出席した。

元暴走族の総長で、今は漫画家という兄を中心に、妹への愛情や元レディース総長の女性との恋などを描く。

松岡は妹役の多部未華子(19)がかわいくて仕方ないようで「今、命をかけていいのは、多部ちゃんです。何でも買ってあげたくなる」。将来、多部のような娘ができたり、実際に妹がいたら「門限5時です」などと語った。共演は多部のほか広末涼子大倉忠義ら。

広末がエリカ様役で女優業再開

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。