TBSドラマ「Tommorow」:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年08月23日

竹野内豊さん (Tomorrow)★一人の人間として演じたい

竹野内豊さん (Tomorrow)★一人の人間として演じたい
 
これまでも、日本テレビ系「星の金貨」などで医師役を演じてきた。リアリティーにこだわり、医者らしい立ち居振る舞いや話し方を、常に考えていた。

 今回も、医療監修の医師に細かく指導を仰ぎながらの撮影。だが、患者に余命を宣告するシーンの時、演技への考えが少し変わったという。

 「医師としてではなく、一人の人間として相手とどう向き合うのかが大事なのでは。人と向き合う姿勢には肩書も何も関係ない」

 ロケで使う病院もドラマ同様、膨大な赤字を抱え、医師不足による診療科の閉鎖などの問題に直面している。だからこそ、思う。「リアリティーも大事だけれど、ドラマには夢や理想のフィクションを入れることで、現実に希望を見いだせるものにしたい」

 演技が何なのか、いまだに分かったようで分からないという。どこまで役者を続けるかも考えていない。「人としてどう生きたいのかを大切に、地に足をつけて生きていきたい」。言葉を選びながら実直に話すその表情に、思わず見ほれてしまった。

文・小林佑基

写真・上甲鉄

Q 好きな食べ物は?(京都府、緞子さん)

A すしです。海外に行っていても食べたいです。

Q 体の鍛え方は?(神奈川県、ミッションさん)

A 公園を走ったり、ジムに行ったり。体の力が弱くなると、気持ちも弱くなります。

Q 心に残る海外は?(栃木県、ローズマリーさん)

A すごく刺激的なので、ニューヨークです。

Q ストレス解消法は?(埼玉県、なるみさん)

A 汗をかくことが一番。汗の成分の中にストレスもあるのではと思います。

Q 俳優になっていなかったら?(大阪府、青ちゃんさん)

A デザイン関係の仕事に興味がありました。

Tomorrow(TBS系 日曜後 9.00)
  海沿いの地方都市の市役所職員、森山航平(竹野内豊)は、医療ミスがもとで医者を辞めた過去を持っていた。だが、前向きな看護師・田中愛子(菅野美穂)らと出会い、市民病院の再建を決意する。

プロフィール
たけのうち・ゆたか
 1971年1月2日生まれ。東京都出身。94年、TBS系「ボクの就職」でドラマデビューし、フジテレビ系「ビーチボーイズ」、映画「冷静と情熱のあいだ」など主演多数。高い演技力を評価されている。

(2008年8月15日 読売新聞)

この人物のオモテとウラ 竹野内豊(俳優)
注目番組の視聴率 -
夏の連ドラ、『コード・ブルー』『Tomorrow』など医療系社会派ドラマが人気

竹野内豊6年ぶり主演映画「本当にやってよかった」 
竹野内豊こんな家族理想…主演映画クランクアップ
竹野内6年ぶり映画主演 妻役に水野美紀…08年公開「あの空をおぼえてる」

竹野内豊、初ナレーション 


2008年08月10日

この人物のオモテとウラ 竹野内豊(俳優)

この人物のオモテとウラ 竹野内豊(俳優) 2008年7月14日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 7月ドラマで、竹野内豊(37)がいい位置につけている。

主演する「Tomorrow」(TBS)の初回視聴率が16.8%と好発進した。

「ハッキリ言って夏ドラマは“不作”だらけです。各局とも春ドラマに予算をかけすぎたせいか、原作のマンガをアイドルに演じさせるようなお子チャマ系のものばかりで、大人の視聴に堪えるのは米倉涼子の『モンスターペアレント』と、竹野内の『Tomorrow』ぐらい。ちょうど、春ドラマで木村拓哉が『CHANGE』でコケたこともあり、ここで竹野内が抜きんでれば、一気に“ポスト・キムタク”に駆け上がる可能性があります」(テレビ誌記者)

 いや、実を言えば「演技力」はすでに折り紙付きだ。02年の主演映画「冷静と情熱のあいだ」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しているし、その後も「ヤンキー母校に帰る」や「流転の王妃・最後の皇弟」などで、ギャラクシー賞、橋田賞の個人賞を受賞している。一昨年、チェ・ジウの出演で話題になった「輪舞曲」(TBS)では、“涙の女王”の相手役も果たしている。

 それでも、「数いる二枚目俳優の中のひとり」(関係者)という印象をぬぐいきれないのは、モデル出身だからか。94年に「ボクの就職」でドラマデビューするまではテレビCMやチラシなどのモデルをやっていた。来る仕事はなんでも引き受けていたため、当時は相当稼いでいたようで、後に本格的にファッション専門のモデル事務所に所属したとたん「収入は激減した。所持金60円で缶ジュースが買えないこともあった」(本人談)そうだ。

 そこからさらに俳優に転身。不慣れなためか、当時さまざまな“伝説”を残している。いわく「取材にはぶっきらぼうな口調でしか応じない」「プライベートなことは一切しゃべらないらしい」――。

 後に本人は「当時は心に余裕がなく、周囲が見えなかった」と語っている。


●記者泣かせの“伝説”も今は昔

 ようやく自信らしきものが芽生えたのが前出の「冷静――」だった。ずっと断り続けていた映画主演のオファーを初めて引き受けた。物語はひとつのラブストーリーを男目線と女目線で別々に描いたもの。芥川賞作家・辻仁成と女流作家・江國香織の同名共著が原作で、「大きな仕掛けがない分、役者の演技力が問われる」(関係者)とのプレッシャーを見事にはね返した。

 ちなみに、今は取材にもサービス精神たっぷりで、「かつての“伝説”をうのみにしてインタビューに臨んだ記者を拍子抜けさせた」というエピソードもあるという。「あの役者さん、いいね」と言われるのが現在の夢とか。

 実はキムタクには“因縁”がある。96年、2コ下の木村が主演した「ロングバケーション」(フジ)で、2番手を演じさせられた。「Tomorrow」で一気に抜き去れば、念願の「いい役者」も同時に実現できる。

【2008年7月11日掲載】

夏の連ドラ、『コード・ブルー』『Tomorrow』など医療系社会派ドラマが人気

竹野内豊6年ぶり主演映画「本当にやってよかった」
竹野内豊こんな家族理想…主演映画クランクアップ
竹野内6年ぶり映画主演 妻役に水野美紀…08年公開「あの空をおぼえてる」

2008年07月06日

エド・はるみ「キャスティングーに感謝」・紅顔の美少年?沢木ルカが連ドラ初出演


エド・はるみ「キャスティングーに感謝」 2008年6月30日(月)18時19分配信 日刊スポーツ

 俳優竹野内豊(37)が30日、横浜市内で、菅野美穂(30)エド・はるみ(年齢非公表)らとTBS系ドラマ「Tommorow」(7月6日スタート、日曜午後9時)の制作発表に出席した。

つぶれかけた病院の再建に立ち上がる外科医と看護師の姿を描く。

竹野内は「現実の医療現場をどう考えるかは一言では答えを出せないが、フィクションを織り交ぜ、笑いを盛り込み、明るく明日に向かっていける作品にしたい」。

菅野は「エドさんに親指を立ててもらいたい」。

エドは「キャスティングーに感謝します」と語った。


紅顔の美少年?沢木ルカが連ドラ初出演 2008年6月25日(水)22時58分配信 スポニチ

TBSTommorow」で連ドラ初レギュラーを果たし、台本を手にする男の子のような女優・沢木ルカ

 俳優の竹野内豊(37)が主演するTBSドラマ>「Tommorow」(7月6日スタート、日曜後9・00)で、男の子のような注目の新人女優・沢木ルカ(10)が連続ドラマ初レギュラーを果たす。ドラマは地方医療の再建がテーマで、患者役で出演。「痛い顔や苦しい顔などを研究して演じたい」と意気込んでいる。

 ショートカットでシャープな小顔。顔合わせでは、竹野内やヒロイン役の菅野美穂(30)が男の子と見間違えるほど。昨年はフジテレビ「花いくさ」などに出演し、今春に兵庫県から上京。転校先の小学校では「男か女か分からない子が来た」と教室をのぞく生徒もいたとか。伊與田英徳プロデューサーは「起用理由は目の強さ。ボーイッシュな中にドキッとする色気もある」と話している。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。