フジテレビ『風のガーデン』:ぴかまま☆つれづれ日記

2008年10月30日

この人物のオモテとウラ “マジメ人間”俳優・中井貴一

この人物のオモテとウラ “マジメ人間”俳優・中井貴一 2008年10月25日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ
-
中井貴一

 主演のこの人が一番驚いているのではないか。

先々週からスタートした「風のガーデン」(フジテレビ)が、ドラマ不調の最近では珍しい20%の大台を超えて好発進した。

共演者・緒形拳の急逝や、脚本を担当する倉本聰の「連ドラ批判発言」などで注目度は高かったが、決して“話題性”だけの数字ではない。

その証拠に、日刊ゲンダイ本紙連載「TV見たまま思ったまま」の吉川潮氏をはじめ、名だたる批評家たちがこぞって中井の演技を手放しの褒めようだから、本人にしてみれば「してやったり」の心境だろう。

 往年の二枚目・佐田啓二の長男であることは今さら言うまでもない。言わば「2世俳優」。しかし、本人はそう言われることを極端に嫌っている。浮ついたイメージを払拭したい反動からか、人一倍「芝居」を真剣に考えている。

「楽に生きるなら『バラエティー』にも出るけど、ボクは“武士は食わねど”が仕事選びの基準」「楽をして稼ごうとする人は俳優なんかやらない方がいい」「俳優はいつも背水の陣。だって体が駄目になったらそこから収入はゼロですから」など、過去の各紙へのコメントからもその姿勢は見て取れる。

 なるほど、父親が交通事故で亡くなったのは中井が2歳の時。父親の顔も覚えていない。周囲が想像するほど生活が楽チンではなかったのかも知れない。


●なるか、もうひとつの代表作

 結婚をめぐるこんなエピソードからも中井の“生活ぶり”が垣間見える。39歳の誕生日に現夫人・麻友子さんと結婚したが、デート時の食事場所は決まって「吉野家の牛丼」か駅前の「立ち食いそば」。庶民的な店でも「おいしいね」とほほ笑んでくれる麻友子さんの笑顔を見て、「この人なら(俳優の妻として)やっていける」と確信したそうだ。

「律義」「まじめ」「正統派」も、この人の代名詞。これは亡き父の親友・小林桂樹の影響を受けている。毒舌家の小林はこんな逆説的な表現で、当時大学生だった中井に芸能界入りを勧めたという。

「これからはアウトローが評価される時代だ。軍服が似合うおまえのような正統派は評価されにくく、苦労する。でも、そういう俳優がいなければ、この世界はダメになる」

 この言葉で「よし、俳優になろうと決意した」と中井自身が数年前の日刊ゲンダイ本紙のインタビューに語っていた。

風のガーデン」で中井が演じるのは末期がんにかかった孤独な中年医師・白鳥。過去の女性問題から妻が自殺し、家族とも絶縁状態という日々を送っている。「正統派」を標榜(ひょうぼう)する中井にとっては、「待ってました」の役どころだ。

 このドラマで予想外の好評を得れば、大河ドラマ「武田信玄」、映画「壬生義士伝」に続いて代表作がもうひとつ増えることになる。

(日刊ゲンダイ2008年10月22日掲載)

緒形さん遺作「風のガーデン」初回20・1%

倉本聰はイライラしている視聴者の声に応えることができるのか

中井貴一さん(風のガーデン)芝居の正解探しに没頭


posted by ぴかまま at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ『風のガーデン』

2008年10月10日

大物脚本家に口説かれて女優デビューする平原綾香

大物脚本家に口説かれて女優デビューする平原綾香 2008年10月7日(火)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 来週から続々とスタートする10月ドラマ。今クールはミュージシャンの本格進出が目立っている。

 月9ドラマ「イノセント・ラヴ」(フジテレビ)にはゆずの北川悠仁、「流星の絆」(TBS)には中島美嘉が出演する。

そんな中、もうひとり張り切っている歌手がいる。倉本聰脚本の「風のガーデン」(フジ)で女優デビューを果たす平原綾香(24)である。

「(倉本)先生から直接ケータイに電話がかかってきて、“やってみないか”と声をかけていただいたのですが、本当に自信がなくて最初はお断りしたんです。その後、また電話がかかってきて、今度は神楽坂のおいしい料理を食べながら口説かれまして、自分にできるならやってみようと決意しました」

 女優デビューの経緯をこう話した平原は、同ドラマの主題歌も担当。クランクアップ会見では出演者やマスコミの前で生歌も披露し、すっかり“主役”だった。

 平原は03年に「Jupiter」で歌手デビュー。以後、シングル17枚、アルバム5枚をリリースしているが、大ヒットといえるのは100万枚を突破したデビュー作しかない。

 そんな平原が、倉本をはじめ、中井貴一緒形拳ら“大物”たちの後ろ盾を得て、女優に挑戦する。彼女にとって、大きな転機になりそうだ。

(日刊ゲンダイ2008年10月4日掲載)

倉本聰はイライラしている視聴者の声に応えることができるのか

《訃報》・緒形拳・『風のガーデン』
posted by ぴかまま at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ『風のガーデン』

2008年10月07日

緒形拳さんが急死…先月末には元気な姿も

緒形拳さんが急死…先月末には元気な姿も 2008年10月6日(月)23時42分配信 スポニチ

07年10月、一人舞台「白野」を演じた早稲田大学大隈講堂の客席に立ち、感触を確かめる緒形拳さん


 突然の悲報だった。6日夜、東京・新宿区内の斎場で親族だけで通夜がしめやかに営まれた。

緒形さんの姉が横浜の自宅に戻ったところでスポニチ本紙の取材に応じ「きのう(5日)亡くなりました。葬儀が終わった後に正式に発表させていただきます」と答えた。

 10月9日スタートのフジの連続ドラマ「風のガーデン」が遺作となってしまった。

先月30日に都内で行われた会見にも元気な姿を見せ、主演の中井貴一(47)を絶賛。「代表作になるよ」と太鼓判を押していた。食べ物を中心に毎日のように更新するブログでも同日「是非是非ご覧下さい」とアピールしたが、これが最後の更新となった。

 緒形さんは58年に新国劇に入団。付き人となった辰巳柳太郎さんのもとで修業を積み、めきめきと頭角を現した。創設者の沢田正二郎が唱えた「半歩前進主義」を指標にし、「極付・国定忠治」や「関の弥太っぺ」「大菩薩峠」などの舞台で活躍。65年にNHK大河ドラマ「太閤記」の秀吉役で注目を集め、テレビ朝日系「必殺仕掛人」の藤枝梅安役も人気を呼んだ。その後はスクリーンでも実力を発揮。「鬼畜」「楢山節考」「復讐するは我にあり」といった作品で、国内外にその名演ぶりをとどろかせた。

 一時はポール・シュレーダー監督作「MISHIMA」など外国映画への出演も増えたが、97年に亡くなった勝新太郎さんが「道草しちゃだめだよ」と忠告し、その後、軸足を日本映画に戻したのは有名な話だ。

 書家としても知られた才人だった。91年には初個展を開催し、「臍下丹田(せいかたんでん)」という本も出版して話題を呼んだ。タイトルについて「臍(へそ)の下、下っ腹を指す言葉で、命だな。人間の命みたいなものだ」と本紙の取材に強調したこともあった。

 仕事に入ると、妥協は許さなかったが、サービス精神旺盛な一面もあった。旧ソ連で撮影が行われた「おろしや国酔夢譚」では、イルクーツクの日本人墓地を自らガイド役になって取材陣を案内する一幕もあった。

 2人の息子、幹太(41)と年子の直人(41)はともに父の後を追って俳優の道に進んだが、関係者によれば、子供というよりもライバルとして見ていたという。それほど仕事に関してはプロ意識に徹した人だった。

俳優の緒形拳さん死去、71歳
posted by ぴかまま at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ『風のガーデン』

倉本聰はイライラしている視聴者の声に応えることができるのか

俳優の緒形拳さん死去、71歳


倉本聰はイライラしている視聴者の声に応えることができるのか 2008年10月5日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●今のドラマがダメというならお手本を見せてほしい

 見たいドラマがない――。こんな意見に多くが納得しているのを承知の上で、“御大”倉本聰(73)は発言しているのだと思う。

今月9日からドラマ「風のガーデン」(フジテレビ)をスタートさせる倉本が前回の北海道・富良野での会見に続き、先月30日のクランクアップ会見で再びドラマ批判を展開した。

 倉本はあまりにも視聴率主義で内容を考えていないドラマ作りに反発して前回「連ドラはこれで最後」と言い、今回はこう言い放った。

「いい大人のドラマができたと思います。これがどのくらい視聴率を取るかということが問題になりますが、こういう大人のドラマを見る人がまだいるんだということを示せれば、少しは日本のテレビ界も変わるだろうと思う」

 放送評論家の松尾羊一氏もこう言う。

「10年以上、連ドラはすべて見ていますが、大人が見られるような質の良い作品がほとんどない。子供を相手にしたマンガチックで荒唐無稽(こうとうむけい)な企画ばかり。キャスティングも人気アイドルやバラエティータレントを並べておけばいいだろうといった安易なものが多く、テレビ局の怠慢を感じます」

 倉本が書き下ろした「風の――」は富良野を舞台に、末期がんに侵された麻酔医が絶縁していた家族のもとへ戻り、生きること、死ぬことを描く物語。主人公を中井貴一、父を緒形拳、子供を黒木メイサ、神木隆之介が演じる。他にも奥田瑛二、伊藤蘭といった芸達者が揃っているだけに、倉本も自信があるのだろう。

 しかし、同じく倉本が書いた05年の「優しい時間」(フジ)は平均14.8%、07年の「拝啓、父上様」(フジ)は平均13.2%と振るわなかった。

 今回は「視聴率25%超えを目指す」とブチ上げたが、内容も数字も文句ナシのドラマを果たして作れたのか。

「しっかりした脚本とキャストで高視聴率を期待したいところですが、種も肥料もあげていない状況で花が開くかどうか……。倉本さんは負け戦覚悟で挑んでいる気もしますね」(前出の松尾氏)

 倉本の“お手本”が楽しみだ。

(日刊ゲンダイ2008年10月2日掲載)

posted by ぴかまま at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ『風のガーデン』

2008年10月02日

中井貴一さん(風のガーデン)芝居の正解探しに没頭

フジ倉本ドラマ視聴率25%超え欧州旅行だ


命への期限を知った男が家族への思いを馳せる

10/9(木)フジテレビ系午後10時『風のガーデン

脚本家・倉本聡が3年ぶりに富良野を舞台に描く 「北の国から」「優しい時間」に続く富良野3部作の最終章。

中井貴一さん(風のガーデン)芝居の正解探しに没頭
 「スケベな医者は、お前しかいない」

 脚本の倉本聰から、出演依頼を電話でじかに受けた時の口説き文句だ。「前に倉本先生のドラマに出た時も、詐欺師の役でした。そんな風に思われているのは、正しい見方です」と苦笑いする。

 今回の役は、末期がんに侵された麻酔科医。ヒタヒタと死が忍び寄る中で、古里の北海道・富良野と家族に安らぎを求めていく。「作品のテーマは死と家族に正面から向き合うこと。それを、明るく演じてみたいと思っています」

 そのために、役作りに没頭した。病院の手術現場に何度も立ち会って出産の瞬間を見たり、経験のないチェロの特訓をしたり、6キロ以上もダイエットをしたり。「役者の下ごしらえです。芝居は正解がたくさんある。でも、その中からどれを選ぶかが本当に難しい。ベストに近いベターを探す作業は楽しくもあり、苦しくもある」と打ち明ける。

 花盛りのガーデンで見せてくれた、涼しげな笑み。役作りを通して、人間の生と死について深く考えた末に生まれた表情に見えた。

文・森重達裕

写真・伊藤紘二

 Q 温厚そうですが、どんなことに激怒しますか?(神奈川県・こまちさん)

 A いや、僕はものすごく短気ですよ。友達から「お前ぐらい短気なヤツはいない」と言われます。夫婦げんかもしょっちゅう。けんかの内容? 秘密です。

 Q 人間観察が趣味だと聞きましたが?(神奈川県・ミッションさん)

 A はい。学生時代は学校の先生の物まねが得意でした。俳優になる前から、好きでしたね。

 Q 健康を保つため、努力されていることは?(大阪府・ミセスチャーミングさん)

 A がん患者の役なので、今は健康を保たないための努力をしています。筋トレは一切せず、食べないという、最も体に悪いダイエットをしてます。

風のガーデン』(10月9日から フジテレビ系 木曜後10.00)

 倉本聰脚本。

度重なる浮気が原因で妻に自殺され、父親の貞三(緒形拳)から勘当された麻酔科医、白鳥貞美(中井貴一)。末期がんを患い、死を意識する中で、父と子供たちが暮らす古里の富良野に戻ろうと決意する。


プロフィール
なかい・きいち
 1961年9月18日、東京生まれ。大学在学中の81年、映画「連合艦隊」でデビュー。20年以上、数多くの映画、ドラマ、舞台で主演をこなした。最新主演映画は、マキノ雅彦監督の「次郎長三国志」。

(2008年9月19日 読売新聞)
posted by ぴかまま at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ『風のガーデン』

フジ倉本ドラマ視聴率25%超え欧州旅行だ

フジ倉本ドラマ視聴率25%超え欧州旅行だ 2008年9月30日(火)18時35分配信 日刊スポーツ
-
 倉本聡氏(73)が、3年ぶりに書き下ろしたフジテレビ系の連続ドラマ「風のガーデン」(9日スタート、木曜午後10時)の制作発表が、都内で行われた。

末期がんに冒された主人公の麻酔医を中井貴一が、その父を緒形拳(71)、子供を黒木メイサ(20)神木隆之介(15)が演じる。

350種の花が咲き乱れる北海道富良野のブリティッシュガーデンを舞台に描く。

 倉本氏は「久しぶりに気持ちのいい仕事ができた。こういう大人のドラマが視聴率を取れば、テレビ界も変わる」。

役作りのため9キロ減量した中井は「緒形さんとのシーンはリハーサルなしで、ぶっつけ本番もあった。ある意味、倉本さんとの勝負。100点満点の脚本を200点で返すつもりで演じた」。

中村敏夫統括プロデューサー(70)は「視聴率が25%を超えたら、みんなをヨーロッパ旅行に連れて行きます」と話していた

★★★

中井貴一 ドラマ「風のガーデン」制作発表に出席 2008年10月1日(水)15時0分配信 内外タイムス

中井貴一 ドラマ「風のガーデン」制作発表に出席

 フジテレビ開局50周年記念ドラマ「風のガーデン」(10月9日スタート、木曜午後10時)の制作発表が30日、都内で行われた。

 「北の国から」「優しい時間」に続く脚本家・倉本聰氏(73)の富良野3部作の最終章。

主演の中井貴一(47)は「100点の台本を200点にする」という意気込みで、約6カ月の撮影で9キロ減量して末期がんの麻酔科医を演じたという。

「大人が楽しめるドラマ」と自信をみせる中井に、共演の緒形拳(71)も「中井貴一の代表作になる」と太鼓判を押した。

 ほかに、黒木メイサ(20)、神木隆之介(15)が出演。


中居貴一 キャベツばかりかじって減量 2008年9月30日(火)22時26分配信 スポニチ

フジテレビ開局50周年記念ドラマ「風のガーデン」に出演する緒形拳、中井貴一、黒木メイサ、神木隆之介、平原綾香、奥田瑛二、伊藤蘭


 フジテレビ開局50周年記念ドラマ「風のガーデン」(9日スタート、木曜後10・00)のクランクアップ会見が9月30日、都内で行われた。

主演の中井貴一(47)演じる医師が死を目前にして絶縁していた家族のもとへ戻る物語。

中井は「6カ月でキャベツ50個を食べた」と野菜中心の食事で9キロやせて役づくり。

脚本の倉本聰氏(73)は「俳優、スタッフに恵まれ、久しぶりにいい仕事ができた」と笑顔を見せた
posted by ぴかまま at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ『風のガーデン』

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。