テレビドラマ「あんどーなつ」:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年08月25日

TBS系連続ドラマ「あんどーなつ」に主演 貫地谷(かんじや)しほり

TBS系連続ドラマ「あんどーなつ」に主演 貫地谷(かんじや)しほり

目指す女優像できた

 印象的な、パッチリとした大きな目。きりりとしたまゆには意志の強さが表れ、1メートル56の小さな体は充実感にみなぎっている。

 「あんどーなつ」(月曜後8・00)は、洋菓子職人をめざしていた安藤奈津(貫地谷しほり)が、東京・浅草の老舗和菓子屋で働きながら、和菓子の世界にひかれていく物語。誰かが悩んでいれば、皆で助けようとするこのドラマのように、自身も人のつながりが残る下町育ちだ。

 「私も、現場では周りに勇気づけられながらやっている。視聴者に『人とかかわるっていいな』と思ってもらえたら」と目を輝かせる。特に、親身に相談にのってもらった、和菓子屋のおかみ役・風吹ジュンに対しては「ああいう女性になって、優しいお母さんを演じられる女優になりたいと、明確な将来展望を持ちました」と言う。

 NHK連続テレビ小説ちりとてちん」(2007年10月〜08年3月)、テレビ朝日系「キミ犯人じゃないよね?」(08年4月〜6月)と、連続ドラマの主演が続く。人気と実力を兼ね備えている証拠だが、あまり意識はしていない。今年のエランドール賞新人賞も受賞し、女優としてのキャリアを着実に積み上げている。

 だが、女優へのあこがれが元々あったわけではない。中学2年の時、学校帰りに東京・新宿駅でスカウトされたが、当時は将来の夢もなかった。テレビはあまり見ず、映画もアニメを見る程度だったという。その分、深く考えずに一歩を踏み出すことができた。

 「もしスカウトが20歳のころだったら、いろいろ考えてしまって前へ進めなかった。運命だったんだなと思います」と振り返る。

 しかし、オーディションになかなか受からず、一時は仕事を辞めようと思っていた。転機は04年、映画「SURVIVE STYLE 5+」(サバイブ・スタイル・ファイブプラス)への出演。その後、映画「探偵事務所5」やフジテレビ系連続ドラマ「大奥〜華の乱」などに次々出演した。

 第一線で活躍する俳優に接し、刺激あふれるこの世界でもっと仕事がしたいと思ったという。「皆さん本当に輝いていて、私はそれに吸い寄せられているよう」。06年秋には仕事を優先するため、大学を中退した。



 収録の最中はいつも必死で、演技が面白いと思ったことはあまりない。だが、できあがった作品を見ると、やって良かったと思える瞬間が訪れる。習字やピアノなど、昔は何をやっても長続きしなかったというが、今はもう違う。

 「演技は、私が続けたいと思う唯一のこと」。きっぱりとした表情で、そう言い切った。(小林佑基)

(2008年8月11日 読売新聞)

TBS『あんどーなつ』はNHK朝ドラの露骨なパクリ!?

TBS『あんどーなつ』第8回「しょっぱい帰郷」


2008年08月10日

TBS『あんどーなつ』はNHK朝ドラの露骨なパクリ!?

TBS『あんどーなつ』はNHK朝ドラの露骨なパクリ!?

「明るいナショナル」のオープニングでおなじみ、1956年から50年以上ずっと続いたTBS系月曜8時の「ナショナル劇場」枠。

松下電器産業のパナソニックへの社名変更にともないナショナルブランドが消滅、それによって、この枠最後のドラマとなるのが、現在放送中の『TBS系ドラマ「あんどーなつ』だ。

 一人前の和菓子職人を目指す若い女性を主役にしたドラマだが、そこに「ねらいすぎ?」との声があがっている。

 まずキャスト。主演がNHK連続テレビ小説の前作『ちりとてちん』の主役、貫地谷しほり

その師匠役の職人に、『芋たこなんきん』の相手役、國村隼。さらにおかみさんには『ほんまもん』から風吹ジュンと、メインキャストに近年のNHK朝ドラメインどころ(しかも近年評判がいい、大阪制作系)が顔を並べている。林家正蔵のレギュラー出演や、春風亭小朝のナレーションなど、落語臭もただよわせているところも、『ちりとて』クサい。

 そして、舞台は現在の朝ドラ『』に近い、下町・浅草ときた。朝ドラファンにとってはなじみの深い出演者に下町モノ、そして職人モノ……。ヒップホップに里親制度、そして下町人情を盛り合わせにしてみたら、出来上がったのが「見た事もない創作料理」のようだった現在放映中の朝ドラ『』よりも、『あんどーなつ』のほうが、よっぽど朝ドラらしいという声も多い。あるテレビ誌関係者は言う。

「第1話のラストシーンが、『私を、親方の弟子にしてください』と、貫地谷が頭を下げる場面で、『ちりとてちん』で、貫地谷が入門をお願いしたシーンそっくり。デジャブ? と思いつつ、このあと『お断りします』とか続いたらどうしようかと、ハラハラしました。キャスティングからしても、遊び心のファンサービスというか、パロディといった感じもしますね」

 TBS、確信犯なのか? と思ってしまうが、ここまで狙ってくる理由は何かあるのだろうか。別のテレビ局関係者が語る。

「このドラマのプロデューサーは、最近では『鉄板少女アカネ』とか『弁護士のくず』とか、マンガ原作ドラマを多く手がけているんですが、『アカネ』では日曜劇場枠はじまって以来の平均ヒトケタで、これまで『外れなし』と言われた堀北真希で大コケした。『くず』は数字はよかったのですが、法律の解釈を間違えたりしてケチがついたりしてました。そんなことも重なっているうえに、『伝統のナショナル劇場最後の作品』という事情もあります。とにかく手堅く、外れがないような作りを心がけたからなのかもしれません」

 「世の為人の為、老若男女問わない番組を」という、ナショナル創業者・松下幸之助の方針で始まったナショナル劇場だが、この枠の顔である「水戸黄門」のイメージがあまりに強く、老若男女というよりは、“高齢者枠”の香りが強い。加えて裏にも『世界まる見え』(日本テレビ)や『HEY! HEY! HEY!』(フジテレビ)など安定した人気の番組が多く、数字が割れやすいうえに、肝心の中高年層の一部も、近年はNHK『鶴瓶の家族に乾杯』に流れていたりもする。

 8月7日までに5話放送しているが、視聴率は3話目で7.6%と落ち込んで以降、ヒトケタで横這い状態。手堅くいった割には苦戦という状況になってしまった。

 伝統枠の有終の美、飾れるであろうか。

(太田サトル/サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

ちりとてちん 完全版 DVD-BOX III 落語の魂 百まで
本家(?)『ちりとてちん』はBOX-IIIにて、ついに完結です。

貫地谷しほり、五輪女子バレー全部見たい!
貫地谷しほり福井に「不思議な縁感じる」

風吹も絶賛!貫地谷“お色気チラリズム”
貫地谷「黄門帯」で39年ぶり女性の主役

貫地谷 連ドラ3連投で“純粋”女の子役

あおいに続け…貫地谷しほり“ジンクス”破れるか

NHK朝の連続テレビ小説・貫地谷しほり 「ちりとてん」

最低平均視聴率なのにDVDが大売れ!「ちりとてちん」貫地谷しほりがメッセージ!

金曜ナイトドラマ「君は犯人じゃないよね」貫地谷しほり &要潤

貫地谷しほり、五輪女子バレー全部見たい!

貫地谷しほり福井に「不思議な縁感じる」 2008年8月8日(金)20時6分配信 日刊スポーツ

 女優の貫地谷しほり(22)が8日、都内の福井県アンテナショップで、主演中のTBS系ドラマ「あんどーなつ」の原作漫画家西ゆうじ氏とトークショーを行った。

今春までの朝の連続テレビ小説ちりとてちん」に続き、TBS系ドラマ「あんどーなつ」でも福井ロケを体験。

「不思議な縁を感じてます。地元の人が、気さくに声をかけてくれるのでうれしかったです」と笑顔だった。また、北京五輪では、中学時代に部活動をしていたバレーボールに注目だという。

★★★

貫地谷しほり、五輪女子バレー全部見たい! 2008年8月9日(土)5時55分配信 サンケイスポーツ

 女優、貫地谷しほり(22)が8日、都内で行われたTBS系主演ドラマ「あんどーなつ」のトークイベントに登場。中学時代はバレーボール部に所属。

開幕した北京五輪について「女子バレーが好き。ハイライトだけでなく、全部見たい」と声を弾ませた。

2008年07月07日

風吹も絶賛!貫地谷“お色気チラリズム”

風吹も絶賛!貫地谷“お色気チラリズム”
2008年7月2日(水)0時2分配信 スポニチ

TBSあんどーなつ」の制作発表に出席したなぎら健壱、細田よしひこ、柴田理恵
風吹ジュン、貫地谷しほり國村準、尾美としのり
-
 TBSドラマ「あんどーなつ」「あんどーなつ」(7日スタート、月曜後8・00)主演の貫地谷しほり(22)は「(五輪中継と重なることは)あまり意識してません。いいドラマと思ってもらえるよう努力するだけです」と抱負。アピールポイントを聞かれると「(共演する)細田よしひこ=20=くんのイケメンです」と答えて笑いを誘った。

 パティシエを志していた主人公「安藤奈津」が一転して、浅草の老舗和菓子店で職人を目指す物語。貫地谷は「手にあんこをつけて奮闘してます」。NHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」、テレビ朝日「キミ犯人じゃないよね?」に続く主演“3連投”という活躍で、風吹ジュン(56)からも「さわやかな演技の一方で、ふとした瞬間に大人の色気を見せる」と絶賛されていた

★★★

貫地谷「黄門帯」で39年ぶり女性の主役
2008年7月1日(火)20時16分配信 日刊スポーツ

 TBS系連続ドラマあんどーなつ」(月曜午後8時)の制作発表が1日、都内で行われた。

女優貫地谷しほり(22)は、時代劇「水戸黄門」が主力の同時間帯(ナショナル劇場)では、69年「こんにちは!そよ風さん」の酒井和歌子以来、39年ぶりに女優として主役を務める。ダブル主演は国村隼(52)。

 貫地谷は「福井出身の女の子ということで、縁を感じています。

舞台となる浅草の下町パワーをもらって頑張ります」とあいさつした。

3月に終了したNHK連続テレビ小説ちりとてちん」でも、福井県小浜市出身のヒロインを演じていた。


貫地谷 連ドラ3連投で“純粋”女の子役

あおいに続け…貫地谷しほり“ジンクス”破れるか

NHK朝の連続テレビ小説貫地谷しほり 「ちりとてん」

最低平均視聴率なのにDVDが大売れ!「ちりとてちん」貫地谷しほりがメッセージ!


金曜ナイトドラマ「君は犯人じゃないよね」貫地谷しほり &要潤

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。